SSブログ
前の30件 | -

async [ディスク・レビュー]

今日はブルーノート東京ライブ・ストリーミングだけではなくひさしぶりに坂本龍一教授の作品を聴いてみようと思いました。


学生のときは、YMOの大ファンでしたから。3人編成、トリオが大好きでしたので。その後、戦場のメリークリスマスとかその都度耳にしてきましたが、ちょっと自分が離れてしまっていたこともあり、ひさしぶりに坂本教授の作品を聴きます。


4年前の2017年に大変話題になったasyncを聴いてみようと思いました。


327[1].jpg


async
坂本龍一



坂本龍一async.jpg



 8年ぶりのソロ・リリース。そしてその当時、癌発見ということで、非常に人生の節目になった大きな作品だったと推測します。盟友オノ・セイゲン氏とともに京都で録ったのではないでしょうか?


つい先日のニュースでも癌の転移を知り驚きました。いろいろな覚悟をされていると慮りますが、これからも停まることなく、更なるアーティストとしての邁進を期待して祈っております。


asyncを拝聴しましたが、これは抽象美というか、非常に哲学的な作品ですね。坂本教授の美意識の世界観をそのまま音として表現したものではないか、と思います。なんか自分には、現代アート、現代美術のあの抽象的な世界観を感じますね。


素晴らしいです。


自分が坂本教授に抱いている印象は、非常にアート的で繊細な美意識を持っていて、それはいままでリリースされているアルバムでもよくわかりますね。


あと、ミュージシャンとしてだけではなく、音楽業界の今後の行く末にも関心を持たれ積極的に発言されている姿は、本当に素晴らしいのひとことです。


今日は”おうちタイム”なので、いままでの坂本作品をいろいろ聴いてみましょう。

ストリーミングは本当に便利ですね。
ただ音楽家にとってお金になるのかどうかは知りませんが。(笑)


話題になった当時ではなく、4年後のいまasyncを聴いての遅すぎる称賛でスミマセン。(笑)



オノ・セイゲン氏は、ソニーとともに、DSD推進、イマーシブ・オーディオの旗頭として活躍している日本のサウンド・エンジニアのパイオニア的存在なのは、もうみなさんよくご存じだと思うのだけれど、実際どういう音、サウンドを作る人なのかは、じつは自分はよく聴いたことがなかったんですよね。(笑)


ちゃんと対峙して聴いたことがなかった。


この坂本教授のasyncを聴いてみて抱いたサウンドの印象は、非常に実験的なサウンドですよね。立体感が素晴らしいです。計算されつくした意識した音作りをしますね。


造り込まれている感が凄いです。


ふつうにスタジオやホールでミュージシャンが演奏する音楽をそのままちょっといじって加工するという感じではないです。


それは坂本教授のasyncの作品のコンセプトがそうなのかもしれませんが。


PCオーディオのストリーミングでのふつうの2chステレオなんだけれど、非常に立体的で3D的に聴こえます。


オブジェクトベースで音源を空間配置しているような感じで、ある効果音は自分の頭の後ろのリアから聴こえてきたりしますし、前方のステレオのサウンドステージも、その音源の種類に応じてその空間に現れる位置が、前後奥行きや左右に、ポッポッといろいろ違う位置からその都度現れる感じで非常に立体的です。


まさに造り込まれている感、空間の座標軸を徹底的に計算しつくしたサウンドですね。


非常に人工的です。(笑)
ふつうの音楽を聴いている感じじゃないです。


結論として、ガッカリしなくてよかった、というところでしょうか。(笑)


最新のイマーシブもいいけれど、今度は、自分が普段聴いているSACDサラウンドでのサウンドを聴いてみたいです。やっぱり普段自分が聴いている自分の物差しで確認してみたいですね。


やっぱり造り込まれている感の強いサウンドだけではなく、”音楽”をどのように録るのか、を聴いてみたいです。


オノ・セイゲン氏が録ったサラウンド音源は、ファントムセンターで録っていたという話をちらっと聞いたこともあるので、やっぱり自分の耳でじかに確認してみたいです。





nice!(0)  コメント(0) 

ブルーノート東京ライブ・ストリーミング [ジャズ]

ジャズのライブレストランでは、やはりブルーノート東京が一番歴史があって、グレードが高いだろう。でもここは敷居が高いだけあって、ディナーの値段がべらぼうに高かった記憶があります。昔ですが。さすがと思いました。


最近ではビルボードライブ横浜がオープンしたようで、ぜひ行ってみたいです。


そのブルーノート東京で、ライブ・ストリーミングをついにスタートさせた。


”ブルーノート東京のライブ配信とディナーをご自宅で”


というキャッチフレーズがすごく洒落ていて素敵じゃないですか!

ジャズのライブレストランのあの空間の雰囲気が、おうちで体験できる。

ぜひ使ってみたいとずっと思っていて、今日ようやくサイトを覗いてみました。


そうするとGUI含め、非常に洗練されていて、うぉぉ~という感じで、ちょっと宣伝したくなった。GUIがシンプルで美しくてサービスが行き届いていると、やっぱり使いたくなりますよね。


ブルーノート東京ライブ・ストリーミング


LiveStreaming-1.jpg


基本骨子は、各配信公演のアイコンがあって、その詳細ページに飛んでチケットを購入するというもの。


LiveStreaming-2.jpg


配信プラットフォームは、

ぴあ <PIA LIVE STREAM>
イープラス <Streaming+>
ZAIKO

の3つ。


ある公演のサイトに飛んでみると、


LiveStreaming-6.jpg


実演とライブ・ストリーミングがハイブリッドで同じ画面で購入できるようになっている。何気ないことのようで、これが自分にとっては結構斬新な感覚だったりした。


いままで自分のクラシックのコンサートだと、もう実演でのチケット購入手段というのが、大昔から決まっているので、それは変えるのではなく、あくまで配信チケットはadd-on的な感じの位置づけである。こうやって同じ画面で、ハイブリッド感を出すのは、う~ん、いかにも時代に合っているなぁと思ったりする。


LiveStreaming-3.jpg


そうして過去の公演はこのように一覧の写真アイコンを並べる。
その各アイコンをクリックすると、その公演の情報が出てくる。


ちょっと触っていろいろやってみただけなので、まだよく使い方がわかっていないだけなのかもしれませんが、この過去の公演の各ページに記載されているのは、その公演の情報だけなんですよね。


これはもったいない。その公演の見逃し配信の配信チケット購入、そして閲覧のボタンが、この各ページにあったら、そのまま過去の公演も視聴できるので、それがあると絶対いいと思います。


もちろん、公演によっては見逃し配信もあります、とのことですので、自分の見てみたページがたまたま見逃し配信がないだけで、すでにそうなっている可能性もあります。


LiveStreaming-4.jpg


そしてその各公演のページには、そのコンサートで使われた曲の音源が入っているCDなどがHMVなどから購入できるような物販ECサイトへのリンクもある。


さらには、オフィシャルサイトへのリンクと言うことで、そのアーティストの公式ホームページや、Facebook,Twitter,Instagramへのリンクもある。


いいなー、いいなー。


ある意味、現状で考えられるあらゆるECサービスを全部盛り込みました的な感じですが、すごくいいと思います。


そしてなによりも、リアル配信にしろ、アーカイブ配信にしろ、有料課金というのがいいですね。当然です。


やっぱりライブ・ストリーミングのビジネスは、いま始まったばかりの黎明期なので、まだまだこれからだと思いますが、やはりいまの最大の欠点は、アーカイブ配信が永遠ではないところではないでしょうか?


期間限定ですね。1週間限定、1か月間限定で消去してしまう。

以前にも言及したと思いますが、究極はアーカイブは永遠に残すべきです。
ベルリンフィルのデジタルコンサートホールのように。


そのためにはコンテンツDBの大容量化をどのように実現していくか、ということだと思います。全公演を残す必要はないと思うので、選抜して永遠に残してほしいです。(ベルリンフィルDCHも全公演ではなく、選択した公演のみ残している。)


アーカイブ永遠保存化が実現できるようになったら、ぜひコンテンツ検索について考えてほしいです。写真を並べる方法は、とても華やかで格好いいですが、膨大なライブラリーの中から希望のコンテンツを探すのはかなり骨が折れます。(笑)じつは文字入力検索やアルファベット順などの検索キーを使うほうが地味ですが、ユーザーにとっては実はそっちのほうがよかったりします。


いままでアーカイブはすぐに消していたので、そういう問題は考えなかったと思いますが、これからはこのコンテンツ検索という概念はとても重要なテーマになります。


別にコロナがあるから、という理由ではなく、今後のコンサート・ビジネスは、実演+ライブ・ストリーミングの二重の収益構造で利益をあげていくのがde-factoだと思うので、こういう配信プラットフォームをコンサートホールやライブレストランごとに自前で持っているというのは本当に理想ですね。


ブルーノート東京だけでなく、ビルボードライブ東京やビルボードライブ横浜、そしてモーションブルーYOKOHAMA、その他のライブハウスもこういう配信プラットフォームを自前で持てるような時代が来るといいですね。


ジャズがより身近に感じるようになります。


自分がいま秘かに楽しみに期待しているのが、4月に発表されるであろうサントリーホールの”デジタル・サントリーホール”。


サントリーホール開館35周年の記念事業の一環らしいです。


サントリーホールが自前の配信プラットフォームを持つようになるというのはすごい興奮します。ついにベルリンフィルのようになるんだな、と思うとワクワクです。


コンテンツ配信システムやEC課金システム、暗号化・認証システムなど、どこの配信プラットフォームを使うのか、あるいは全く新規のご披露目なのか、わくわく期待です。


コンサートだけではなく、いろいろなオンラインでやることが可能なすべてのことが対象になるのではないでしょうか。自分でも使ってみて、感想をレポートしてみたいです。


そのとき、コンサート配信については、ぜひアーカイブの永遠保存化をテーマによろしくお願いします。



ということで、非常に洗練されたブルーノート東京のライブ・ストリーミング。


全曲公演ではなく、そのうちの数曲を格納したYouTubeで楽しみたいと思います。(笑)


ケイコリー1.jpg


ケイコリー2.jpg


ジャズのライブ・ストリーミングでぜひ視聴したかったのが、ケイコ・リーさんの公演。ずいぶんご無沙汰していますが、全然変わっていなくて安心しました。いつものお馴染みのスタンダードナンバー最高です。


小曽根真-1.jpg


小曽根真-2.jpg


小曽根真さんの公演もしっかりウォッチ。いやぁいいですね。ご自身のバンド,NO NAME HORSESとの共演は初めて観ました。おうちで観れる配信だからこそ、実現できました。インタビュー付きですが、小曽根さん、めちゃめちゃ英語うまいです。ネイティブのようです。


塩谷哲-1.jpg


塩谷哲-2.jpg


塩谷哲さんのコンサートははじめて観ました。小曽根さんとのコラボでよくソルト(塩という意味)と呼ばれていたときを知っていただけに感動しました。いつか実演を楽しみにしたいです。


渡辺貞夫-1.jpg


渡辺貞夫-2.jpg


重鎮・渡辺貞夫さんのコンサートもこうやってライブ・ストリーミングでおうちで観れるようになるというのも時代ですねぇ。


大西順子-1.jpg


大西順子-2.jpg


大西順子さんの実演も体験したことがないので、こうやっておうちで観れるのは感無量です。いつか必ず実演を体験したいです。


大西順子さんといえば、自分でもメモリアルに記憶にあるのは、小澤征爾さん&サイトウキネンとの共演でガーシュインのラプソディ・イン・ブルーを演奏したときのことです。自分の記憶に間違いがなければ、もともと村上春樹さんに招待されて、大西順子さんの引退公演に行ったところ、終演後、小澤さんがやめるな!と叫んで、その後、自分のサイトウキネンとの共演をオファーして実現した公演ではなかったでしょうか。


小澤さんは、オーケストラでラプソディー・イン・ブルーをやるのは18番なのです。ベルリンフィルのヴァルトビューネ野外コンサートでもこの曲をやっていましたね。そのときのピアニストならびにドラム、ベースのジャズトリオは黒人だったと思いました。


うちにDVDあります。


大西順子-3.jpg


大西順子-4.jpg


大西順子-5.jpg









nice!(0)  コメント(0) 

ザッハトルテのルーツは、ザッハーなのか、デメルなのか。 [グルメ]

ホテルザッハーとデメルの両方のザッハトルテを自宅へお取り寄せしてみて、実際食べてみて、その両者の差は、あまりにはっきりと違いがあった。もちろんどちらが自分の好みなのかもはっきりと認識できた。そのことについては一番最後に述べることにしよう。


「ザッハトルテのルーツは、ザッハーなのか、デメルなのか。」


かねてより自分の中に曖昧でグレーな状態で認識されていた疑問なのだが、この日記で突き詰めてみたいと思う。


ザッハトルテは、オーストリアのホテル・ザッハーおよび洋菓子店・デメルで提供されている菓子(トルテ)である。古典的なチョコレートケーキの一種のことである。


ホテルザッハー(12).JPG


こってりとした濃厚な味わいを特徴とする、ウィーンのホテル・ザッハーの名物菓子であり、チョコレートケーキの王様と称される。


このザッハトルテには、ホテルザッハーが起源である、という説と、デメルが起源であるという説の2説がある。昔からそのことは認識はあったのだけれど、どこが違うのか、自分でもよくわからなかった。また探求してみようという気もさして起こらず、そのまま放置していたのだが、ホテルザッハーのザッハトルテも、デメルのザッハトルテも自宅に取り寄せできることがわかり、よし!それじゃ実際ネットで調べてみて、そして実際食べてみて、勉強してみようと思ったのである。


まず、ザッハトルテのルーツが、ホテルザッハーなのか、デメルなのか。について。


1832年に、クレメンス・メッテルニヒに仕える料理人の一人だったフランツ・ザッハーが考案した。


Franz_Sacher.jpg


飽食した貴族たちのために新しいデザートを作れというメッテルニヒの要望に応えたものであった。ザッハトルテは大変に好評で、翌日にはウィーン中の話題になったという。当時はザッハーはまだ16歳で下級の料理人にすぎなかったが、ザッハトルテの成功から頭角を現した。ザッハトルテはフランツのスペシャリテ(特製料理)として好評を博しつづけた。後に次男のエドゥアルトがホテル・ザッハーを開業すると、ザッハトルテはそのレストランとカフェで提供された。


レシピは門外不出とされたが、3代目のエドマンド・ザッハーのときにホテル・ザッハーが財政難に陥ったのをきっかけに、資金援助をしたウィーンの王室ご用達のケーキ店「デメル」が、代償にザッハトルテの販売権を得た。この際に「元祖ザッハトルテ」の文字をケーキの上にホワイトチョコレートで描く権利も譲渡したとも言われる。ここで、デメルの娘がザッハーの息子に嫁いだ際にレシピが流出したとする話があるが、事実とは異なる俗説である。
 

その後、ハンス・スクラッチ「ウィーンの菓子店」という本にまで、秘密のレシピは掲載されてしまった。ついにはホテル・ザッハー側が、デメルを相手取って商標使用と販売の差し止めを求めて裁判を起こしたが、7年に及ぶ裁判の結果、ホテル・ザッハーにもデメルにも双方にザッハトルテ(Demel's Sachertorte)の販売を認める判決が下った。その結果、デメルのものはデメルのザッハトルテ(Demel's Sachertorte)として、ホテル・ザッハーのものはオリジナルザッハトルテ(Original Sacher-Torte)として売ることになった。ザッハーのものはアンズのジャムを内部にも挟むのに対し、デメルのザッハトルテは表面にのみ塗る、という違いがある。


こういうことだそうである。(笑)


ホテルザッハーのザッハトルテ


カフェザッハ(1).jpg


デメルのザッハトルテ


デメル(9).jpg



この写真でまず違いが判るのは、ケーキの上についている意匠ロゴである。
ホテルザッハーは丸い意匠で、デメルは三角の意匠である。


上の詳細な説明を、簡単に要約すると、


①起源はホテルザッハーである。
②ホテルザッハーが財政難になり、ザッハトルテの販売権を、デメルが得た。
③ホテルザッハー側が、デメルを相手取って商標使用と販売差し止めを求め裁判を起こした。
④7年間裁判をおこなった。
⑤裁判の結果、ホテルザッハーにもデメルにも、ザッハトルテの販売を認める判決が下った。
⑥デメルのものは、デメル・ザッハトルテ、ホテルザッハーのものは、オリジナル・ザッハトルテとして売ることになった。
⑦ザッハーのものは、アンズのジャムを内部に挟むが、デメルのものは表面にのみ塗る。


こんなところであろうか。


厳密なルーツはという話になると、ホテルザッハーのようである。


ホテルザッハー(35)ザッハトルテ横から画面.jpg


⑦であるが、上の写真はホテルザッハーのザッハトルテであるが、ケーキの真ん中に線が入っているのがわかるであろう。これが内部に塗っているアンズのジャムのことである。デメルのザッハトルテにはこういうのがない。



ホテルザッハーはホテル&レストランである。ウィーンを代表する高級ホテルで、ザルツブルグにも支店がある。ザルツブルク支店は、2013年のザルツブルク音楽祭に行ったときに実体験しました。


デメルはケーキ一筋、洋菓子店である。皇室御用達の看板を掲げ、皇妃エリザベートの好物だった「スミレの砂糖菓子」も名物である。日本にも進出しており、全国の有名デパートに出店しているそうだ。


ホテルザッハーは高級ホテルなのだが、その中のカフェが、いわゆるカフェ・ザッハーというものなのだと思う。自分は、ウィーンの至る所に、いわゆるチェーン店のように、カフェ・ザッハーとデメルがあちこちにあるような感覚があったのだけれど、そうではないようだ。(笑)


カフェ・ザッハーもデメルも1店舗のみ、ワンポイントだけに存在するカフェなのだと理解しました。


カフェザッハーは、ウィーン国立歌劇場の真裏にある。


カフェザッハー.jpg


カフェザッハ(11).JPG



こちらがカフェザッハーの店内。


店内は、ハプスブルク時代を感じながらゆったりとくつろげる、クラシックな内装。入り口がいくつかあるが、ウィーンの古風な雰囲気を楽しみたければ、オペラ座の裏にあるCAFÉ SACHERと書かれた扉から入るのがお勧めだそうである。


ホテルザッハー(34)Cafe.jpg


カフェザッハ(8).JPG


立てかけてあるのは、小さい新聞のように見えて、中はメニューである。


カフェザッハ(9).JPG


カフェザッハ(10).JPG



ケーキは部屋の中央にある台から、ホイップクリームを絞ってサーブされる。


カフェザッハ(6).jpg



カフェザッハーには売店もあります。


ホテルザッハー(37)カフェザッハの売店.jpg


 
う~む。



ではデメル。


デメルのお店の起源は1786年まで遡り、実に200年を超える歴史がある老舗カフェ。


デメルは、王宮と劇場のすぐそばという地の利を得て、ハプスブルク家御用達ケーキ店になり、人気を博してきた歴史があるのだ。その後、ケーキ職人だったクリストフ・デメルが店を継ぎ、当時のウィーンの上流階級が顧客となる。美貌の皇妃エリザベートの好んだスミレの砂糖漬けは、現在でも店頭に並んでいるし、女優のカタリナ・シュラットや、宰相メッテルニヒの孫で社交界の花形だったパウリ―ネ・フォン・メッテルニヒも、ここのお菓子を好んだと言われているのだそうだ。今でもかつてオーストリアに君臨したハプスブルク家の紋章をロゴとして使用している。


デメル(20).jpg


デメル(11).jpg


デメル(10).jpg


こちらがデメルの店内。キラキラの絢爛豪華のカフェザッハと比べると、比較的大人の落ち着いた雰囲気がありますね。


デメル(18).jpg


デメル.jpg


デメル(12).jpg


デメル(1).jpg



入口を入ると、すぐにケーキが並んだショーケースがあり、ショップも併設されている。


デメル(2).jpg


デメル(15).jpg



1階で大きなスペースを占めているのはガラス張りの工房で、デメルのケーキが作られていく様子を見学できる。


デメル(16).jpg



情報引用元


ザッハトルテだけでないウィーン二大カフェ・ザッハーとデメル、両者を楽しむための傾向と対策
https://www.travel.co.jp/guide/article/6468/


ウィーンで絶対食べたい!カフェ・ザッハのザッハトルテ
https://tabicoffret.com/article/74337/index.html


カフェ「デメル DEMEL」@オーストリア・ウィーン
https://kitagawa.ws/demelwien/


ウィーンの皇室御用達カフェ「デメル」で上流階級気分を満喫
https://tabicoffret.com/article/74938/index.html



カフェザッハとデメル。
どうでしたか?なんとなくわかったような気がしましたね。


カフェザッハのザッハトルテが、「オリジナル・ザッハトルテ」。
そしてデメルのザッハトルテが、「デメル・ザッハトルテ」


なんですね。


ここで、ちょっとカフェザッハのあるホテルザッハーについて、ちょっと紹介しましょう。


とにかくすごい超高級ホテル。
もうびっくりなのである。
凄すぎる・・・。


ウィーン国立歌劇場の真裏にあるらしいので、ウィーンでオペラを楽しまれる常連の方々にとっては、もうあたりまえのスポットなのでしょうね。ウィーンはあまりに有名過ぎて、みんな誰しもが行っている音楽の都だから、天邪鬼の自分は順番的に後回しにしていたところがあって、それがまさかのコロナ禍で、すっかりウィーンは遠くなりにけり。。。今度行けるときはいつになることやら。悲し過ぎます。


そんなホテルザッハー。いろいろ調べてみたらあまりに別世界のゴージャスでびっくりしました。ちょっと自分の住んでいる世界とは別次元ですね。


そんなホテルザッハーを写真で紹介。

かなりの写真の暴力です。(笑)
もう写真を並べているだけで目眩がするというかクラクラしてきます。(笑)

こんなところに宿泊したら、逆にかえって落ち着かなくて精神上問題ありますね。
自分はやはりビジネスホテルくらいの質素な空間のほうがいいですね。


ホテルザッハー・ウィーン


ホテルザッハ(11)JPG.jpg


ホテルザッハー(14).jpg


ホテルザッハー(15).jpg



入った瞬間息をのむほど美しいロビー


ホテルザッハー(36)_NEW.jpg



廊下には今までに宿泊した数々の著名人の写真が飾られています。


ホテルザッハー(20).jpg


ホテルザッハー(22).jpg



白髪の紳士がザッハトルテの考案者、フランツ・ザッハー氏です。


ホテルザッハー(21).jpg



ゴージャスなレストラン


ホテルザッハー(9).jpg



ザッハトルテはカフェザッハで提供されるだけでなく、ショップでも買えます。ここはインターネットのオンラインでもザッハトルテを世界中に売っていて、自分はこのオンライン・ショップで自宅にお取り寄せしました。


ホテルザッハー(18).jpg


カフェザッハーおみやげ.jpg


ホテルの年間宿泊数のうち、9割以上を海外からの客が占めます。コロナ禍のロックダウン(都市封鎖)で、宿泊による収入源が絶たれてしまった。そんな中、同ホテルのショップのザッハトルテをドライブイン形式で売り始めたのです。このコロナ禍のご時世、世界中で販売されている同ホテルのザッハトルテは、まさにブランドの存続に一役買っているのです。


ホテルザッハー(16).jpg


客室は全部で150室ほどあり、そのうちの70室がスイートルームだそうです!お部屋のインテリアはどれもクラシックでエレガントな雰囲気。お部屋によってインテリアの色が異なっているそう。


まさにいろいろなインテリアのお部屋があって、その写真をつぎつぎと見るたびにまさに写真の暴力。(笑)溜息がでました。1泊おいくらするのでしょうか・・・という野暮な詮索はやめましょう。


ホテルザッハー(23).jpg


ホテルザッハー(24).jpg


ホテルザッハー(25).jpg


ホテルザッハー(27)お部屋.jpg


ホテルザッハー(28)お部屋.jpg


ホテルザッハー(29)お部屋.jpg


ホテルザッハー(30)お部屋.jpg


ホテルザッハー(32)お部屋.jpg



大理石のバスルーム


ホテルザッハー(31)バスルーム.jpg


運動エクソサイズするトレーニングルームもあります。(笑)


ホテルザッハー(33)運動部屋.jpg


いやぁ凄いホテルですねぇ。


ちなみに自分はザルツブルクのホテルザッハーに入ったことあります。
2013年のザルツブルク音楽祭のときに行きました。


あのザルツブルクの街の真ん中を突き抜ける川、ザルツァハ川の橋を渡ったところの四隅に立っていたと記憶します。


そのときの写真を紹介しますね。
自分で撮影したリアル体験写真です。


ホテルザッハー・ザルツブルク


m_27YMSaJYbeIt1sR13790966775B15D[1].jpg


ホテルの片隅のほうにカフェ・ザッハーの入り口があります。


m_AfLwFXMUImrzq6M13790967435B15D[1].jpg


これがカフェ・ザッハー・ザルツブルクの店内。


m_oMzBb6DDtsHbFJU13790968265B15D[1].jpg


そしてもちろんザッハトルテをオーダーしました。


m_ys_uBgXNDlkCK1k13790968765B15D[1].jpg



さて、カフェザッハーとデメル。そしてザッハトルテは、ザッハーとデメル、どちらがルーツなのか、のバックグラウンドは理解できました。いよいよようやく本番の実際食して、具体的な品定めといきたいと思います。


ホテルザッハー・ウィーンのザッハトルテは、オンラインショップで世界中から取り寄せすることができます。それを知り自分もそうしてみようと思いました。


逆にデメルは、日本代理店があるんですね。だから日本代理店経由で取り寄せできます。ホテルザッハーは日本代理店がありません。だから現地直送なのです。


ホテルザッハー・ウィーンのザッハトルテのオンライン・ショップ
https://shop.sacher.com/en/


あまり大きいホールを買ってしまうと食べ切れないので、一番下から2番目のサイズを買いました。


商品43EURに対して空輸輸送費48EUR。(笑)


でもオーダーしてなんと1週間で到着。びっくりしました。
日本代理店のデメルより先に届いたのには、その気合の入り方に驚きました。

さすが!


ロックダウン中のウィーンから届いたホテルザッハー・ウィーンのザッハトルテ。
メッセージカードも添えてあり、わぁ~いかにもヨーロッパらしい心使いで素敵です。


DSC05520.JPG


DSC05534.JPG


本当にヨーロッパらしい心のこもった木造りの箱です。


DSC05539.JPG


こんな感じ。
丸い意匠ロゴがついているのが、ホテルザッハーのザッハトルテの印です。


DSC05552.JPG


あぁぁぁ~。(笑)
自分が取り分けるとこんなになってしまいました。夢を壊してスミマセン。(笑)


DSC05561.JPG



一方デメルのほうも、1日差で到着。
こんなブランドの紙袋に入っていました。


DSC05582.JPG



やはりデメルもヨーロッパらしい心のこもった木造りの箱。
ホテルザッハーのもそうですが、食べた後、捨てられないですよね、この木箱。


DSC05587.JPG


DSC05592.JPG


こんな感じです。
三角の意匠ロゴがついているのが、デメルのザッハトルテの印です。


DSC05599.JPG


DSC05605.JPG



さて、ホテルザッハーとデメルのザッハトルテを食べ比べてみた率直な感想。


ホテルザッハーのザッハトルテは、血糖非正常値の人にとってかなり危険な食べ物だと思います。(笑)相当危険な食べ物です。自分も人生50数年生きてきましたが、こんなに甘い食べ物は食べたことないです。


こりゃ甘いな~と思いました。

半端でない甘さです。


これはとてもじゃないけれど、全部ホール丸ごと食べ切れないな、と思いました。


ホテルザッハーのザッハトルテのほうは、ケーキの真ん中のところに、アンズジャムが塗られていて、それが層になっているんですね。だから超甘いのもそれが原因しているのかな、と思いました。


日本の健康にいい和風料理で、しかも糖質制限の食生活をしている自分にとってヨーロッパの肉食系の方々はやはりこういうこってり系を好むんだろうな、と思いました。


これはかなり自分にとってはキツイ食べ物です。


そんな経験をした1日後に、デメルのザッハトルテを、きっと超甘いんだろうな、と恐る恐る食したのですが、なんとこちらは、まったく甘くない。


糖度でいえば、ホテルザッハーのザッハトルテの半分くらいの甘さです。
こりゃ全然いけるじゃない!


こちらはふつうのチョコレートケーキを食べている感じなので、まったく違和感なし。こっちであれば、糖質制限の食生活の自分でも全然acceptableです。


甘さという観点でしか区別があまりつかず、他はあまり違いはないような気がしました。

自分は、デメルのザッハトルテのほうが好きです。
・・・というか、体がデメルのほうしか受け付けないです。(笑)


結論!


・ザッハトルテのルーツは、ホテルザッハーのほうにある。
・でも販売権は、ホテルザッハーもデメルも両方持っている。
・ホテルザッハーのは超甘いが、デメルはその糖度半分くらい。
・自分はデメルの方が好きである。


ということでした。(笑)


現地ウィーンで、カフェザッハーとデメルの二大カフェをリアル体験したいとは思いますが、さらにこれからまたお取り寄せして何回も食べたいか、というと、どうだろう?


このザッハトルテにさらにふたつのトルテを加えた世界三大トルテってご存じですか?


・ザッハトルテ
・インペリアルトルテ
・リンツァートルテ


だそうです。


インペリアルトルテ


imp_image[1].jpg


ザッハトルテが丸いケーキなのに対し、インペリアルトルテは四角いケーキなんですね。


ホテルインペリアルは、元はヴュルテンベルク王国の王子の私邸として建てられ、1873年に開催されたウィーン万国博覧会の時にホテルに改装されました。クラシックな内装で、19世紀末の優雅なウィーンの雰囲気を今に伝えるエレガントなホテル。カフェとショップだけは気軽に入れるが、宿泊するには少し緊張感が必要らしい…。


インペリアルトルテは、そんな国賓も迎える格式あるそのホテルのスペシャリテとして、一世紀を超え親しまれている銘菓なんだそうです。



リンツァートルテ


リンツァートルテ.jpg


リンツァートルテは、リンツ地方発祥の菓子で、主にドイツ、オーストリアでよく食されるそう。アーモンドやクルミの粉末とシナモンやナツメグなどの香辛料を入れた生地の間にアカスグリ(レッドカラント)ジャムをはさみ、格子模様を付けて焼いた丸いケーキ。



さぁ次回検査日まであと2週間。
暴走してしまったので、またガマン、ガマンの節制の日々です。





 



nice!(0)  コメント(0) 

冒険家 植村直己 北米マッキンリーに死す [雑感]

自分は登山の世界とか、自分でやろうとはまったく思わないのだけれど、冒険家 植村直己さんには子供時代にとても憧れた。


jiohi-e1550287011285[1].jpg


植村直己さんは、日本の冒険家のパイオニア的な存在で、エベレストに日本人として初登頂、世界五大陸の最高峰初登頂、そして北極、グリーンランド大陸の犬ぞり紀行など輝かしい冒険歴を残した。


その後、現在に至るまでいろいろな冒険家が出てきて、植村さんの記録をどんどん破っていくわけだが、自分には”その後”はまったく記憶に残らない。


やっぱりオリジネーター、最初にやった人、植村直己さんが一番なのである。


希代の日本の冒険家といえば、植村直己なのである。


とくにそのご著書をかなり読んで、そこで描かれる冒険家の日常、冒険のその現場のリアルな描写、冒険をするためにはやはり費用が必要で、それを工面する工夫、そして奥さん公子さんのことなど、あからさまに書かれていて、とても子供心に心打たれた。


特に冒険のその現場のリアルな描写は、とても印象的で、それを読むだけで、自分が実際その場にいる感じで、その厳しい自然の世界と闘っているその場面が頭の中で鮮烈に描かれるほど感動的であった。


犬ぞりで犬たちの実際の群れでの行動などについて、その犬の持つ習性について学んだことなども描写されとても興味深い。


あと、カリブー(トナカイ)の肉を食べるときのこと。

テントの中での生活。


とにかく自分にはない世界で、夢の中で想像を張り巡らすことだけで、とても夢のある世界に連れて行ってくれた。同時に自分にはとてもできないこと、こんな厳しい環境には自分はへこたれてダメだろうな、絶対無理な世界とは思いましたが。


そして、テントの中で、愛する奥さん公子さんの写真を見ながら、オ〇ニーをしたことなど。。。


とにかく植村直己さんの著書は全部読んだ。


maxresdefault[1].jpg


92886654d47040bbe86e53b7f1abbd2a[1].jpg


植村直己さんの冒険歴の大きな流れとして、若いときは登山の垂直方向の冒険、そして晩年の大陸の犬ぞり紀行などの水平方向の冒険というように分けられる。


垂直方向から水平方向へ。

これが流れであった。


植村直己さんの冒険で唯一果たせなかった夢は、南極大陸の制覇、犬ぞり紀行だった。この南極を果たせなかったのが冒険家人生で唯一やり残した夢だった。


もちろん輝かしい冒険も、実際はすごいお金が必要なことなのだ。大変な費用がかかる。その費用をなんとか捻りださないとということで、著書などの執筆、そして講演会など全国に足を運んだこと、そして企業などのスポンサー探しである。


理想と現実。実際そのお金を捻りださないといけない苦労がその本に刻銘に書かれていて、とてもリアル現実を見る感じで、その痛ましさにう~んと読んでいた。


もともと内気な性格で人前であまり話すことが得意でない。1人が好き。だからこそ冒険に出るわけだが、それも団体での行動を嫌い、単独行が多かった。


たしか子供のときにニュースで見たことがあり記憶にあるのだが、遭難事故があって、1人で登山をすることの危険性、そういう人の気持ちがわからない、という日本中の非難の声が上がったときに、植村直己さんはインタビューで、「ご批判の気持ちはよく理解できるけれど、自分は1人を好み、そういう登山の世界を1人で楽しみたい、という世界はとても理解できるんですよね。それは決して責めれられることではない、と思う。」と擁護していたのをいまでも覚えている。


内気な性格で人前であまり話すことが得意でない。1人が好き。


これは自分の性格にも身に覚えがあるところで、似たもの同士という共感もあって、その孤独性をあるところに昇華させるエネルギーにとても尊敬していた。


自分のような性格でも大きなことができるんだ、という自分の子供時代の先生、大きな鏡だった人だったような気がする。


2019021500090_1[1].jpg


そして世界中に衝撃のニュースが走った1984年冬。


北米最高峰のマッキンリーに冬季初登頂という偉業を達成した後、下山後消息を絶った。これは子供心にも大ショックだった。


あれだけ輝かしい冒険歴を重ねてきた植村直己さんでも、結局遭難するということもあるんだな、と驚きだった。ちょっと信じられなかった。


うちのオヤジは、そのニュースを見ながら、このように吐き捨てるようにつぶやいた。

「結局、こういうことをやっている人は、最後はこういう死に方をするんだよな。」


自分はこのとき、確かにこの意見に同調すると同時に、冒険家としてそれはある意味望ましいというかカッコいい死に方だったのでは、と思うようになった。


男の死に様として最高の格好良さだったのでは、と。
男の引き際、散り際の美学というか・・・。


男として、自分の大好きなこと、自分の人生そのものに打ち込んでいるときに、そのまま死にたいというある意味の欲望。歌手が歌っているときにステージでそのまま最期を迎えたい、というような。。


たとえば、ファンから怒られるかもしれないけれど、トム・クルーズが映画のスタントの最中の不慮の事故で命を落としたとしても、それはある意味、彼にとって最高の散り際の美学なのではないか、と思ったりするのだ。


植村直己、北米マッキンリーで死す。


は自分にそんな教訓を子供心に強烈に残したのだ。


「植村直己、北米マッキンリーで消息不明」


は衝撃のニュースであった。すぐに植村さんの大学であった明治大学の登山部が、植村さんと同じルートでマッキンリー登頂をおこない、植村さんの消息の行方を探索した。


頂上に登頂した時の旗、そしてその途中に宿泊したと思われるテントの残骸など、見つかったが植村直己さんの消息は不明だった。


そのときに下された判断は、下山途中で、強風に煽られ、クレバス(氷河の割れ目)に落下したのではないか、という結論で収まったように思う。


自分はそのとき植村さんについての遺骸含め、なにか見つかってほしいと思っていたので、この結果はこの結果で納得と言うか、物足りなさも感じた。


あれから36年経過しても植村直己さんの遺体の発見のニュースはない。永遠の美学として、永遠に見つからないでほしいという想いと、見つかってほしいという、好奇心の気持ちと半々である。


もし見つかったときはこれまた世界中で衝撃のニュースになると思う。


植村直己遭難が確定したときに、奥さんが記者会見をしたときのこと。鮮明に覚えている。


「冒険家はつねに命あって帰ってくる、それこそが本当の冒険家、と普段言っていた人がこれでは本当にだらしない、と思います。」


と涙をこらえながら気丈に話していたのは、涙なくして見れなかったです。


・内気な性格で人前であまり話すことが得意でない。1人が好き。
・それでも大きなことができる。
・男の散り際の美学


こういう点で、冒険家 植村直己さんは、子供の頃の自分に大きな影響を及ぼした人だったのである。







nice!(0)  コメント(0) 

H.I.S.海外支社のその他の想い出 [海外音楽鑑賞旅行]

他にも思い出した。コンセルトヘボウでシャイーのケヴァントハウスのオーケストラを聴いたときのこと。このとき旅行会社経由でチケットを確保したのだが、それは金庫に大切に保管されていたらしいのだが、なんと!強盗が入って金庫破りに会ってそのチケットが盗難にあった、ということもあった。(笑)


天下の旅行会社でもそういうことがあるんだな、と驚きました。
犯人は、おそらく熱烈なクラシックファンだったのであろう。(笑)


急いで、コンセルトヘボウにコンタクトして、事情を説明して再発行をしてもらい、事なきをえた。


もちろん現地アムスでの直接引き渡しになるので、コンセルトヘボウ・ホールのロビーのところで、H.I.S.アムステルダムの男性スタッフと待ち合わせて、そこで無事チケットを直接手渡しをしてもらった。


そんな想い出もある。



germany[1].jpg

H.I.S.フランクフルト支社のオフィス


もうひとつ想い出があるのは、これはスタッフから聞いた話で、海外旅行に行くときにかける保険について。これはお金を惜しんで、保険に入らない人もいるが、これは絶対間違いである。


酷い目に遭いますよ。


保険に入るなら、間違いなく無制限のものに入らないといけない。
お金を惜しんではいけない。


なんでも海外現地で、不運にもICU(集中治療室)に入って治療を受けるハメになった旅行者がいて、海外で保険に入っていない外国人観光客が現地で医療を受けた場合、その医療費は莫大な請求額を受けることになるのだ。


その人は特にICUに入る羽目になったので、さらに莫大な費用に上り、なんとその支払いのために、日本の自宅を担保にかけることになったそうだ。


海外旅行に無制限の保険は常識である。

短期間の旅行だから大丈夫だろう、というほど甘いものはない。
不幸は突然やってくる。


もし海外で不運にも命を落とすことになったら、その遺体搬送とか含め、いったん日本政府が負担するのだろうけれど、その大費用はそのまま家族に請求されるのかな?


自分の場合のスリ被害もそうだけれど、旅行会社のスタッフは、じつは楽しい想い出造りのお手伝いというよりは、じつはこういういざというときのリスク管理が結構大変な仕事なのではないだろうか?


ちなみに、スリの場合は、保険は無制限ではないです。
上限があったと思います。しかも肝心の現金は保証外だったと思います。(笑)


とにかく楽しいことの裏には怖いことが待っている。
これはよ~く心しておきましょう。


冒険家、植村直己さんも結局、北米マッキンリーで命を落とした。


自分は海外旅行のベテランと自負していてもどんなリスクが待ち受けているか、は神のみぞ知るなのである。




nice!(0)  コメント(0) 

H.I.S.ロンドンとH.I.S.パリ [海外音楽鑑賞旅行]

自分のTwitterのTLに、いきなりH.I.S.ロンドンとH.I.S.パリの投稿が現れるようになった。H.I.S.はご存じ世界中に支店を持つワールドワイドな旅行会社である。インターナショナルなネットワークを通じて、初心者であっても世界中のどこでも簡単に旅行できるサービスを提供する。


自分は、このH.I.S.の海外支社のオフィスで実際行ったことのあるのが、このロンドン支社とパリ支社なのだ。う~ん、なにかのお知らせなのかなぁ。


H.I.S.ロンドン

HISロンドン.jpg


H.I.S.パリ

paris[1].jpg


ロンドン支社は、2016年のグラインドボーン音楽祭に行った時のこと。なにせ突如行きます、という話だったので、この大人気の音楽祭のチケットは、当然全公演ソールドアウト。リターン・チケット待ちだった。


そして見事にゲットしたのだが、出発まで時間がないので、現地ロンドン支社にチケットを預け、自分が現地でピックアップするという算段となった。


DSC05605.JPG


見事、グラインドボーン音楽祭のチケットを、現地ロンドン支社でゲット!の図である。背景に映っているのが、H.I.S.ロンドン支社のオフィスである。


ロンドン支社は、どこにあったか、もう覚えていないけれど、地下鉄Undergroundを乗り継いでちょっとうろうろさまよって見つけた感じ。大きな通りでなく、ちょっと裏道に入った通りにあった。


オフィス内は、そんなに大きいスペースではなかった。


上の写真を拝見すると、こんなにたくさんのスタッフはいなかったような・・・
そんなに大人数を収容できるスペースではなかったような・・・

これは非番などローテーション込みのメンバーなのでしょうね。


グラインドボーン音楽祭は、かなり英国貴族社会風な、とてもセレブな音楽祭でした。いい音楽祭でしたね。幕間のピクニック体験したかった。ボクの時は雨天だったので、敷地内レストランに変更になってしまいました。また行きたいです。


パリ支社はもっと波乱に満ちた出会いでした。(笑)


海外赴任でヨーロッパに住んでいた時代を含め、そして昨今の海外旅行含め、いままでスリというものを体験したことがなく、自分にちょっと自信を持っていたとき・・・やられました。(笑)


まさにスリの温床のパリで洗礼に会いました。


パリからアムスへ列車で行こうとしたとき、その乗車駅のNord駅でやられました。体にたすきがけにかけていたバッグをそのまま持っていかれました。


”ジャム野郎”の手口で・・・


もうそこから駅のポリスステーション、パリの日本大使館と渡り歩き、いろいろ手続き。なにせパスポートは助かったものの、ノーマネーだったので、どうしよう、という感じでした。


結局助けてくれたのは、現地のパリ支社だった。


まず駅のポリスステーションで、クレジットカードをとめる作業をしたが難航。旅行会社に電話することを思い出し、現地のSOS窓口を教えてくれて、そこでカード会社の電話番号を聞いたら一発で全カード分わかった。すぐにかけて、全部ストップ。


そこからは調書取り。現地用語で、いわゆるポリスレポート。 

自分は日本人なので、英語で書かれたアンケート用紙に記入する。


住所、氏名、年齢、どこで起きたか?、スラれたもの(中に入っていたものなど詳細に。)、犯人像、など事細かく、7枚くらいあったんではないだろうか?


マークシート方式。


それを正式に警察が定型フォーマットにタイピングして印刷して、正式なポリスレポート(調書)として作成して、自分が何箇所にもサインをする。


警察用と被害者用があり、自分にもくれた。(あとで保険会社に請求するとき必要。) なにせ、かばんごとであるから、パスポート、現金、クレジットカード、そしてなんとカートをロックする鍵もその中に入っていた。このまま見つからないとカートが開けれなく、壊さないといけない。


もうため息というレベルではない。


まずは日本大使館に行け、と言われ、メトロのチケットを3枚余分にくれた。 そして日本大使館に移動。(結構距離的に離れていて、メトロ、徒歩と、この間の移動も結構恐怖というかスリリングでした。)


はじめてのフランスの日本大使館。

凱旋門の比較的近くにある。

入ると空港みたいにセキュリティチェックがあるのだ。
カートを通して、中身をチェックする。


その後に、普通の役所のようにガラス窓越しに美しい日本人の女性スタッフが2人いる。 用件を言ったら、あちらの部屋にどうぞ、と案内される。


ドアを開けると、また比較的広いスペースが広がる。
でも正直言って、パリの日本大使館は超狭い。

そこで、いろいろ説明を受ける。


特に現金をすられた場合の対応。一番ポピュラーで現実的なのが、クレジットカード会社による 「緊急キャッシュサービス」というもの。 クレジットカード会社に電話して、大使館そばの銀行へ海外送金してもらう、というもの。


その説明を受けた後に、日本の旅行会社から携帯に電話かかってきた。


私のバッグが警察に届いている、という情報。たぶん現金は抜かれているだろうけど、まずは一安心。いろいろ相談をした。旅行会社がお金を貸す、という。パリに支店があるので、そこまで移動してくれ、という。


パリ支店はオペラ座ガルニエ前のオペラ通りにある。

現金はないんですけど.....(笑)


でも迎えには行けない、という話。(がっくり)そこで、大使館(凱旋門)からパリ支社まで、重いカートを引きずりながら、歩くのかぁ~???(いま考えてもこれは無理。) 途方に暮れていたところ、大使館側の配慮でメトロのチケットをサービスしてもらった。


ここから最寄のメトロを使って、近くまで行って、そこから歩け、と。

これなら大丈夫。


なんとか、パリ支社にたどりつく。

大勢の女性スタッフと少人数の男性スタッフ。
パリ支社は、かなり広いスペースでとても綺麗なオフィスだった。

「お疲れ様、ご苦労様でした。」と一同からねぎらわれる。

「お水を一杯どうぞ。」


これがどんなにうれしかったか!!!朝6時から水も一滴も飲まずに休まずに動いていただけに.......


そして、すぐにバッグが届けられている警察にピックアップしに行く算段。 地図とパスポートと現金少々を携えて、再びその警察に行く。 その駅に着いてから地図を見るんだが、これがよくわからなくなかなかたどり着かない。 人に聞きまくって、ようやく警察の場所がわかった。


見張り番の警官に事情を説明したら、「ブラッグバッグ?」と言われ、あ~ちゃんと届いているんだな、と確信。 でも問題はここからだった。


受付のおばさんに、事情を説明して、「ピックアップしにきた。」と説明したつもりだったのだが、英語の下手なフランス人には通じていなかった。(オレの英語が下手なのか??)


ふつうにポリスレポート(調書)をとる算段に入った。


あれ?さっき駅の警察で作ったけれど....と説明したのだが、ここでも作る必要があると、言ったかどうか、英語が下手すぎてよく聞き取れなかった。(しかたなく従ったが......)


ここで出てきた調書は、日本語バージョンであった。
やっぱりパリはスリの日本人被害者が多いからなんだろうな、と思った。

仕方なく、またアンケートを記入。
 

ここからひたすら退屈な待ち時間。
2~3時間くらい待ったと思う。

警官がやってきて、ようやく面接・尋問が始まった。

まさか自分が入るとは思ってもいなかったパリの警察署での取調室の一室.....(笑)


10畳くらいのスペースで、窓はない。オフィス用のフリーデスクにパソコンが置いてあって、警官と面向かって座る。さっき書いた調書を見ながら、警官はパソコンに打ち込んでる。(要は清書用調書作成のため。)


そしてその項目ごとに質疑応答、状況説明など。


結構長かった。警官はパソコンのキーボードがあまり打ち慣れていないようだった。
 
「ハイ、これでおしまい。」

と言われ.....


「へっ???」


「私のかばんは???」

「そんなものはない。」

「えーーーー!!(驚)」

警官はまったく認識していない。

話が通っていない!!!


警官は、「Youに連絡してきた旅行会社が、Youの宿泊ホテルから連絡があった、というなら、そのホテルにもう一回確認してみろ。ここには君のバッグなどない。」


「はぁぁぁ~。」


それはおかしい、とかなりすったもんだして食い下がったが、警官は、いったん引き下がって仲間に確認してくれたようだったが、戻ってきて、「やはりバッグはここにはない。」と言われた。


もうどん底に落とされた想いだった。また振り出し???


旅行会社にもう一回電話して確認してもらったが、やはりここに届けられている、という情報。 そこで、警官をさっきの門番のお兄さんのところに連れて行って、このお兄さんは認識しているよ、と再度食い下がる。


そうすると2人でフランス語でやりとりをして、もう一回その警官は奥に引っ込んでいった。 結構時間がたったが、「Youのかばんは、ここにあった!」とバッグを見せてくれたときはホントにひたすら安堵。


やっぱりフランス人、いい加減。(笑)
カバンがちゃんと出てきたこと自体ラッキーと思わないといけないか。


それでまたパリ支社に帰り、即座に今日アムスに行ってRCOの公演を聴けるかどうかの検討。時間的に無理だった。


しかたなく翌日のアムス行の航空券を発券して、パリの緊急のホテルも取ってくれた。 パリ支社の男性スタッフに、「ふつうパリでスリに会った日本人観光客はみんな暗い面持ちなのに、ノンノンさんは明るくしっかりしているので安心しました。」と言われました。


まさに旅行会社が現地にあって、そのお世話になれたから、こんなにスムーズに行ったのだと思う。 もしこれを全部自分でやるとしたら、パリの街に路頭に迷っていたと思う。


もうパリ支社は、まさに人生の修羅場、危機を助けてくれた大恩人なのである。スリにあってノーマネーの状態で、重いカートを引きずりながら、ようやくパリ支社にたどり着いたときのあの温かい雰囲気、自分の傷ついた暗い心を明るく迎え入れてくれたときのいかに救われた気持ちになったことか。。。


日本側の女性スタッフも、自分のこの一件の方がつくまで、オフィスで緊急事態ということで、残業してくれていた。つねに日本の旅行会社に連絡を取りながら、いろいろ動いていましたから。


自分の記憶では、おそらく日本時間の夜中0時を回っていたと思う。

あのときは、本当にご迷惑をおかけしました。(笑)


現金だけだったから、まだ幸運でしたね。パスポートやられたら、結構面倒くさいです。日本人のパスポートって、パリでは結構狙われやすいとか。金になるとか。


SNSで友人がパリでパスポート、キャッシュもろともやられて、もうサバイバルで復旧作業、帰国する体験をよく見ているので(笑)、大変だなぁといつも思います。


そんな、自分が忘れようにも忘れることのできないH.I.S.ロンドンとH.I.S.パリ。
彼らのTwitterでの投稿を見ると和みます。


いまコロナ禍で大変な旅行業界。ましてやHISは、国内というより海外旅行がメインの旅行会社。海外旅行がまったくダメな昨今、相当ダメージを受けているのではないか、と相当心配しています。


去年の3月頃にコロナ禍が始まったときから、ずっと心配しています。
最悪なことだけは避けてほしいと願っています。


そんな悲しい昨今の状況のニュアンスも醸し出しながら、ちょっと旅行チックなところにも触れてくれていて、彼らの投稿は和みます。


ちょっとさわりをご紹介。


H.I.S.ロンドン


写真に写っている渡り廊下みたいなのは、どこからどこへ繋がっているんだろうと通る度に疑問に思いつつも、未だにわかりません。青空広がる夏のイギリス。イギリス国旗の写真をみていると、また夏がくるのが楽しみです。


EsMIZUrXEGQeXMI.jpg


コヴェント・ガーデン駅前ロンドンの中心地にあるショッピングエリアです。ロンドンの地下鉄駅は、このように外観が可愛いところが多いです。駅が作られた時からずっとこの外観なのか、いろいろ考えながら駅を見るのも楽しいですね。


EsF2O4sWMAY_dDk.jpg


H.I.S.パリ


先週土曜日から、感染対策が強化されフランス全土で18:00~6:00は外出制限となりました。写真のオペラ大通りは、通常たくさんの観光客やパリジャン達で賑わう場所なのですが、さびしいですね。実は少し雪が降った後の様子です。暖冬だと思っていましたが、少しだけパリでも雪を見ることができました。


EsBqRuDW8AggO6W.jpg


パリのメトロの駅にこんな掲示を見つけました。"マスクは義務、鼻も口も覆いましょう"。マスクの習慣がなかったフランス人ですが、すっかり外出時の習慣になりました。でもたまに鼻出しマスクの人も…。マスクなしは135€の罰金です。ゴミ箱にMerci(ありがとう)の表示も以前はなかった気がします。


EsMgRGNW8AMvleR.jpg


EsMgRGtWMEgoX7s.jpg


現地に住んでいるからこそのニュアンスたっぷりのレポート羨ましいですね。
また無性に海外旅行に行きたくなりました。


いまヨーロッパは、日本以上にコロナ深刻ですが、このツィートを眺めてみると、そんな悲壮感はあまり感じないんですよね。



旅行の手配は、もう個人の好きなように自由です。本当に旅行マニア、旅行好きの人なら、全部自分で個人手配することが、またそれも楽しみのひとつですから、そうなさるのもよいか、と思います。


自分は、そうしてもいいけれど、やっぱり旅行会社にお願いするのが安心で、そちらの道をとっています。


保険、インシュアランス、現地でのトラブル対応など、やっぱり旅行会社経由のほうが、なにかとサポートが厚く、いざというときは安心だし、助かりますね。特にHISのように世界中に現地支社がいて、日本人スタッフが常駐しているのは安心です。


自分の場合、エアー、宿泊、コンサートのチケット諸共、全部パッケージでお願いしています。もちろん旅行会社が企画するツアーパッケージに乗ってもいいですが、自分はエアー、ホテル、チケットだけお願いして、あとは自分の好き放題にさせてもらう感じです。


そこはもう全然フレキシブルです。


昔は、HISの中にそういうクラシック音楽ツアーを企画する部隊がいて、そこにお世話になっていたのですが、その後、別会社として独立。株式はもちろんHISが持っているのですが。。


まさに海外のクラシック音楽ツアーをやるためだけの専門会社です。


QUALITA音楽鑑賞専門デスク
https://www.qualita-travel.com/music/


自分が、海外音楽鑑賞旅行と称して、海外のコンサートホール、オペラハウスを巡って、その現地の公演を楽しむ、現地に行かないと会えないスターたちの公演を楽しむ、という企画をやりだしたときからずっとお世話になっているところです。


まさに自分の海外音楽鑑賞旅行は、このクオリタ音楽鑑賞デスクなしではあり得なかったです。毎年行ってましたからね。(笑)あの頃は金持ちだった。


毎年行っていたから、その年の旅行が終わったら、翌年の計画をまたコンシュルジェ・スタッフに相談するんですね。


コンシュルジェ・スタッフはほとんど女性スタッフが多いですが、男性スタッフもいます。旅行はやはりこの計画を立てているときが一番楽しいですね。


もちろん自分が企画を立案します。大体1年前から通達しておきます。(1年前にはどこに行くかすでに決まっているのです。)


最初は緩くですが、半年前あたりから、結構慌ただしくなり、チケット発売日直前になると緊張感が走り、かなり緊急になります。


チケットは、もちろん自分がネットで個人手配することも多いですが、自分でやるか、旅行会社にお願いするかは、その公演などのケースバイケースですね。


争奪戦など難易度の高いチケットは旅行会社にお願いすることが多いです。


チケット手配はいろいろな想い出いっぱいですが、やっぱりマーラーフェスト2020でしょう!20年、30年に1回のフェスト。絶対失敗は許されなかった。しかもレアなフェストなので、情報もあまり出てこず、チケット発売日ギリギリの直前までほとんど情報が出てこなかった。


そういう状況だったので、自分はイライラしてしまい、そのときはスタッフが男性だったのでかなり厳しくハッパをかけました。(女性スタッフならまずやらなかったと思います。反省しています。)


そうしたら、数日後に、10曲のマーラー交響曲のうち、3番と9番は完売だけれど、残りの8曲をセット券という扱いで、1st Categoryでまとめて購入というのでどうだ?という交渉を勝ち取ってくれたのです。


それもチケット発売日の1週間前にです。


向こうのコンセルトヘボウ、マーラーフェスト側との直接交渉でないと、絶対あり得ない交渉結果です。ふつうの個人手配だど、なにせ10曲もあるマーラー交響曲ですから、1曲づつ購入手配とか時間がかかってしまう。


全曲セット券というのは、別途ありましたが、それがすでに完売のあとでしたから、こういう8曲セット券で、という中途半端な交渉も、直接交渉してくれたから可能だったのだと思います。


さすがプロ!と唸りました。


こういうところは、普通の個人手配ではなかなか難しいところで、特にマーラーフェストは難易度が高く、争奪戦と思ったので、最初から旅行会社に全公演お願いするつもりでした。


だから自分でやるか、お願いするかはケースバイケースなのです。


旅行会社から”チケット手配できました。”というメールが届いたときのあの毎回の嬉しさはハンパないです。最高の気分です。それで1日はボーっとできます。


マーラーフェスト2020は、自分が3年間予算確保して徹底的に準備してきた企画でしたから、チケット発売日より1週間前に、すでに8曲を確保できた、というのは、本当に心から安堵できました。


さすが頼れる兄貴という感じです。
やっぱりプロだなぁと思いました。


1年も前から、つぎの旅行計画のために、念入りにスタッフとメールや電話で計画を煮詰めていくのです。もちろん海外でクラシック音楽を楽しむ、ということがメインですから、本当に最高に楽しいです。


この計画を詰めていくという作業でスタッフとの距離感が近くなります。もちろんコンサートだけではなく、いろいろなクラシックに纏わる聖地巡礼もふくめ、いろいろ相談します。


もちろん自分の予算との兼ね合いで、いろいろスタッフと調整します。
これも大事なことです。


いままで一番高額だったのは、2013年のルツェルン・ザルツブルク音楽祭ツアー。もう天文学的な数字でとても人に言えないです。(笑)


まさに自分のパートナーなんですね。


いつも自分のmixiやブログで得られた結果の華々しい事象だけをお伝えしていますが、その陰にはスタッフの努力の賜物があるのです。


表で見えないところで、支えてくれる功労者なのです。


自分の海外音楽鑑賞旅行は、彼らの力なくして成り立たないです。

ここに改めていままでの感謝の意を表したいと思います。


いままでmixiというローカルなSNSだけで日記をリリースしてきましたが、それをブログである”ノンノンのブログ”をスタートさせた理由は、このいつも大変お世話になっている旅行会社スタッフに、結果である旅行の現地の様子を絢爛豪華な写真付きで報告したい。読んでもらいたいというのが1番の目的だったのです。またそれが今後の業務に参考になったら、尚更ということもありました。


ブログだったら誰でも見れるパブリックなメディア媒体ですからね。
そういう理由からノンノンのブログをスタートさせたのです。


それが真相です。


1年前からメールと電話で、煮詰めていきながら、出発日の数日前に、直接オフィスでコンサートチケット、エアーチケット、諸々のものを説明を受けながら手渡ししてもらいます。


このときにコンシェルジェ・スタッフと直接お会いします。
このときが最高に嬉しいです。


いままでの苦労が笑顔で救われるのと、さぁこれからいよいよ本番だな、と気合が入る瞬間でもあります。


自分を担当してくれたスタッフは、いままで5人(女性スタッフ4人、男性スタッフ1人)。もちろんお名前とご尊顔はしっかり記憶しています。


クラシック音楽の海外ツアーは、もういろいろなやり方があって、本当にその方のご自由な世界です。でも自分は、このスタッフといっしょに旅行を作り上げていくというやり方が自分に合っていていいですね。自分だけじゃなくて、いっしょに達成した、という共有感が得られる感じが好きです。


コロナ禍でみなさんたち、どのようにお過ごしになられているのでしょうか・・・?

まさに試練だよなぁ。


お声をかけるのも忍びない、という感じです。

なんとか頑張ってサバイブしてほしいものです。


いままで国内旅行は、自分でネットで交通手段、宿泊を全部手配していましたが、今後はHISでやろうかな。少しでもお金を落とす、という行為が、いままでお世話になった恩返しというものではないか、と思うからです。


なくなってしまうと、いままでの自分の血と涙の汗の結晶が全部崩れてしまいそうで、それだけはあってはいけないことだと思っています。







 




nice!(0)  コメント(0) 

ヤノフスキのベートーヴェン観 [ディスク・レビュー]

もともと、この1月10日にリリースされたばかりのヤノフスキ&WDR響によるベートーヴェン交響曲全集のレビューをおこなおうとして日記にする予定で、書いていて思わずヤノフスキ全般のことに広がってしまい、仕方がないので日記をふたつに分けることにした(笑)というのが真相である。



502[1].jpg


ベートーヴェン交響曲全集 
マレク・ヤノフスキ&ケルンWDR交響楽団(5CD)



DSC05505.JPG


DSC05508.JPG



ご覧のようにレーベルはPENTATONEである。ちょっと不満なのは、ふつうのPCM 2ch ステレオなのである。しかも、先売された第5番、第6番はSACDだというのに、全集のCD-BOXになった途端、CD全集となってしまった。


これはあまりに残念だよね。


ヤノフスキでPENTATONEとこれば、絶対にSACD5.0サラウンドだ。いままでヤノフスキの全集といえば、ベルリンフィルハーモニーでのワーグナー全集BOX、ジュネーブ・ヴィクトリアホールでのスイスロマンドとのブルックナー全集BOX、いずれも看板のSACD5.0サラウンドでの全集である。


しかもベートーヴェンイヤー250周年を祝してのアニバーサリーイヤーでのリリースなら尚更、看板のSACDサラウンドでリリースするべきではなかったか?


いろいろ推測したりする。このコロナ禍、メジャーレーベルでも苦しい経営を余儀なくされている昨今、マイナーレーベルは、さらにその経営難の厳しさを増すであろう。


SACDでリリースするのはコストがかかりますからね。


そういうコスト面からの理由であるならば、事情はよくわかるにしろ、でもやはり悲しい。クラシック界の王道中の王道であるベートーヴェン交響曲全集をPENTATONEからリリースするなら、ぜひSACD5.0サラウンドでやり直してほしいものだ。


WDR.jpg



当録音は2018年10月から2019年11月にかけて、当団の本拠地ケルン・フィルハーモニーにて収録された。ヤノフスキのベートーヴェンといえばNHK交響楽団とで、第3番「英雄」そして第九演奏会を披露して話題となった。


また、2019年11月のケルンWDR交響楽団とも来日公演をやっており、第6番「田園」を披露した。その圧倒的な統率力とパワフルなエネルギーの中にも繊細な響きを作り上げる巨匠ならではの演奏を聴かせてくれた。


その当時は、ヤノフスキと良好な関係にあった日本クラシック音楽界。


いつでも実現できるような気がして、特に足を運ばなかった。東京・春・音楽祭で圧倒的なエンターテイメントを繰り広げてくれるから、という本筋が待ち受けているという自分の想いがあったことも確かである。でもまさか、まさかのコロナ禍な世の中になってしまい、もうこんなに遠い世界になってしまうとは・・・


本当に行かなかったことをいますごい後悔しています。

マエストロももう80歳を超える高齢だし、いつ再会できるか・・・


東京春祭のパルジファルも本当に大期待だけれど、果たしてきちんと来日できるのか・・・など、不安いっぱいである。


そんな中で届いたヤノフスキの渾身のベートーヴェン交響曲全集。

しっかりと楽しませていただいた。


録音は、2chステレオとしても十分な高音質なサウンドで自分は満足することができた。オーケストラとしての基本である厚みのある音、音像の明晰さ、音場の広大な感じもよく表現されていて、とてもいいステレオ録音である。


ヤノフスキのベートーヴェンは、前日記でも書いたとおりの内容を地で行くヤノフスキの音楽の作り方そのものであり、引き締まった音で、明晰で快速テンポでサクサクと進む感じで切れ味鋭いけれど、男らしい雄大なベートーヴェンとも言えるような出来具合にもなっていた。


非常に引き締まっていて、切れ味鋭いですよね。
ヤノフスキ・テンポでヤノフスキの音楽だなぁと思いました。


ここは鳴らし処と思ったところは、極端なまでにダイナミックレンジを深く、その全レベル幅を使い切った録音の仕方をする。特に意表をつかれ、こういう音の収め方、表現は普通はしないよな、と思ったところに第九でティンパニーを思いっきり前へ前へ出すような大音量で録っているところだ。


こういう第九はあまり聴いたことがない。そしてまさに疾風のごとく超高速で駆け抜ける第4楽章のエンディング。いやぁヤノフスキ先生もなかなか個性的である。N響との第九公演ではその解釈に賛否両論で物議を醸した、というようなことをSNSで読んでいたが、なるほど、このことか、と思ったこともある。


自分は第1番から第9番まで、すべて自分の好みで大好きな演奏であった。非常に男らしく雄大でありながら、切れ味鋭い、そんなベートーヴェンである。


王道の演奏だと思う。


1,2番もいいし、特に2番は大好きですね。3番は最高、4番もいい。5番は一番大好きで最高。6番、のだめ7番もいい。8番は1番小さな小品だけれど、じつはこれはベートーヴェンのあまり公にできない女性との恋について書かれた作品で、最近自分のマイブームなのである。いいな~とほのぼの感じ入ってしまう。そして第九はなにをや況やである。


みんな好きだったけれど、第3番「英雄」が特に素晴らしい。


N響との日本公演でも「英雄」を取り上げており、マエストロにとって第3番「英雄」はとても大切な曲なのである。


「エロイカ」は、「19世紀の「春の祭典」」だと私は考えています。ストラヴィンスキーの「春の祭典」が20世紀初頭の爆弾だとしたら、「エロイカ」は19世紀の交響曲の爆弾です。交響曲の歴史でこれほどの飛躍を遂げた曲はありません。作品の長さだけでなく、特に第1楽章の展開部など、対立する主題が弁証法的に高まっていく様は驚くべきものがあります。それから、第2楽章の葬送行進曲におけるとてつもない表現。まさに19世紀初頭から未来を指し示した作品なのです。


とにかくヤノフスキ先生らしい、非常に切れ味鋭い男らしいベートーヴェンだったので、やっぱりSACD5.0サラウンドで出してほしかったな~と思うところです。


ベートーヴェンの交響曲全集という王道中の王道を、SACD5.0サラウンドで収録している録音というのは、あまりないのではないでしょうか?


それをPENTATONEがやらなくてどうする?

という感じなのだが。。。(笑)





nice!(0)  コメント(2) 

ヤノフスキの音楽観と絆 [クラシック指揮者]

自分はクラシックの世界に入っていくとき、カラヤン&ベルリンフィルを基本として入門した。まさにクラシックの魅力をアナログレコードを通して、一般大衆に普及させた、その功労者、第一人者といっていい。


35年間に渡って、ベルリンフィルの芸術監督、首席指揮者に君臨し、まさに”帝王”の呼び名を欲しいままにした。


カラヤンの音源、映像素材、含め全部コレクションした。そしてその膨大な音源を徹底的に聴き込み、クラシックとはなにか、を勉強したのである。もうカラヤンについては、いままでの日記で数えきれないほど、いろいろなことを書いてきた。カラヤンのことを、それこそエピソードからプライベートなことまでいろいろ知りたい、そうやって勉強してきた。


カラヤンの音楽は、その完璧なまでに絶対的な美しさにあると思う。


もちろんアンチカラヤンの声もよく理解できた。表面的な美しさだけで、中身が乏しいとか、レガートを強調する、いわゆるカラヤン節が嫌いで嫌いで仕方がない、ここまで爆音の鳴らし過ぎ、もういろいろな意見を拝聴してきた。


彼らの言うことはもっともだと思うし、よく理解できる。


でもそういう数多なアンチ意見をすべて受け止めたとしても、やっぱり自分にとってカラヤンが基本であることは、まったく揺るがない。


強いもの、頂点にあるものは、それだけ反するものも多く、それが共存して初めて正常な世の中なのだと思う。政治でもそうだけれど、一党独裁はあってはいけないし、常に二大政党、諸々に民主主義でないといけない。


そんなカラヤンをはじめ、過去の偉大なる指揮者はたくさん存在してきて、自分がクラシックに入門した当時は、その巨匠たちの音源、伝説などを徹底的に勉強した時期があった。そういう時期って必ずある。ロックやジャズ以上に、自分はクラシックにはそういう過去の巨匠、過去の名盤というのを徹底的にコレクションして、完璧なまでに勉強しないと気が済まない。。。そんな衝動にかられ、そういう夢中になる時期が必ずあるのだ。


それをやらないとなんかクラシックの領域に入ってはいけないような気がして、それがひとつの禊みたいな感じがしたものだ。クラシックは敷居が高いと思われるのは、そういうところが原因ということもたぶんにあると思う。


〇〇年の名録音、と呼ばれるものは徹底的にコレクションした。
そして聴き込んで勉強した。


もちろん過去の名盤、名録音の歴史的意義、重要性、そしてその骨董品を扱うように崇拝する気持ち、そういう過去の音源はとても人間の好奇心をくすぶるものである。


ところが新しい録音技術が発達にするにつれて、その過去の名盤を聴いても、それほど新人のときのように胸ときめくこともなくなってしまった。


いつぞやPENTATONEの新譜で、新進チェリストのヨハネス・モーザーがヤクブ・フルシャ&プラハ・フィルハーモニアとともに演奏するドヴォルザークのチェロ協奏曲を聴いたときのこと。


そのあまりに新しい音の世界に自分は心底魅せられた。


そして、このドヴォルザークのチェロ協奏曲の名録音として有名なカラヤン&ロストロポーヴィチの名演を聴きなおしてみたのだ。


聴いてげんなりした。


彼らの名演をそしるつもりはなく 録音された時制を考えれば、実に素晴らしいクオリティの録音だということに異論はない。


だが しかしだ。


しかし そのクオリティは 45年前にすでに明らかに聴きとれた。


「チェロ、そしてそれに伴うオケの音が、こんな風に録れてるなんて何と素晴らしい録音なんだろう!」と 45年前に思った以上のものが 新たには感じられなかった。


逆に 演奏がひどく色あせて感じられた。


モーザー&フィルハーモニアの「ドヴォルザークのチェロ協奏曲」には、1970年のカラヤン指揮ベルリンフィル&ロストロポーヴィチのDG録音の時点では捉えることができなかった「音のさま」がある。


新しい録音というのは、そういうものなのだ。


いままでの価値観を、すべてを吹き飛ばしてしまう可能性を秘めている。


その当時では最高の録音技術で表現されたものでも、それが何十年も経てば、新しい時代の録音技術は、その過去の録音を凌駕し、まったく別次元のもっと優れた、当時では考えもつかなかった表現を新たに可能にしてくれる。


あの当時あれだけ、鼓舞した録音にもかかわらず、いまの最新録音を聴くと、セピア色なみに色褪せてしまう。


「新しい録音を聴こうよ!」


である。


それが世の常というものである。


もちろん過去の名盤を徹底的に研究し、それが単に新しいというだけでは括れない独特の魅力を醸し出していることももちろん否定しない。そういう世界もある。クラシックの世界では特にそういう嗜好性はむしろ高いのではないだろうか。


自分はもちろんその気持ちもよく理解できるし、尊重する。


でも自分は基本は貧乏人なんだな。(笑)予算があれば、そして音盤をラックにしまっておけるだけの部屋のスペースがあれば、どんどん過去の名盤もコレクションするであろう。


でも自分の進む道はそういう方向ではないような気がするのだ。「新しい録音を聴こうよ!」のアプローチでいくことこそが自分のスタイルだと確信している。


ヤノフスキ先生.jpg


マレク・ヤノフスキという指揮者には、カラヤンのような過去の大指揮者たちに憧れるという類のものではなく、自分といっしょに同じ時代を生きてきて、同じようなタイミングでメジャーになって、一緒に育ってきた、という感覚がある。


キャリア的にも大巨匠の年齢だが、いわゆる大器晩成型である。


だから自分にとって本当に身近に感じてきた指揮者であり、リアルタイムでいっしょに感動を分かち合ってきた、そういう親近感がある。


そしてなによりもPENTATONEという最新録音を極める技術集団のレーベルで音源をリリースする。ここが一番自分との絆を感じるところでもある。(笑)


ヤノフスキの活躍がわが国、日本で注目され始めたのは、彼が芸術監督、首席指揮者をしていたベルリン放送交響楽団を指揮して、ベルリンフィルハーモニーでワーグナー主要10作品を演奏会形式で上演し、そのライブ録音をPENTATONEが収録し、それが非常に素晴らしく大きな評判を呼んだからであった。


それがきっかけで我が国でも東京・春・音楽祭でのN響&ワーグナーシリーズでもリング4部作の演奏会式上演でも指揮をして大成功を収める。


そしてワーグナーの聖地、バイロイト音楽祭でもリング4部作を指揮し、バイロイト・デビューをした。


いずれも自分は、しっかりと体験出来て、まさにヤノフスキといっしょに時代を生きてきた、という実感があるのだ。大巨匠だけれど、同じタイミングでメジャーになって、いっしょに育ってきた、まさにそんな感じがするのである。


こういうリアルタイムでいっしょに生きてきた指揮者こそ、自分にとって、ある意味カラヤンより、より親しみ、親近感がわくというものではないだろうか。


大指揮者、大巨匠だけれど、自分と等身大。
まさにそんな感じである。


ヤノフスキの指揮、彼が作り出す音楽をいままでの経験からひと言でいうならば、極めて引き締まった響きで明晰な音楽を造ることを信条としていて、恐るべく超快速テンポでクライマックスに向かってぐいぐいと引っ張っていく・・・こんな感じである。


ヤノフスキの音楽は非常に引き締まっていますよね。非常に引き締まった音をオーケストラから引き出すのに長けている指揮者である、と言えると思う。


ヤノフスキの音楽作りでとても特徴を感じるのは特にその明晰さにある。それはあらゆる声部が明確に聴き取れることを指している。彼にとって、感情表現も重要だが明晰さは更にその上をいく重要なことなのだと思う。


指揮スタイルとしては、非常に禁欲的で、派手なパフォーマンスとは無縁の玄人好みする指揮。指揮者からの余計な感情移入や虚飾をいっさい抑え、そういうスタイルながらも洗練されていますよね。


好きだなぁ。


そしてヤノフスキの音楽はとにかくテンポが速い。速すぎるくらい。
大体どの曲も快速テンポでぐいぐい引っ張っていく。

バイロイト音楽祭のときも、現地メディアはヤノフスキは速すぎる!というもっぱらの批評だった。


ヤノフスキの音楽は、引き締まっていて明晰で超快速テンポでぐいぐい、というひと言がすべてを言い表していると思う、本当に。


東京春祭でもヤノフスキの4年間が終わった後の、翌年のローエングリンでは、N響が全然鳴っておらず、大不評でしたね。やっぱりヤノフスキじゃないとダメだ、というもっぱらの批評で、トリスタンとイゾルテやパルジファルは、それでやはりヤノフスキの再登板なのかな、と思いました。N響とは定期公演でベートーヴェンの第3番「英雄」と第九も一緒しており、もうお互い運命の絆ですね。


1060a2efa62f9d1cb1f7eb56d2fbbe24-860x516[1].jpg


ヤノフスキ&ベルリン放送響に在籍したことのある女性ヴァイオリニストの立上舞さんのインタビューを聞いたことがある。


ベルリン放送響は、通常のコンサートであれば、大体リハーサルに3日間とるらしいのだが、このベルリンフィルハーモニーでのワーグナー演奏会形式のときは、1か月の長期間をかけてリハーサルに臨んだのそうだ。


そのワーグナープロジェクトのときに、オケの中にいた立上さんは、ヤノフスキの指揮について、こんな印象を抱いていたそうだ。


弦楽器や管楽器に対しても、ピアノをピアニシッモ、メゾピアノはピアノぐらいの音量で、大体音量は小さい方向に修正される感じで、全体の音量のバランスを取りながらリハーサルを進めていく指揮者という印象だった。


でもワーグナープロジェクトのときは、もっと弾け!フォルテを弾け、もっとフォルトを弾け、みんなを鼓舞する感じで大変驚きました。歌手の声をかき消さないように、オーケストラの音量を落として抑えるのが劇場でもあたりまえのことなのに、その逆のことをしているのがとても不思議だった。


小澤征爾さん、サイトウキネン、小澤音楽塾でオペラの勉強をしているときは、歌い手さんの声を消さないように、なるべく静かに、でも芯のある音で。そのアドバイスをつねに心に秘めながらリハーサルに行ったところ、


もっと弾け、もっと弾け、もっと弾けるだろう!こんなに弾いていいものなのか?これは歌い手さんの声をかき消してしまわないのかしら?と心配しながらも全力で弾いておりました。


とのことでした。これは面白いですね。(笑)


元N響オーボエ首席奏者の茂木大輔さんの「交響録 N響で出会った名指揮者たち」のご著書の中でもヤノフスキの指揮ぶり、音楽造りについて書かれています。


不愛想で仏頂面で、その冗談か本気なのかわからないニュアンスこそが「ヤノフスキ・ワールド」なのであった。


なんとなくその雰囲気がよくわかって大笑いでした。

好きだなぁ。

茂木大輔さんのこの本をぜひ買って読んでみてください。
最高に面白いですよ!


cd38f0820615c5a8c77e99ba4cb6b28d-860x516[1].jpg


ヤノフスキと自分の最初の出会いは、2011年と2012年のベルリンフィルハーモニーでベルリン放送響とワーグナー主要10作品の演奏会形式上演を現地で生体験できたことであった。


2011年6月の「ニュルンベルクのマイスタージンガー」と2012年5月の「タンホイザー」だった。こんな一大プロイジェクトを2公演も生体験できたなんて、本当に一生に宝物の想い出である。もちろんPENTATONEが収録していた。


「今日のワーグナー上演において、演出が過剰に発展し、音楽面が二の次になっていると感じられるからです。演出家の無茶な解釈に惑わされず、オーケストラと歌手だけで観客にワーグナーの考えたことを感得させる~この発想は、今日では逆に新しいのではないでしょうか。」


これが当時のヤノフスキのインタビューである。ワーグナーは演奏会形式こそ一番である。


主要10作品に登場する歌手はそれこそ、超一流のワーグナー歌手ばかり。ロバート・ディーン・スミス、クラウス・フロリアン・フォークト、アンドレアス・シャーガー、ニーナ・ステンメ、アネッテ・ダッシュなどなど、もう蒼々たる当代きってのワーグナー歌手である。


一流の歌手と契約しているそうですが、貴重なワーグナー歌手を揃えるのは大変でしょうね。 「彼らは揃えるのが大変なだけでなく、ギャラも天文学的数字なんですよ(笑)。実はこのプロジェクトのために、特別にスポンサーに付いてもらいました。そうでなければとてもできません。」


このヤノフスキ氏が言っているスポンサーというのが、いわゆるDLRと呼ばれているもので、ドイツの放送局が関連しているドイツ独特のビジネス形態なのだ。DLRという組織は、ドイツ内のクラシック音楽のさまざまな録音をコ・プロデュース(共同制作)している。


文字どおりコ・プロデュースというのは共同で原盤を制作するという意味なのだが、このDLRのコ・プロデュースは、作品のラジオ・オンエアを行う目的で、録音技術、録音スタッフ、場合によっては録音場所等を援助しながら制作し、作品のリリース自体は外部レーベルから行うという手法なのである。


つまり自分たちが放送媒体機関、つまりメディアであるが故に、そこでのオンエアをさせるために再生する原盤を作成させる援助をするということ。そして原盤自体は外部レーベルからさせる、ということらしい。


DLRのコ・プロデュースの多くは、ベルリン・フィルハーモニー、コンツェルトハウス・ベルリンと、ベルリン・イエスキリスト教会で行われている。


このDLRによるコ・プロデュースの最近での大きな成果が、じつはPENTATONEから出ているこのヤノフスキ&ベルリン放送響のワーグナーSACD全集なのだ。


DSC05518.JPG


このコ・プロデュースの背景には、DLRがRSBベルリン放送交響楽団、ベルリン放送合唱団、RIAS室内合唱団を運営するRundfunk Orchester und Chore GmbH (roc berlin)の一番の出資元であることがあげられる。roc berlinは、DLR(40%)、ドイツ政府(35%)、ベルリン市(20%)、ブランデンブルク放送(RBB)(5%)により出資されていて、だから、これらの団体は、ドイツの準公共放送オーケストラであるといえるのだ。


収録チームは、DLR側ラジオオンエア用録音スタッフとして、トーンマイスター、トーンエンジニア、トーンテクニックが参加し、PENTATONEよりプロデューサー、ポリヒムニアより、トーンエンジニア、トーンテクニックが参加するとても大きなチームであったが、すばらしいチームワークで、このワーグナーの大全集を作り上げたのだ。


PENTATONEは自社設立10周年の2011年に向けて、今までどのレコード会社も行っていなかった10作品のワーグナーの主要オペラの録音を、同一の指揮者、オーケストラ、コーラスで行うことを決めた。


ワーグナープロジェクトというのは、こんなクラシック業界でも一大プロジェクトだったのである。ヤノフスキはこのプロジェクトで一躍スターダムにのし上がり、世に名を知らしめた。ワーグナー指揮者として。


自分もニュルンベルクのマイスタージンガーとタンホイザーの2公演を現地で生体験できた。その日記は何回もアップしているので、ここでは本番ではボツになったお蔵入り写真をここでご披露しよう。当時のデジカメは性能が悪いので、解像度ボケボケでスミマセン。


まず


2011年6月のニュルンベルクのマイスタージンガー。


ここがベルリンフィルハーモニーの団員達が入っていく楽屋入り口。

042.JPG


この入り口に入ったところで、ホール・ガイドツアーを受ける人たちが待ち合わせる。ホール・ガイドツアーというのは、ホールの中をガイドさんが案内してくれるというサービスだ。ボクもこのサービスを受けてみた。


085.JPG


これがホール・ガイドツアーを受けているときに大ホールの左ウィングの席からリハーサルを見ているときの写真。このときヤノフスキ&ベルリン放送響はマイスタージンガーのあの有名な前奏曲を演奏していました。これが人生初のヤノフスキ生体験でした!


086.JPG


そしてマイスタージンガー演奏会形式の本番のカーテンコール。


054.JPG


このワーグナープロジェクトでは、ベルリンフィルハーモニーの大ホールのホワイエでは、こんな看板が立っていたり、グッズショップが開かれていました。


マイスタージンガーのとき。


052.JPG


タンホイザーのとき。


028.JPG


029.JPG


030.JPG


タンホイザーのとき、まだ開演前のリハーサルのときに、係員の目を盗んでこっそり無人のホールに入り込み、自分の座席であるこの最前列でタンホイザーのリハーサルを見ていました。ヤノフスキ・リハーサルの体験2回目。


031.JPG


タンホイザー演奏会形式の本番のカーテンコール。


040.JPG



懐かしいです。つい最近のときのよう。


まさか自分がバイロイト音楽祭に行けるとは夢にも思っていませんでしたが、その夢が正夢になったのも2016年8月のヤノフスキのバイロイト・デビューであった。運命の絆なんだな~。


「音楽だけに集中して舞台装置による解釈なしにワーグナーの楽曲の音楽的な質の高さを観客に伝えること。」と、演奏会形式のスタイルにこだわり続けてきた巨匠にとって、今回のオペラ指揮には、本人の大きな決断もあったようだ。


BR-KLASSIKでのインタビューで、ヤノフスキは、思わず本音で、このように答えている。 「自分も77歳。この機会を断ったら、あの音響が独特のオーケストラピットを味わうことは二度とできない。私は弱くなったのです。後悔はしていません。」


カーテンコールでの歓声は、もう間違いなく1番大きかったです。


相変わらず、控えめな所作であるけれど、この割れんばかりの大歓声・ブラボー、そして床の踏み鳴らしに、なにか自分が褒められているかのように嬉しく涙が止まらなかった。自分は惜しみない拍手をずっと送り続けていました。


ヤノフスキのカーテンコールは幕が閉まって、その幕の前に出てくるときなのだけれど、これが40枚くらい撮影しましたが、どれもピンボケでうまくいかず。このときの自分の一番の後悔でした。


一番最尾列の上階の席でしたので。しかも照明が暗いので難しいかな。その中でも、なんとか一番まともな写真をアップしますね。これも日記初公開です。


バイロイト音楽祭2016でのヤノフスキのカーテンコールです。


DSC05107.JPG


そして言わずもがなの2014年~2017年の東京・春・音楽祭のリング4部作。もうこれは説明不要でしょう。大感動の4年間でした。


ありがとう、マエストロ ヤノフスキ。
東京・春・音楽祭のFB公式Pageから写真をお借りしています。


12963696_1076453165710536_1921854958043813503_n.jpg


12924379_1073829942639525_3487530535437322665_n.jpg


12936735_1074065332615986_890271284227520965_n.jpg


12985603_1076453405710512_5368020769048879156_n.jpg


12991119_1076453485710504_7910765470685894162_n.jpg


12993374_1076453629043823_688013614015242825_n.jpg


13000118_1076453555710497_7094528949336331216_n.jpg


あと、ヤノフスキ&ベルリン放送響の来日公演も2回ほど体験しているんですよね。サントリーホールと横浜みなとみらいホール。


横浜みなとみらいホールでは、前半は河村尚子さんのベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」後半がベートーヴェン交響曲第3番「英雄」でした。


自分の周りにはとても河村尚子さんの大ファンの方が多かったので、この日は初めて河村さんの実演に接することができて大感動の日でした。素晴らしいピアニストだと心から感動しました。横浜みなとみらいはピアノの音がとてもクリスタルな響きで驚いた記憶があります。


結局、自分は生涯でヤノフスキの実演を8回も経験しているのです!

こんなに体験しているマエストロは他にいません。
自分の実演体験で最多出場なのです。

いかに自分と縁が深いか。。。


あとアラベラ・美歩・シュタインバッハーのPENTATONEのアルバムでもオーケストラ、指揮者として共演しているので、その回数分も加味しないといけない。


ヤノフスキは、伝統的なドイツ音楽における偉大な巨匠の一人であり、ワーグナー、 シュトラウス、ブルックナー、ブラームス、ヒンデミット、新ウィーン楽派についての解釈は、世界的に定評がある。


そしてヤノフスキは、根っからのオペラ指揮者であり、その意味ではドイツの指揮者としての王道を歩んできた人なのだ。現在ではコンクールや、その入賞後のコンサート活動などを通じて名を成していく人が少なくないが、かつては、特にドイツ語圏などでは、オペラのコレペティートル(歌手たちをピアノでトレーニングする人)から出発し、次にオペラの指揮に手を染め、様々な歌劇場での指揮者を経て、ある劇場の音楽監督に着任するという遍歴を重ねた後、やっとコンサートに指揮者として登場するというのが指揮者の進むべき道であった。そしてヤノフスキこそは、今では少なくなった、指揮者への王道を歩んで今に至った指揮者だったのだ、と言えるのであろう。


そういう意味でも自分のクラシック人生でリアルタイムで、いっしょに感動を分かち合ってきた指揮者でもあり、自分にとってはある意味、カラヤンより偉大な大巨匠であると断言してもいいのではないだろうか。


 



nice!(0)  コメント(0) 

私の音楽遍歴 [海外ロック]

自分はオーディオでもアナログレコードをまったくやらない人なので、手元にコレクションをほとんど持っていない。自分が社会人1年生になったときに、企業に勤めてお給料をもらえるようになってからは、全部CDに切り替えた。


だから持っているアナログレコードと言ったら、音楽、とくにロックに目覚めた1977年の中学1年生のときから大学卒業までの間にお小遣いをはたいて買ったものばかりである。だからそのレコードコレクションをいま見てみると、本当に懐かしいし、自分の青春の想い出がいっぱいである。


おそらく自分と同じ50年代後半の人なら、同じ音楽シーンを見てきているはずなので、共感してもらえるのではないか、と思う。


いまと違って、当時の洋楽シーンはとても狭いというか、夢中になるスターは決まっていた。


だから同じものを見てきているはずなのだ。

40年も前の昔に買ったアナログレコードである。
大体100枚くらいのコレクションである。


アナログを趣味にされているオーディオファンの方は、壁一面の大きなラックにびっしりとレコードコレクションが詰まっていて、高級なターンテーブルでレコード再生を楽しまれる。


いいな~、高級で優雅な感じで、いいですよね~。


どうせアナログをやるんだったら、そういう環境にならないと、素人じゃないんだから、どこか中途半端で、いまひとつやり始めようという気になれないのだ。予算もないし。経年というか時間がかかる賜物ですね。


でもいいタンテは欲しいかな、やっぱり。


そんな学生時代に買ったアナログレコード、いま考えると処分しないで本当に良かった。途中何度もその危機はあった。処分してしまおうかな、とか。。で。特に日本から海外へ居住を移すときとか、その反対とか、そのときは本気で処分しようか、と思った。


もうアナログレコードを再生することもないだろう、まさか、昨今こんなアナログ・リバイバルになるとは思ってもおらず。


いま考えればすっかりお宝である。


貴重なのは、当時の40年前のレコードには、レコードの”帯”というのがついているということだ。いま入手したくても、こういう当時の帯がついているブツはなかなか手に入らないだろう???


生き証人という感じである。


ところで40年間、まったく再生していないアナログレコードってちゃんと再生できるんですかね?(笑)経年劣化とかやはりあるんだろうな。やってみればいいが、やめておく。


社会人になってから、数年間、しばらくの間、音楽の世界から距離を置いていたブランク期間があった。社会人になってからは、東京に上京して親元を離れて1人暮らしでホームシックにかかってしまい、学生時代とまったく異なり、仕事のことで精一杯。毎日1日を生きていくことだけで精一杯だった。


食うことだけが唯一の楽しみだったかな。

音楽まで気が回らなかった。


やっぱり音楽というのは、精神的に余裕があるときじゃないと、鑑賞しようという気にならないものなんですね。自分の経験からすると。気分がLowのとき、落ち込んでいるときは、音楽を聴こうという感じにならないです。


やっぱり相乗効果なんです。気分がいいときに聴くから、最高なのであって。それはいま現在もそうです。仕事やプライベートの問題で落ち込んでいるときはオーディオ機器をオンすることはないです。部屋の中を静かにしておくほうが、精神健康上いいです。


悩み事がない、ある程度いい状態のときじゃないと音楽って楽しくないですね。


中1のときに、ビートルズ、ポール・マッカートニー&ウィングスからロックの世界に入って、大学4年生までロック一筋の人生。


社会人になって、ブランク期間があって、そこからややあって、クラシック・ジャズの世界に基軸を移した。湯水のようにお金つぎ込んで勉強しました。オーディオはもちろん、生演奏、コンサートに通いまくった。


自分は本当に音楽が好きで、人生の生きがいだったですね。音楽がなかったらいまの自分はありえないです。


これは、あくまで結果論ですけど、クラシック、ジャズ、ロック、そしてJ-POPも、壁をまたいであらゆるジャンルの音楽を勉強して聴いてきたのは自分の人生の財産だと思うんですよね。


いろんなジャンルの音楽を聴いてこれたというのは自分のひとつの強みになっているのでは、と思うのです。これは長い人生の中で別に自分で意図したことでもないし、計画的でもなくて、あくまで本当に結果論。


もちろん幼少時代からクラシック一筋、ジャズ一筋でも全然素晴らしい人生だし、専門的に極め尽くせる、そういう道も素晴らしいです。


でも自分は結果論的に雑種な音楽人生になったけれど、自分にはそれが似合っているというか、それが自分のいいところ、長所なのだと思っています。


今日40年間封開けずだった埃にまみれたアナログレコードをひさしぶりに取り出して自分の音楽遍歴について感傷に浸ろうという意図である。(笑)


懐かしような~って感じです。


中学1年の1977年から、大学4年の1986年の10年間の洋楽ロックシーンは、もう同世代の人は同じものを見てきているはず。そういうあういう世界でありました。


いままでビートルズ、ポール・マッカートニー&ウィングス、ポリス、スティングについては、日記で熱く語ってきているので、ここでは省略。


ジャム、スタイル・カウンシル、ポール・ウエラーについてはちょっとやはり語っておかないといけない。


自分は、アメリカン・ロックよりもブリティッシュ・ロックのほうが好きであった。英ロックにかなり傾倒していた。尖っている、ハングリー精神、音楽性、ファッション含め、つねに流行の最先端みたいなものをロンドンに感じていた。


英国発のロックバンドの辿る道筋というか、運命というのは、最初デビューのときはUKチャートで、もてはやされて話題沸騰になるのだが、それが数年後に、よりマーケットの大きい米USチャートの上位に認識されて独占したりして世界的に知名度が上がってくると、英国では見放されるというか(笑)、人気が落ち着いてきてそんなに騒がれなくなるということだ。


英国にはつねにそういう反骨精神があった。(笑)格好良かったな。


でもやっぱり当時の洋楽シーンは米のマーケットの大きさは、バンドにとってビジネス収入的に魅力満載であった。


自分のロック10年間は、英国発のパンク、ニューウエーブが最高潮のときだった。衝撃のセックス・ピストルズの登場以来、あんなに心が恐怖に感じたことはなかった。


もうこれから将来のロックシーンで、あの10年間ほどの衝撃のことはもう起こらないだろうと思うのだ。自分は本当に運がいいときに、そのときに巡り合えた。


テレビで映る、ロンドンのあのセピア色の街の景観に、髪をビンビンに尖がらせたパンクな人がその街中を歩くシーンに相当憧れました。


カッコいいな~って感じで。

ロンドンに相当憧れました。ロンドンにはそういう格好良さがある。


自分がその当時テレビで見たロンドンのパンク人入りの風景シーンを、いまネットで探してみるんだけれど、いい画がないんですよね。自分のあのときのイメージとピッタリくるのがない。だからやめておく。


学生時代にそういう経緯でロンドンに憧れていたので、社会人になって、ヨーロッパの放送関係の仕事をするようになって、ロンドンに住むことができるようになったときは、外面には出さなかったけれど、もう心の中でやったー!!!を10連発かましましたから。(笑)


憧れのロンドンに住める!

どんなに心ときめいたか。


パンク・ニューウエーブ ムーブメントのとき、最高に夢中になったのは、もうご存じのようにスティングのポリスだったが、この頃から、自分はスリーピース、3人編成のバンドってカッコいいな~と特別の想いを寄せるようになった。


ギター、ベース、ドラムスだけの最小単位の構成。本当に演奏技術、テクがないとトリオってバンドとして成り立たないと思う。


またトリオって肖像ポートレートもビシッと決まる格好良さがあるんですよね。絵になる。3人は格好いいです。4人、5人編成じゃこの格好良さは出せないんですよね。


ポリスの他に、夢中になった3人編成バンドがポール・ウエラー率いるザ・ジャム。


51V6Df8gAnL[1].jpg


IMG_20180404_170715-scaled[1].jpg


モッズとか言われていたジャンルで、いかにもブリティッシュ・ロックぽい汚い感じ(笑)でよかった。


学生時代、当時塾講師や家庭教師などで貯めたアルバイト代は全部レコード買うことに消えていった。そのためにアルバイトをやっていたようなものだった。


ジャムのレコードは当時こんなに買っていた!
この当時は燃えていたね~。


DSC05480.JPG


英国で大人気を博しながらも、その頂点で解散したジャムを経て、ポール・ウェラーが向かったのは、より幅広い音楽要素~ソウル、R&B、モダン・ジャズ~などを包括しつつ展開するスタイリッシュなポップス志向だった。もともとモータウンやモッズなどが好きなポール・ウェラーはパンクを経て、独自の音楽を目指したのだった。


このスタイル・カウンシルがまたカッコよかったですね。当時のお洒落音楽の代表格的な存在でしたね。一世を風靡していました。ポール・ウエラーは本当に気難しい人で、とにかく尖っていた。そこが格好良かった。



785[1].jpg
Cafe Bleu
Style Council



スタイル・カウンシルのアルバムと言ったら、もう絶対これなんですね。当時相当憧れました。ジャケットが最高に格好良くて、スタイル・カウンシルといえば、自分はこれを最高傑作に挙げます。”ホワイトハウスを爆撃”なんて曲もあって、ポールの過激なところが垣間見えました。シングルカットされたマイ・エヴァー・チェンジング・ムーズはいい曲です。



623[1].jpg
Our Favourite Shop
Style Council



スタイル・カウンシルがもっとも商業的に大成功したのが、このOur Favourite Shop。これは当時の自分はどう思ったかと言うと、確かに耳障りのいいヒット・ソングスばかりで本当にいいアルバム。でも当時の自分はやや不満だった。なんかポール・ウエラーが商業主義に走ってしまった感じで、こうじゃないよな~、もっと尖っていないと、と不満だったです。当時の自分は本当に生意気でしたね。粋がっていましたね。自分はスタイル・カウンシルは、やはり1作目のCafe Bleuがいいです。



スタイル・カウンシルのアルバムも当時こんなに買っていました。
宝物ですね。


DSC05490.JPG


じゃあ、ポール・ウエラー、ジャム、スタイル・カウンシルについては、これくらいにして、今日40年ぶりに埃の中から取り出したアナログレコードを見ながら、当時の音楽シーンについて感傷に浸りましょう。



DSC05441.JPG


この当時のロックシーンでは、三大ギタリストという命名をされていたギターの名人がいた。エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、そしてジミー・ペイジである。


エリック・クラプトンは、ギターの神様、スローハンドと言われていて、この3人の中で一番格が高いような扱いだったような気がする。ブルースを基本にしていましたね。子供だった自分は、このクラプトンのギター・テクニックがどれだけうまいのか、を知りたいと熱望していた。一番気になるギタリストだった。


当時の若輩の自分が思っていたのは、ギターがうまいイコール早弾きができる人という単純思考だったので、よくわかっていなかったんだよね。ギターのテクっていろいろな奏法がある訳で。。ジミーペイジはレッド・ツッペリンでカリスマだけれど、よれよれという感じだったし。(笑)


当時の自分が一番うまいと思っていた、つまり目も止まらない速さで早弾き出来るギタリストは、このジェフベックだった。このワイアードはその超早弾きが堪能できるベックの最高傑作だと思っていたのである。



DSC05442.JPG


クイーンは最近の映画のおかげでいまや若い人にもすっかり認知された超有名なバンドになりましたが、じつは彼らは世界の中でいち早く先に人気がでたのは日本マーケットなのでした。中学のときでしたね。「世界に捧ぐ」が世界で爆売れして認知されたのが衝撃だった。とにかくいままでのロックバンドにはなかったコーラスの美しさ、重厚さ、そして全員美形と来たもんだ。(笑)エポックメイキングでした。日本でのファン層は圧倒的に女性ファンだったような。日本の女性ファンが彼らをここまでビッグにしたのです。



DSC05444.JPG


ブリティッシュ・ロックではないけれど、ブルース・スプリングスティーンも自分の青春時代の輝けるロックスター。この「ボーン・イン・ザ・USA」が空前絶後の大ヒット。彼の代表作になった。まさにアメリカの国旗をジャケット写真に使い、当時のアメリカ・ナショナリズムを大いに刺激した。アメリカ星条旗にジーンズ。いかにもアメリカです。この当時はシルベスター・スタローンのロッキー4とかで、アメリカ国粋主義を煽る、すごい波動だった。アメリカ国民はみんなこういうのに弱いんだよね。ボクも大いに興奮し酔いました。(笑)


自分の大学の同級生の女の子は、スプリングスティーンのコンサートを生体験したくて、単身でアメリカに渡りましたよ。当時インターネットとかなかった時代だから、すごい勇気のいること。当時すっごいな~と思いました。一種の社会現象でした。



DSC05446.JPG


ダイアー・ストレイツも渋かったよね~。バンダナを頭に巻いて、いかにも職人という感じでした。このブラザーズ・イン・アームズが大ヒットして、一躍スターダムにのし上がりましたね。


DSC05455.JPG


自分はビートルズ派とローリング・ストーンズ派というなら、断然ビートルズ派なので、正直ストーンズのほうはあまり聴き込まなかったですが、でもこのタットー・ユーのアルバムは好きで買いました。



DSC05454.JPG


レッド・ツェッペリンは、もちろんロッキンオンの渋谷陽一氏がいたので、彼が、ツェッペリンの最高傑作は、天国の階段が入っているLed Zeppelin 4とか、他じゃなくて、もうこの「プレゼンス」が最高傑作という強い押しがあって、買いました。素晴らしかったです。



DSC05448.JPG


当時の洋楽シーンの大きな特徴にレゲエがすごいブームだったことです。ポリスのようにレゲエのリズムをロックの中に取り込む斬新なアプローチ(ホワイト・レゲエ)もあって、すごい注目された音楽でした。そんなたくさんのレゲエ・ミュージシャンが登場した中で、自分的にツボだったのが、このイギリスのレゲエ・ポップ・バンドのUB40。イギリスのバンドということもあって、気にいってました。



DSC05470.JPG


当時のレゲエ・ブームの中で、このサードワールドはかなり大ヒットしてました。
レゲエを聴くと、どうしても南国の海を思い出します。


DSC05462.JPG


プリテンダーズはシンガーが紅一点の女性だったのが人気で格好良かったですね。このバンドもUKバンドです。大ヒットしたこのアルバムのシングルカット曲が大好きでこのアルバムも買いました。


DSC05464.JPG


ロキシーミュージック、懐かしい~。(笑)ロキシーミュージックと言えばこのアバロンが代表作でした。確か美形の化粧する派のダンディな男性シンガーではなかったでしょうか???



DSC05459.JPG


スウィングアウトシスターのブレイクアウトは、いまでもラジオで流れてくるお洒落ソングの代表格ですね。若い方でもよく知っているのではないでしょうか?うろ覚えなのですが、隣のEveryThing But The Girlはユニット名が違うだけで、シンガーは同じだったような。その隣のトレイシー・ソーンもそうですね。この3枚は同じ系列だと思いました。(違ったかな?)イギリスのいまをときめくお洒落ソングでした。



DSC05457.JPG


ジョニ・ミッチェルは当時、自分が最も尊敬するシンガー・ソング・ライターでした。彼女の歌にはつねに知性を感じたものです。


DSC05469.JPG


ディープ・パープルは思春期の男の子であれば、必ず通る門ではないでしょうか?(笑)マシン・ヘッド格好良かったですね。武道館ライブのアルバムも買いました。


DSC05478.JPG


U2も自分のブリティッシュ・ロック狂時代の中で、もっとも熱く愛したバンド。凍り付いた寒色系のギターサウンドで、政治的なメッセージを好むかなり個性的なバンドでした。ポリスとU2は同時代に出てきたバンドで、この2つのバンドはもっとも熱く熱中しました。


U2も英国バンドの辿るパターンをそのまま歩んでいきました。UKチャートで人気が出ている頃が尖っていてよかった。米USチャートで認知されて世界的な名声、人気が出るのが、自分が社会人1年生のときのヨショア・ツリーですね。本当に最高のアルバムですが、これ以降どうしても商業主義に傾いていきましたね。



DSC05483.JPG


パンクは下手なバンドばかりなので、出始めの勢いだけで、あとは遠からず自然と消滅していくバンドが多かったですが、このクラッシュはちょっと違いましたね。演奏力も骨がありました。ロンドンコーリングが有名でしたが、なぜか自分が持っているアルバムはこれでした。


DSC05466.JPG


このときのロックシーンの大きなイヴェントとして、アフリカ難民救済の臨時バンドが組まれたことでした。UKのバンド・エイドと、USのUSAフォー・アフリカですね。まず、UKが最初で、その後US。これは結構ショッキングというか、かなり興奮しました。あの有名なバンドのスターたちが一堂に集まって、みんなで唄うなんて。ロック界のオールスターゲームですね。UKのほうはポリスのスティングとU2のボノが同じマイクで
歌っているなんて!と当時相当興奮しました。自分が持っているのはUKのほうです。


e3c90db1[1].jpg

UKバンド・エイド


usa-for-africa[1].jpg
USAフォー・アフリカ


DSC05472.JPG


100枚のアルバムの中には我らが日本のYMOもありました。(笑)
やっぱり当時の自分は3人編成というのに相当拘っていました。
YMOはカリスマありました。その後のソロはあまり聴いていないです。
ちょっと最近の坂本教授のアルバムも聴いてみたいです。


DSC05486.JPG


ここから映像素材。レーザーディスクとかビデオディスクというメディア媒体知っていますか?(笑)当時は画像圧縮という技術が確立していなかったので、画像信号をA/Dしたら、そのまま非圧縮のRAW DATAで媒体に記録していたんですね。だから大容量で、こんなLPサイズのでかいディスクに映像と音声を記録していた。その後MPEG2など画像圧縮技術が確立されて、CDサイズの12cmディスクに映像・音声を盛り込めるようになりました。


ポリスのシンクロニシティ・コンサートは、ロックのライブ・ビデオの中でも最高傑作だと思います。ゴドレイ・アンド・クレイムによる映像監修は最高。シーンによるカット割りとか、メンバーのステージパフォーマンスがうまく曲と同期してあってカッコいいなと思いながら、何回も擦り切れるほど観ました。


その隣のアラウンド・ワールド・ツアーはポリスの世界ツアーをステージだけではなく、プライベートシーンに至るまで追ったフィルムでファンには堪らないです。



DSC05489.JPG


なんと!ポール・マッカートニー&ウィングスのUSAライブのロックショー、レーザーディスクで持っていました。最近発見してBDで買いましたが、すでに昔に買っていたんですね。全然覚えていません。ポール&ウィングスといえば、このUSAライブです。


DSC05452.JPG


エリック・クラプトンが在籍していた伝説のロックバンド「クリーム」のレーザーディスクも持っています。やっぱり3人編成がカッコいい。



DSC05475.JPG


なぜか今井美樹さんのレーザーディスクも持っていました。(笑)
ぜんぜん記憶になくて覚えていません。(^^;;


DSC05477.JPG


森高千里さんのレーザーディスクも持っています。(笑)1993年のコンサート。これは覚えています。当時の森高さんはミニスカートの美脚がアピールポイントで、自分もそこに魅入られてしまい買ってしまったのでした。森高千里さんは、この頃より、いま最近の近影の方が全然いいですね。やっぱり女性アーティストは経年がいいです。



こんな感じでしょうか。。J-POPSも日常的に聴いていましたよ。宇多田ヒカル、ドリカム、山下達郎、竹内まりやとか。数えきれずたくさん。1999年の宇多田ヒカルの登場は、かなり衝撃でした。


洋楽でもロックに限らず、マドンナとかホイットニー・ヒューストンとかガンガンに聴いていましたよ。


ここで紹介したのは100枚あるうちの一部だけど、よく鮮明に覚えていました。
自分の青春時代を彩った音楽たちです。


やっぱり自分は音楽雑種なんだな、と思います。
またそれを嬉しく思います。財産だと思います。


ストリーミングが登場して、自分の音楽生活に激動の変化があったのは、J-POPSを聴くようになったことですね。大きな変化です。


もちろんクラシックが基軸ですが、これからもそれに制約されることなく、いろいろな音楽を聴いていきたいと思います。







nice!(0)  コメント(0) 

クール・ストラッティン 「美脚はこの人」 [ジャズ]

ソニー・クラークの「クール・ストラッティン」といえば、もうブルーノート・ジャズの中でそのインパクトのあるジャケットで、誰もが知っている超有名盤ではないだろうか?


img_0[1].jpg


ジャズの音楽レーベルとして知られる「BLUE NOTE」。その膨大な作品群の中で、特に日本人に親しまれているのがソニー・クラーク「クール・ストラッティン」(1958)。


サウンドはもちろん、“世界で最も有名な女性の脚”と称されるジャケット写真は、もうあまりに有名だ。そのジャケット写真には、ついつい惹き込まれてしまうほど魅力的で、ブルーノートのLPの中でこれほどカッコいいジャケット写真はないと自分は思う。


自分もジャズを勉強し始めたころ、このジャケット写真に強烈に惹きつけられ、思わずジャケ買い。なんとなくジャケットからして、音楽も相当カッコいい気がしたものだった。ジャズのLP/CDを買うなら、この有名盤は絶対避けることができないであろう。




003[1].jpg


クール・ストラッティン
ソニー・クラーク



なにせジャズを一生懸命勉強を始めたころだから、もうだいぶ昔で、購入したはずのCDはラックに埋まっており捜し出すのは大変なので、ストリーミングで久しぶりに堪能。



クール・ストラッティン.jpg


「クール・ストラッティン」(Cool Struttin')は、ジャズ・ピアニスト、ソニー・クラークの1958年のアルバム。


「ニューヨーク・タイムス」紙は「いつまでも残るハードバップのクラシック (enduring hard-bop classic) と評した。The Stereo Times によると、このアルバムは「ハードコアなジャズ愛好家たちの間ではカルト的といって良いほどの位置づけを得ているとしており、オールミュージックも、「その魂への訴えかけだけで」そのように扱われるのに十分だと述べている。


オリジナル盤は、1958年にブルーノート・レコードからLPとして出され、その後はCDで何度となくリイシューされており、その際にはボーナス・トラックが2曲追加されている。


超久しぶりに聴いたら、懐かしい~!


ジャズ・カルテットなのかな、基本のジャズピアノトリオにトランペットかサックスが加わっているそんな構成。最初のタイトル曲を聴いただけで、じ~んといい曲。ジャズは、やはりスイングする感じでカッコいい。


そんな超有名盤であるが、やはり気になるのは、このジャケットの女性の美脚は誰のもの?ということだ。こんな記事を見つけた。これを読んで、自分の積年の疑問がすべて解決した。


引用元:日本で最も愛された「ブルーノートの女」
https://www.arban-mag.com/article/33363


ブルーノート史上最もクールな女子ジャケを選ぶなら本作だ。


“気取って歩く”という意味の “Strut” を冠したタイトル通り、舗装路を優雅に歩く女性の一瞬を捉えた写真は、まずその構図が秀逸である。


この脚は誰のもの?


img_0[1].jpg



このジャケ写の撮影者は、ブルーノート・レーベルに多くの名ショットを残したフランシス・ウルフ。デザインはリード・マイルスである。この2人が本作のための撮影を試みた際、なかなかいいアイデアが出ず、昼食のためにレストランに向かった。その途中、女性アシスタントに歩いてもらい、撮影した1枚が使われたという。


Jazz History Onlineなどのサイトを確認してみると、あの美脚は、レーベル創始者アルフレッド・ライオンの二番目の妻となる、ルース・メイソンであるらしい。


よくよく考えれば、現場で忙しなく動かなければならないアシスタントが、わざわざヒールのあるパンプスと、動きを制限するようなワンピースを選ぶとは思えない。アシスタントというよりも、単に撮影に付き添っていたルースの脚線美がフランシスとリードの目に留まり、ハプニング的に起用されたのではないだろうか。


しかし、2年後に発売された、ザ・スリーサウンズの「Moods」(1960年)では、ルースが主役として抜擢されている。 睫毛にマスカラを付け、唇にはルージュを引いたルースは、恍惚とした表情を浮かべている。


MI0001594646-300x300[1].jpg


~このルースこそ、クール・ストラッティンのジャケットの美脚の女性なのである。初めて尊顔を拝見しました。


このジャケ写が扇情的(しかも1曲目が「ラブ・フォー・セール」)だということで、発売当時は物議を醸したそうだ。しかし、どうして本作にルースが選ばれたのかはよく分からない。単にプロモデルを雇う予算がなかっただけなのか、あるいはアルフレッドが “自慢の彼女”を見せつけたかったのか。いずれにしても、本作の6年後にアルフレッドとルースは結婚し、晴れて夫婦となる。



日本での人気と再評価


そんなルースの美脚を主役に立てた「クール・ストラッティン」だが、ファーストプレスはたったの1000枚。しかも、かなりの枚数が売れ残ってしまったという。一方、日本では長らく「ジャズ喫茶で最もリクエストの多いアルバム」としても知られる人気作。いわゆるビッグ・イン・ジャパン的な一面もあるようだ。


ソニー・クラーク本人は、1963年1月にヘロインの過剰摂取によって、31歳という若さで他界してしまう。それから20年以上を経た1986年、ふたたび「ソニー・クラークとルース」が脚光を浴びることになる。山梨県の山中湖畔で開催されたマウント・フジ・ジャズ・フェスティバルで、トリビュートバンドによる「クール・ストラッティン」の再現ライブが行われ、会場にはルースとその夫、アルフレッド・ライオンの姿があったのだ。


ステージで「クール・ストラッティン」の再現ライブが始まると、オーディエンスのどよめきが起こり、猛烈に盛り上がったという。期せずして“自分の脚”が起用された作品を、遠く離れた異国の地で耳にしたルースの胸中には何が去来しただろうか? 


この翌年にアルフレッドは他界。彼と30年以上連れ添ったルースが息を引き取るのは2011年である。その間、彼女は「クール・ストラッティン」撮影時の若き日々と、マウント・フジ・ジャズ・フェスティバルでの熱狂を忘れることはなかっただろう。



まさに自分が長年憧れていたこのジャケットの美脚は、ルースという女性の脚であったこと、そしてこの「クール・ストラッティン」という有名盤がある意味「ビッグ・イン・ジャパン」的なところがあったということを改めて勉強させていただきました。


そこで、なんと自分は、


史上初「クール・ストラッティン」MV登場!~解答編「美脚はこの人」


というYouTubeを見つけてしまったのである!


ジャズの超有名アルバム、ソニー・クラーク「クール・ストラッティン」のジャケット写真をモチーフにした、史上初のミュージック・ビデオ「クール・ストラッティン」である。


えっえっえっ~~~~!


あのルースが歩いているところの動画が見られるの?
自分は色極めだった。

もうびっくりして慌てて再生。


そうすると、なんと!あのジャケットの写真と全く同じヒールのあるパンプスと、黒のワンピースの美脚が動いているのである。あのジャケットと全く同じ構図である。


そしてその後には、その黒のワンピース姿の女性の全身のシーンが歩いている姿も!


えぇぇぇ~(驚)


立ちながら新聞を読みながらチラ見している黒人の男性、なんか周りの街の風景も当時の時代背景の雰囲気いっぱいである。


もちろんモノクロ画像だ。


おぉぉぉ~!


その後・・・・・

「田中理恵です。」

・・・・・・


笑笑笑。。。


なんだ!おまえかよ!(笑)

いやいやいや、暴言ゴメンナサイ。

もう全然最高!


元体操選手の田中理恵さんだからこそのスタイルの良さと、その美脚。
もう全然自分は、本物と間違えました。


ジャケット写真の静止画から、その構図からそのままその美脚が動き出し、闊歩している 姿、あの美脚を撮るアングル&構図、まさに本物そっくり。


もう最高の史上初のミュージック・ビデオ「クール・ストラッティン」です!

こういうセンス大好きだなぁ。
本当に史上初の試みのMVでしたね。

こういうユーモアのセンス、超自分好みです。


これはぜひみなさんに観ていただきたいです!











nice!(0)  コメント(0) 

エルヴィス・プレスリー [海外ロック]

今日1月8日は、エルヴィス・プレスリーの誕生日なのだそうだ。そのことを知って、かねてより考えていたエルヴィス・プレスリーの日記を書いてみたいと思っていたのだが、今日それを実行するのがいいと思った。


自分はロックはビートルズ以降の世代なので、それ以降のロックシーンは青かった学生時代、青春時代の実体験として熱く語れるのだけれど、エルヴィスはやはり自分より前の世代なんだよね。


だから熱く語りたくても、経験がない。


「熱く語る」という行為は、やはり人生の経験がないとできないことですね。


自分の経験、自分の言葉で語る、そして自分の想いが詰まっていないと、その文章に説得力がでませんね。だてに人生五十数年生きてきていないので、この歳になると熱く語れる資格が出来てくるものです。


若い人にぜひアドバイスしたいこと。


とにかく若いうちに、徹底的にのめり込むこと。徹底的にやらないとダメです。許す限り、お金も湯水のように使い込んで、徹底的にやらないと。それが歳をとってから血肉になって、人生の財産になります。


多少の失敗は気にするな。徹底的にやれ!


後年になって、「熱く語る」行為ができるようになるには、この何十年生きてきた、学んできたことが礎になり、言うことに説得力が出てくるようになります。


そうしたらしめたものです。


エルヴィス・プレスリーは、子供の頃はもちろんビートルズの前の世代のスターということでよく知っていたし、自分がロックに夢中になり始めた中学一年の1977年に亡くなった。


よく覚えている。


自分が知っている頃の晩年のエルヴィスは、ドーナッツが大好きで肥満化してしまい大変だった、というニュースが世界を駆け巡っていた。エルヴィスの曲も有名な曲はラジオでよく聴こえてきたし、馴染みがあった。


最近ずっと考えていたことは、自分はエルヴィスのことを、きちんと知らないで、このまま人生を終えてしまっていいのかな、と思ったことだ。どこかできちんと自分のモノにしないと一生後悔が残るのではないかな、と思ったことだ。


じつは何年も前からそういう想いはあったのだけれど、なにせ自分の経験、実体験がないから、どうやって日記にすればいいのか、うまくアイデアが浮かばなかったのだ。


そんなとき、村上春樹さんがDJをやっている”村上RADIO”という番組で、オールディーズの特集をやっていた。そこで村上さんが、当時のオールディーズ、そしてエルヴィス・プレスリーについて、こんなことを言っていた。


**********

よく「激動の1960年代」みたいなことが言われますが、それはあくまで60年代後半の話であって、前半は文化的にはかなりのんびりした時代でした。冷戦時代だったので、政治的にはハードな面もありましたけど、文化的にはまずまずリラックスしてました。ポップ音楽シーンで言えば、1950年代後半に登場した反社会的というか、荒々しいロックンロールがだんだん飽きられて、廃れていって、エルヴィスもなんだか牙を抜かれてしまい、それからビートルズやらサイケデリック、アートロックみたいなのが登場してくるまでの五年間は、まさにお気楽ポップスの全盛期でした。僕としてはそりゃもう、楽しかったですよ。もちろん60年代後半もスリリングで面白かったですけど。


僕がいちばん熱心にポップソングを聴いていた時期って、だいたい1960年から65年くらい、つまりビートルズが登場する前の時代です。ビートルズが出てきて間もなく、音楽シーンががらっとスリリングに変わっちゃうんだけど、それより前のポップ・ミュージックには「お気楽」っていうか、蛇が出てくる前の「エデンの園」みたいなのどかな雰囲気が漂っていました。でもその中ではエルヴィス・プレスリーは別格でした。彼は楽園の中に潜む、鋭い牙を隠し持った甘い毒蛇のような、まったく他とは違う存在でした。


51UTq4Z4TeL._AC_SX355_[1].jpg


僕は彼のデビュー・アルバム「Elvis Presley」を手に入れて、もう夢中になって聴いていました。このアルバム、ほんとに何度聴いても聴き飽きなかったです。どの曲も素晴らしいんだけど、今日は僕の大好きな“One Sided Love Affair”を聴いて下さい。1956年の録音です。この曲におけるエルヴィスの天然のキック力は、実にすさまじいものです。今聴いてもひしひしとしびれます。

***********


人間って、自分のまだ生まれていない時代や、自分の知らない時代のことを聞くと、とても羨ましい気持ちになり、なんか羨望の眼差しになりますね。


知らない時代だからこそ、余計憧れますね。

それが自分の好きな音楽シーンになると尚更です。


ビートルズが登場する前のオールディーズってどんな音楽シーンだったのだろう?
そういうことを無性に知りたくなるものです。


これをきっかけに、よし!ぜひエルヴィス・プレスリーのことを書いてみよう。

そして自分のものにしてみよう!と思ったのである。


最近は、ストリーミング・サービスが日常的なものになって、聴きたいと思ったら、すぐにその場で聴ける。ぜひエルヴィス・プレスリーを聴き込んで、日記を書いてみたいと思ったのである。それを彼の誕生日である今日おこなうことが最高のプレゼントなのでは、と思ったのである。


ストリーミングでは、エルヴィス・プレスリー '50 Rock"n" Rollというアルバムがあって、ベストアルバム+ライブアルバムのミックスのような感じでこれをチョイスした。


プレスリー・ストリーミング.jpg


ハウンド・ドッグ、好きにならずにいられない、ラブ・ミー・テンダー、冷たくしないで、そして監獄ロック。自分がエルヴィスの曲として、よく子供の頃から知っていたのは、ここら辺ですね。


いま聴いてもカッコいいし、すごく新鮮。
ハウンド・ドッグ、監獄ロックなんか特に最高にカッコいい。


これから書くことは、自分の言葉ではない。
受け売りである。


でもエルヴィスのことを知りたい、自分のものにしたいため、敢えて日記でその栄光の伝説を紹介していきたいのである。その合間、合間に自分の意見、感想を挿入していく感じ。


これが、自分がエルヴィスのことを日記に書いていくためのひとつの考え抜いた末のアプローチかな。エルヴィスのことを自分も勉強したいし、みんなに知ってもらいたいという意図である。


C1OaF6U9TDS._SL1000_[1].jpg


main[1].jpg


ロックの歴史を語るなら、本当は百年もさかのぼってアメリカ南部の黒人奴隷が日々の労働の苦しさを忘れる為「ブルース」とか「賛美歌(ゴスペル)」を発明した事から始める必要がある。ロックン・ロールは黒人が創った。


ロックン・ロールはそんな黒人奴隷達の発明したブルースや賛美歌を、チャック・ベリーやリトル・リチャードといった人たちが、色々工夫(速くしたり、叫んでみたり)し、進化させて誕生した<新しい娯楽>だったのだが、それが黒人だけでなく、少しずつ、そして着実に白人にも受け入れられるようになっていった。


そして、そのうち白人の中でもギターを持って黒人の模倣をする若者が現れ出したのである。しかも中には黒人に負けず劣らず、優れた<ブルース・フィーリング>を備えた若者もいた。


エルビス・プレスリーはそんな中、最初に登場した白人のロックン・ローラーだった。


黒人はいつも「発明家」で、大衆的成功は「真似した」白人がかっさらってしまうという皮肉な構図である。エルビスとはそういう存在だったのだ。そしてその成功の要因は、ただ歌が上手いとか、顔がカッコいいとか、それだけではなかった。彼はロックを初めてエンターテイメント化したのだ。それゆえ歴史に名が残っていると言っても過言ではない。エルビス・プレスリーは腰を振った。そして、セックス・アピールという、黒人のやらなかった(やれなかった)技を、彼は発明し、そして完成させた。


その余りにもあからさまな性の表現は、正に前代未聞、当時の人々の目には「見てはいけない物」として映った。


引用元:一般教養としてのロック史:宇宙から来た!?エルビス・プレスリー
http://history.sakura-maru.com/elvis.html


これが、自分がエルヴィスが登場した衝撃、当時の世相を、よくうまく表現しているんじゃないかな、と思うのだが、どうであろう。


エルヴィスの歌を聴くと、ビートルズのようなグループサウンズにはない、もっと懐かしい音楽のルーツのようなものを感じるし~それがブルースとリズム&ブルース~、その上に新たに融合されたロックぽい格好良さがありますね。それが当時すごい新鮮な格好良さだったのでしょうね。


そして音楽性だけではない、格好いいルックス、セクシーな腰振りのセックスアピール。それ以前にはある意味退屈だった音楽シーンにとってこのときのエルヴィスのこのアピールは、当時としては相当衝撃なことだったのでは、と十分想像できます。



ジョン・レノンは言った。「エルビスが登場する前は何も無かった」と。


南部の貧しい家庭に育ち、黒人音楽をメジャーにしたエルビス・プレスリーは、「ロックンロール」を世界に知らしめた。カントリーとブルースを組み合わせた最初のミュージシャンではなかったが、保守主義がまん延し人種差別が横行した1950年代を駆け抜け、人々の音楽に対する意識を変え、米文化に後世に残る功績を残した。


「誰かに聞いてごらん。もしエルビスがいなかったら、ポップミュージックは今頃どうなっていただろうね」と、かつてエルトン・ジョンは語った。「エルビスが全てを始めたんだ。僕にとってのスタートも彼だった」


引用元:「エルビスの前には何もなかった」、音楽界大物らプレスリーの偉大さ語る。
https://www.afpbb.com/articles/-/2267678



プレスリー画像.jpg


エルヴィス・プレスリーはアメリカのミュージシャン、映画俳優。「世界史上最も売れたソロアーティスト」の第1位。「キング・オブ・ロックンロール」と称されている。


1950年代にロック・アンド・ロール(ロックンロール)の誕生と普及に大きく貢献した、いわゆる創始者の一人であり、後進のアーティストに多大なる影響を与えた。1950年代に、アメリカやイギリスをはじめとする多くの若者をロックンロールによって熱狂させ、それは20世紀後半のポピュラー音楽の中で、最初の大きなムーブメントを引き起こした。また、極貧の幼少時代から一気にスーパースターにまで上り詰めたことから、アメリカンドリームの象徴であるとされる。


初期のプレスリーのスタイルは、黒人の音楽であるブルースやリズムアンドブルースと白人の音楽であるカントリー・アンド・ウェスタンを融合した音楽であるといわれている。それは深刻な人種問題を抱えていた当時のアメリカでは画期的なことであった。


~ボクがエルヴィスの歌を聴くと、その背景にとても懐かしい当時のオールディーズのような郷愁の香りを感じるのは、この黒人の発明したブルースとリズム&ブルースが背景にあったからなんだと思います。


~自分が学生時代にロックに夢中になっていたときも、多くのロックミュージシャンは、このブルースやリズム&ブルースを自分の模範、教科書にしているミュージシャン多かったです。エリック・クラプトンなんか完璧にブルースをお手本にしてましたね。天性のリズム感、音楽ソール魂はやはり黒人は白人より優れているものを天性に持っているのかもしれません。



その後全国的な人気を得たが、保守層には「ロックンロールが青少年の非行の原因だ」と中傷され、PTAはテレビ放送の禁止要求を行うなど、様々な批判、中傷の的になった。KWKラジオではプレスリーのレコード(「ハウンドドッグ」)を叩き割り、「ロックンロールとは絶縁だ」と放送。


さらにフロリダの演奏では、下半身を動かすな、とPTAやYMCAに言われ小指を動かして歌った。この時には警官がショーを撮影し、下半身を動かすと逮捕されることになっていた。


~1950年代の当時の世相と、セクシーなエルヴィスの登場に相当混乱しているのがよくわかりますね。(笑)エルヴィスといったら、このセクシーな腰振りが当時のそうとうの物議を醸したのです。 



しかし、プレスリーの音楽によって多くの人々が初めてロックンロールに触れ、ロックンロールは一気にメジャーなものとなった。また、いままで音楽を聞かなかった若年層(特に若い女性)が、音楽を積極的に聞くようになり、ほぼ同時期に普及した安価なテレビジョンやレコードプレーヤーとともに音楽消費を増加させる原動力になった。


さらに、音楽だけでなくファッションや髪型などの流行も若者たちの間に芽生え、若者文化が台頭した。晩年はその活動をショーやコンサート中心に移した。



映画との関わり​


800px-Elvis_Presley_Jailhouse_Rock[1].jpg


800px-Elvis_Presley_promoting_Jailhouse_Rock[1].jpg

監獄ロック(1957年) カッコいい!(^^;;


G.I._Blues_(1960)_trailer_1[1].jpg

G.I.ブルース(1960年)


歌手として有名になっていくにつれて、映画配給会社数社から出演の依頼がプレスリーのもとに届いた。プレスリーは大変喜んで、劇場に通いつめ、演技を独学で勉強した。初出演映画にはパーカー大佐がプレスリーを映画の主演にさせたかったので20世紀FOX配給「Rino Brothers」を選んだ。プレスリーはシリアスな演技派を目指していた為、映画内での歌には興味がないと公言していたが、結局パーカー大佐の要請で4曲も歌う羽目になりタイトルも「Love Me Tender」に変更されて公開された。


プレスリーは当時のガールフレンドに「映画会社がアホな曲を用意してきたんだよ。せっかくのいいストーリーが台無しになっちゃったよ」と不満を漏らしている。


1969年まで1年に3本のペースで27本もの映画の製作が行われ、活動の拠点をハリウッドに移さざるをえなかった。おおよその映画は制作費を抑えた挿入歌アルバム付きのものが多かったが、「G.I. Blues」、「Blue Hawaii」、「Viva LasVegas(ラスヴェガス万才)」等、話題にはなったが、プレスリーの映画は全体的に評価が低い。評価されたのは「オン・ステージ」「オン・ツアー」など、コンサートをドキュメンタリー的に記録したものだけである。

 


~エルヴィスがふつうのロックミュージシャンと違うところは映画スターでもあったことだ。映画スターを演じ、その映画の中で歌うことで、そのスター性をさらに大きなものに発展させたといえる。自分は、この「ラブー・ミー・テンダー」が大好きである。本当に素敵なラブソングでいい曲。


でもどうしても挿入歌ありきで映画スターそのものというより俳優で歌も歌う歌手という中途半端な扱いで、映画自体の評価は低かったようだ。
 
でも映画挿入歌を収めたアルバムが好評だったため、当時のショウビジネスの世界に新たなビジネスの形態を作り出したとも言われている。



エドサリバンショー.jpg


当時のアメリカの国民的バラエティー番組「エド・サリヴァン・ショー」には、1956年9月と10月、1957年1月と短期間に3回出演した。なお、広い視聴者層を持つ国民的番組への出演を意識して、ジャケットを着用し出演した上に、当初保守的な視聴者の抗議を配慮した番組関係者が意図的にプレスリーの上半身だけを放送したというエピソードが伝えられている。


~やっぱりエルヴィスをテレビに映すには、いろいろハプニングを恐れて、配慮に配慮を尽くしていたんですね。あの問題の腰振りダンスを映さないようにしたんですね。(笑)



リチャード・ニクソンとの面会​


1024px-Elvis-nixon[1].jpg 

リチャード・ニクソン 大統領とエルヴィス・プレスリー(1970年)


1970年12月21日には、わざわざアメリカン航空の民間機でワシントンD.C.にジェリー・シリングと2人で出向き(普段は自家用機しか乗らない)、シークレット・サービスに手紙を手渡した。一市民であるプレスリーから大統領にあてた手紙である。 ホワイトハウス内は大騒ぎとなり、その40分後補佐官から「大統領が会いたい」と電話があった。ホテルに到着したデル・ソニー・ウェストが合流し3人でホワイトハウスへ行き、リチャード・ニクソン大統領に会った。


ツーショット写真はその際撮影されたものである。


この時プレスリーは、自分は「ドラッグ・カルチャーと、共産主義の洗脳について研究してきた」とニクソンに語った。麻薬撲滅に熱心であったニクソン大統領に対して、「ロックが麻薬使用に影響しているとは思わないが、責任は感じている」といい、麻薬取締官の資格を与えられた。翌週、プレスリーはそのバッジをみんなに見せびらかせて回った。なお、プレスリーは警察官等のバッジ・コレクションをしており、大変な収集家であった。


この際のエピソードはあまりにも有名なものとなり、後にこのエピソードだけでいくつかの映画になったほか、プレスリーとニクソン大統領とのツーショット写真は、ホワイトハウスの公用写真の焼き増しサービスの中で最も人気が高いものとなった。


maxresdefault[1].jpg


これは晩年のエルヴィスのコンサートでしょうか・・・。


あぁぁぁ~。もう激太りです。昔の面影まったくなし。(笑)自分が子供で物心ついたときは、エルヴィスはすでに肥満体質で、その原因は大好きなドーナッツの食べ過ぎだ、というのが通説でした。子供心によく覚えています。




ビートルズとの会見​


プレスリーとビートルズは直接的な接点はなかったが、両者は1965年8月27日、ロサンゼルス市のプレスリーの邸宅で一度きりの会見を果たしたことがロック史に残る出来事として語られている。


ビートルズのマネージャーであるブライアン・エプスタインとパーカー大佐の間での「極秘の打ち合わせ」という名目だったが、どこからか漏れてしまい、案の定自宅周辺には野次馬が集まった。


諸説あるが、メンバーのジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターは平静を装いながらも、心を躍らせて招かれた部屋に入った。


そこでエルヴィスはテレビを見ながらベースを練習してくつろいでいた。「本物のエルヴィスだ」と感激した4人は呆然としてしまった。そこでプレスリーが「ずっとそうやって僕を見てるだけなら僕はもう寝るよ?せっかく演奏ができると思って待ってたのに」と声をかけた事から、慌てて4人は挨拶し、即興演奏が始まった。


プレスリーはベースを演奏し、レノンとジョージはギター、マッカートニーはピアノを演奏した。リンゴはドラムキットが無かったため演奏しておらずビリヤードやサッカーを楽しんでいたという。


プレスリーは彼らの曲も歌い、そのあとで「君たちのレコードは全部持ってるよ」と言った。これに対してレノンは「僕はあなたのレコードは1枚も持ってないけどね」と発言したことからその場が凍りついた。


これはレノンの若気の至りとも、過激なジョークだったとも言われるが、プレスリーはその発言に気分を害してしまった。そしてその会見に実際に立ち会ったという記者のクリス・ハッチンスによれば、レノンはさらに当時アメリカ軍による関与が拡大を続けていたベトナム戦争にプレスリーが賛同する姿勢と、プレスリーのマンネリ気味であった映画を痛烈に批判した。これらの事がきっかけでジョンを嫌うようになったプレスリーは(事実上)マッカートニーやジョージが作曲した曲はコンサートで頻繁に取り上げているが、レノンの曲は歌っていない。


レノンはこの発言を反省したためか後日エルヴィスの取り巻きに「エルヴィスがいなければ今の自分は居ない」と伝えるよう頼んだという。しかしプレスリーはレノンがアメリカに住むようになり、ベトナム反戦運動を積極的に行った頃、ニクソン大統領に「ジョンを追放してほしい」と手紙を出したとも言われている。


この様に、レノンの発言と態度が場の雰囲気を壊したことで、この会見はとても成功したとは言えないものであった。


~これは最高に笑ったな。(笑)ボクはジョンのこういうセンスが大好きです。(笑)いかにもジョンらしい。でも後になって反戦・平和を主張していくジョンにとって、エルビスの当時の姿勢にこういう対応になってしまったのは必然の結果だったかもですね。


今回ストリーミングでのエルヴィスのアルバムでは、エルヴィスはポールの曲であるヘイ・ジュードを歌っていました。

 


そして1977年8月16日、メンフィスの自宅バスルームで倒れているところを発見された。 ドーナツを食べ過ぎて喉に詰まらせて死んだ、ドラッグをやりすぎて死んだなど、もはや都市伝説化しているエルヴィス・プレスリーの死因。


しかし、実際のところは、処方された薬の摂り過ぎからなる不整脈による突然死という検死結果であった。



キング・オブ・ロックンロール。まさに白人ロックの元祖、すべてはプレスリーから始まった・・・まさにロックンロールを語るうえで、エルヴィスはすべてのオリジネーターだったんだね。


ビートルズ以降のロックシーンの音楽とは、ちょっと違う、どこか郷愁的な温かみのある心地よいサウンド、いまもエルヴィスの名曲を聴きながら、この日記を書いているが、気持ちのいいじつにいい音楽だ。


ビートルズは若者全開という感じだったけれど、エルヴィスはもっとゆとりのある大人の音楽、大人の声質、歌い方、そして大人のセクシーさ、そこに当時の懐かしいいい時代の音楽性が混在した、そんなロックンロール
だったんではないかと自分なりに結論づけたいです。


これで長い間、エルヴィス・プレスリーのことをもう少しきちんと知りたいな、と思っていた想いは少しは遂げたであろうか。。。









nice!(0)  コメント(0) 

ラトル&ウィーンフィル ベートーヴェン交響曲全集 [ディスク・レビュー]

2002年にムジークフェラインザールで録音されたラトル&ウィーンフィルによるベートーヴェン交響曲全集は、ベーレンライター版の使用、ノンビブラートなどのピリオド奏法的なアプローチ、それによる乾いたドライな響き、そしてラトル独特のアクセントを効かせた解釈で、クラシック界に物議を醸した。


好き嫌いがはっきり分かれ、いままで我々が慣れ親しんできたベートーヴェンの交響曲像を根底から覆すような驚きの連続であった。


長く伝統的スタイルによるベートーヴェンに親しみ、それが正統的なベートーヴェンだと信じている人が聴けば、少なからずショックを受けると思う。


サー・サイモン・ラトルは2002年からベルリンフィルの芸術監督・首席指揮者に就任することが決まっていた時期で、自分は彼に注目していたので、その時のタイミングでリリースされたこのラトル&ウィーンフィル盤をすかさず入手して聴いた。


そうするとそのあまりに斬新な解釈とそのアプローチに驚き、ベルリンフィルにとってもっとも重要な作曲家であるベートーヴェンの交響曲について、こんな解釈をする人が天下のベルリンフィルに就任したら、それこそ栄光ある歴史がメチャメチャにされてしまうのでは、と危惧を抱いたものであった。(笑)


それだけ衝撃であった。


このラトル&ウィーンフィル盤は、こんなのベートーヴェンの交響曲じゃないと頭から排除する人も当時多かった。


そんな想い出のあるラトル&ウィーンフィル盤を久しぶりに聴いてみようと思った。



653[1].jpg

ベートーヴェン交響曲全集 
ラトル&ウィーン・フィル(5CD)




いま聴いてみると、当時驚愕したほどの衝撃はなく、そんなに違和感もなく、いいんじゃないと肯定的な自分がいる。とても普通というか全然受け入れられる範疇のものだった。


全然普通である。


当時なにをそんなに驚いていたのか、と不思議に思うくらいである。
周りの批評に感化されたり、影響されていたこともあったかもしれない。


ただ、9番の第4楽章の合唱の部分とか、やっぱりう~んと唸ってしまうところは当時と変わらない印象である。


その理由に、いまは当時と比べて古楽奏法的なアプローチが増えてきて、我々が耳にすることも多くなり、それ自体抵抗なく自然に受け入れられるようになったということがあるのではないだろうか。


ラトルはベーレンライター版という最新研究を反映したスコアを用いているのだが、テンポ、デュナーミク、音楽記号の扱いが従来のブライトコプフ版とは微妙に違っており、しかもラトル独自の演出で、リズムがかなり攻撃的に感じられる。


全般的に快速テンポである。


やっぱり3番「英雄」が一番素晴らしい。それは一番普通っぽいというかノーマルな解釈だからである。(笑)従来通りという感じ。王道の演奏である。これぞ英雄という王道を行ってくれる。


1番、2番も全然いい。すごくいい。違和感なし。当時あれだけ変なアクセント、ドライな響きと思っていたのが嘘のように平常で重厚な響きに聴こえる。


6番「田園」も名演ですね。4番、5番「運命」も全然いい。


9番だけ、特に第4楽章の合唱の部分だけどうしてもやはり自分には拒否反応がある。
ラトルの解釈は好き嫌いを分けてしまうところがあると思う。


いままで聴いたことのないアドリブ的な歌いまわしや、合唱の粗さや薄さが際立ち、これは第九の合唱じゃないよ、とどうしても思う。


最後の合唱の部分はもっとも歓喜で盛り上がる最高潮のところである。この軽さ、粗さはどうしても自分のイメージ通りとはいえず、受け入れがたいかな。合唱は、手兵のバーミンガム市交響楽団合唱団のコーラスを迎えていますね。


ラトルはベートーヴェンの音楽に取り組む前にバロック音楽を徹底的に勉強したという。そうした道筋はニコラウス・アーノンクールをいわば模したもので、両者の解釈に共通するところも少なくない。


ロマン的なベートーヴェン像に見直しを加え、19世紀のベートーヴェンが生きた時代に彼の音楽が持っていた前衛性を明らかにする解釈の根源は似通っている。


アーノンクールが定期的にウィーンフィルに客演して古典派の新たな解釈を可能としたところも見逃せない。カール・ベームやヘルベルト・フォン・カラヤンが指揮台に立っていた頃のウィーンフィルならラトルの解釈を受け入れられる余地はなかったはずだ。


そんなところにもラトルのこのウィーンフィル盤のルーツを見ることができると思う。



ラトルは、このベーレンライター版を、最近のベルリンフィルのときに作成したベートーヴェン交響曲全集でも採用している。


このベーレンライター版について解説を試みよう。(引用元:ライナーノーツ)


この録音で使用したベーレンライターの原典版は、1996年から2000年にかけて発表された。それまではもっぱら1862~1865年のプライトコプフ・ウント・ヘルテル版が使われていたが、その重大な欠点が1世紀という年月を経て正されることになった。修正のポイントは大きく3つある。



まずは、ベートーヴェンが書き直した決定的な手稿譜があったことである。1862年に紛失したとされていたものが見つかったのだ。特に「田園」の清書楽譜(第1版からの複写)の発見である。1953年の洪水で浸水したものが、1984年、オランダで発見された。


緩徐楽章のスコアには、ベートーヴェンの指示(サインつき)がはっきり残っており、これを見ると、ヴァイオリンにミュートをつける指示は、それまで思われていたように校正の段階でベートーヴェンが取り消したのではなく、写譜を担当した者が単に見落としていたのだ、ということがわかる。今回は彼の指示を活かし、これによって楽章全体の雰囲気が大きく変わった。


第2に、オリジナル(手稿譜や第1版)を見返し、ブライトコブフのチェックの抜けがいくつか見つかったこと。彼は古いスコアにおいて一見問題のないと思われる箇所について特に綿密な確認を行っていたわけではなかったようだ。例えば、第9番最終楽章のトルコ風行進曲の終わりの部分でベートーヴェンは、歓喜のニ長調の合唱への架け橋としてホルン・パートに変則的なタイを加えている。今までの版ではそのままになっているが、今回は、研究者、演奏者ともに新しい解釈をしている。


第3に、ほぼ全ての資料(いかに多くの資料がこの100年間を生き抜いてきたことに驚く)を確認し、完璧な原典資料体系を再構築したことだ。例えば、第9交響曲のトリオの終わりのヴァイオリン・パートのように、あらゆる資料でいままでの解釈が違っているとなれば、どこかで間違いが起こったという事実とともに、ベートーヴェンの意図していたものは何だったのかを正確に知ることができる。



問題はこれの3つの違いを自分はきちんと聴きとれていたのか、ということだ。(笑)


現在のベートーヴェン交響曲の大半が、このベーレンライター版を採用しているなら、いまの時点でラトル&ウィーンフィル盤を聴いても違和感があまり湧かないのもつじつまが合う。


いずれにせよ、ラトルという人は、このベートーヴェンの交響曲に限らず、特に十八番のマーラーについてもそうであったように最新の研究結果に常にアンテナが敏感な指揮者で、新しい挑戦をし続けていた指揮者であったということだ。


そこが従来通りの伝統的な解釈を好む保守的なファン層から反発を買う要因にもなっていたところなのだと思う。自分はそういう前向きなところが好きでラトルを支持している側のファンである。


そんな”ベートーヴェンの交響曲全集”というクラシックの王道中の王道の分野で、エポックメイキングだったこの録音はぜひ一度聴いていただきたいと思っている至極の一枚である。








nice!(0)  コメント(0) 

シティベーカリー東京・赤坂 [グルメ]

クリスマスイヴの前日、12月23日の朝、なにげなく石丸由佳さんの最新作「パイプオルガンのクリスマス」を聴いたのが、この日の予想もしなかったクリスマスな一日の展開になることになってしまった。



165[1].jpg
石丸由佳: パイプオルガンのクリスマス



パイプオルガンで奏でる有名なクリスマス・ソングス。


サンタが街にやってくる、きよしこの夜、アヴェ・マリア、主よ、人の望みの喜びよ、G線上のアリアなど、本当に有名なクリスマス・ソングスが網羅されている。これらの曲をパイプオルガンで聴くと、本当にクリスマスらしくていい感じです。


パイプオルガンというと、コンサートホールや教会にあるような残響の長いゴージャスな響きを予想されるかもしれないが、そんな感じでもない。なんか可愛らしい感じです。


なかなか素晴らしいです。これで「おうちクリスマス」できますね。ケーキと鶏とワインを買ってきて、このアルバムをBGMにささやかにやれます。


このアルバムで使用されているパイプオルガンは、コンサートホールのパイプオルガンより小さな、ハウスオルガンと呼ばれるタイプのオルガン。この楽器はパイプが600本ぐらいついており、個人の家に入れるにはだいぶ大きいサイズ。行き場のなくなったパイプオルガンを石丸さんが譲り受けたらしいです。


それに合う部屋を探すのが大変だったそうで、ようやく物件を見つけて、クラウドファンディングで支援を募り、一般にも開放した〈ココペリオルガンスタジオ〉をオープンしたのだそう。


これはすごいですね。行動力あります。
老婆心ながらスタジオ維持費とか大変そうですが、ぜひ頑張ってほしいです。


インタビューでは、


「スイッチのオンオフ音だけでなく、鍵盤を押したときにワイヤーがカチャカチャいう音なども入っています。こうした音は、コンサートホールのオルガンだと決して聞こえませんが、ヨーロッパの教会にある歴史的楽器と呼ばれる古いオルガンを演奏するときはよく聞こえるので、奏者にとってむしろカチャカチャと鳴る方が自然です。」


「ヨーロッパでは、教会の礼拝で賛美歌を歌ったり、バロック時代の曲を演奏することはありますが、クリスマス・ソングをオルガンで弾くといった風習はありません。厳かな空気のなかで静かにキリストの誕生を待つ期間なので、日本のような賑やかさはありませんが、私はどちらのクリスマスも大好きです。」


ヨーロッパの大聖堂や教会のオルガンを数多く弾かれてきた説得力のある実体験ですね。


本アルバムも、ハウスオルガンというやや小型のオルガンとはいえ、さらにスタジオ録音ではあるものの、なかなかホール感もあって、上手にサウンド加工されているのかな、とも想像しました。


可愛らしいクリスマスの雰囲気いっぱいのアルバムです。
ぜひクリスマスの時期になったら、最高のBGMとなると思うので、手に入れておきましょう。



この日は、サントリーホールでコンサートがあったので、公演前に、かねてよりずっと疑問に思っていたホール前にある謎のお洒落な装いのお店に寄ってみることにした。


DSC05030.JPG


DSC05097.JPG


サントリーホール公演の終演後、南北線の六本木一丁目駅に向かう途中に必ず目の前を通るとてもお洒落なお店である。自分は当初、フレンチレストランなのかな、と思っていた。自分にはちょっと敷居が高いな、とも思っていて、気後れして入れないな、とも感じていた。


あとで、ネットで調べたら、ベーカリー・パン屋さんのようだった。なんだ、パン屋さんなら臆することなく入ってみようと思い、この日に至ったのだった。



でも中を覗いてみると、やはり単なるベーカリー・パン屋さんではないようだ。スマホのネットでもう一回確認してみると、ベーカリー・パン屋さんといっしょにレストランやバーが一緒に併設になっているようなそんな感じのお店だった。


シティベーカリーについて、公式HPより、もう少し詳しく説明してみよう。


THE CITY BAKERYは、ニューヨーク・ユニオンスクエアで1990年に開業して以来、ニューヨーカーはもちろん、海外から訪れる人々に愛され続けている老舗ベーカリーである。毎朝焼き立てのパンやペイストリーを準備し、お客様をお迎えしている。


創業者モーリー・ルービンは、TV局のプロデューサーとしてエミー賞を2度受賞するなど異色の経歴の持ち主。食が大好きなモーリーは、1986年、フランスにてペイストリー教室に参加したことがきっかけで、すっかりパンの虜となってしまった。ニューヨークに戻ったモーリーのパンへの思いは冷める事なく、ベーカーへの道を歩んで行く。数々のNYのベーカリーで修行をしたが、どれも彼を満足させるベーカリーではなく、自分の信じるベーカリーの開業を心に決めたのである。シティ ベーカリーが誕生し23年、今日も「現場で働く社長(Hands-on CEO)」として確かな味を守り続けている。


2010年20周年を迎えたシティ ベーカリーが世界初出店の地を日本と決め、2013年4月大阪(グランフロント大阪)に出店、そして2013年11月東京品川、12月広尾にオープンした。


創業者モーリー・ルービン


物事の本質に着目し、それを捉え、独創的な世界観で表現する創業者 モーリー・ルービン(Maury Rubin)。
彼はTHE CITY BAKERYのオーナーであり、ベーカー、パティシエ、クリエイティブ・ディレクター、プロデューサーでもある。好奇心旺盛なモーリーは、「Quality」「Creative」「Concept」という3つのキーワードのもと、魅力的なパンやペイストリーをはじめとする商品開発、パッケージやウェブなどのビジュアルデザイン等を行ない、ニューヨーカーの日常を彩るライフスタイルを提案し続けている。


THE CITY BAKERYが創業した1990年当時のアメリカのジャンクフードが主流な食文化に一石を投じ、新たな提案を続けるモーリー。そのユニークな提案の数々は多様なバックグランドを持つニューヨーカーに愛され続けている。


情報引用元:THE CITY BAKERY 公式HP



シティベーカリーは、この東京・赤坂店以外にも、東京だけでも品川、広尾、銀座、中目黒、吉祥寺、浅草、青山、南町田、横浜の9店舗もあるみたいだ。大阪は梅田、茶屋町、そして長野の白馬、福岡の天神といったところですね。


凄いですね。


そうだったら、せっかくなんだから、クリスマスだし、ちょっとクリスマス・ディナーでもいただこうかな、と思い、チャレンジしてみた。


DSC05034.JPG


DSC05039.JPG


DSC05043.JPG



素敵なお店ですねぇ。
高級感ありますね。


自家製パン。


DSC05058.JPG


フランスですっかりパンの虜になってしまった創業者モーリー・ルービン。ニューヨークに戻ったモーリーのパンへの思いは冷めることなく、ベーカーの道を歩んでいく。数々のNYのベーカリーで修行したが、どれも満足できず、ついに自分で開業を決意。


そうして生まれた拘りぬいたパンがこれです。ホカホカです。


ディナーをいただいたのだが、この自家製パンがもれなくついてくる。おかわりし放題である。ディナーの主食ですね。



前菜としてシャルキュトリー盛り合わせ。赤ワインは、ラムーラ・オーガニック・ロッソ。これは舌を噛むような名前だが(笑)、生ハムのような前菜であった。最高に美味しかったです。


DSC05054.JPG



サブジ。


DSC05067.JPG


サブジというのは、主にインドで食されている野菜の炒め煮。ここでは、野菜だけ作るサブジに肉や魚介を加え、さらにスープ仕立てにアレンジ。付け合わせのクスクスに吸わせていただく。これはサブジのメニューの中で、さらにチキンというメニューで、いままで食べたことのない食感で美味しかったです。クスクスは有名ですが、自分はあまり食した経験はなかったです。



炭火焼きラムコンボ 旬野菜添え。白ワインは、ラムーラ・オーガニック・ビアンコ。


DSC05079.JPG


これがメイン・ディッシュのつもりでオーダーしたもの。一番美味しかったです。これが家でできたら最高だなぁと思いながら食べていました。やっぱりプロじゃないとダメなのかな、とか・・・。


最後はケーキでメリークリスマス。散々な1年だったけれど、最後くらいクリスマスらしいことができたかな?


DSC05087.JPG


シティベーカリーは、このレストラン&バーの隣に、パン・ベーカリー専門に売るショップもあるんですよね。ここも列記としたシティ・ベーカリー。


DSC05106.JPG


DSC05115.JPG



自分がずっと昔から疑問に思っていたサントリーホール前にある謎のお洒落なお店は、シティベーカリーというレストラン&バー、そしてパン屋さん・ベーカリーだったのである。


一件落着である。スッキリしました。



この日の本当の目的は、サントリーホールでのコンサート。


DSC05116.JPG


下戸なのに、ワインを3杯も飲んで、かなり酔っぱらってしまい、寝てしまわないか心配であった。


ホール内もクリスマス仕様。


l6R6duLqUF3FcOf1609720073[1].jpg


庄司紗矢香さんの5年半ぶりのデュオ・リサイタル。 英グラモフォン・アワード受賞のヴィキングル・オラフソン を迎えて。自分へのクリスマス・プレゼント。


DSC05125.JPG


DSC05133.JPG


前半は、とくに弱音、最弱音を極めつくした世界で、なかなか聴いていても体に力が入ってしまう感じで、なかなか大変であったが、素晴らしい演奏パフォーマンスであった。


バルトークのヴァイオリン・ソナタが、こんなに凄い曲だとは思ってもみませんでした。壮絶な曲で思わず自分は体がのけぞりました。この日でもっとも感動した演目だったかもしれない。


後半は一転して、親しみやすい馴染みのブラームスのヴァイオリン・ソナタなどで、一気に融和モード。はぁ、ようやく自分の世界に戻ってきた、という感じでホッとした。コンサートの構成として前半はチャレンジングな方向性、後半にお客さんに馴染みのあるいつもの雰囲気。


こんな構成の狙いがあったのでは、と推測する。

庄司紗矢香さんもヴィキングル・オラフソンも素晴らしかった。


DSC05145.JPG


朝起きたときは、まさかこんなクリスマスな1日になるとは思ってもおらず、予想外の展開で楽しかったです。あとは、朝起きたら、枕元にクリスマスプレゼントが置いてあること。


これは別にクリスマスに限らず年中無休で受け付けています。(笑)

emmのトラポとdCSのトラポが欲しいです。






nice!(0)  コメント(0) 

内田光子さんのディスコグラフィー [ディスク・レビュー]

自分が所有している内田光子音源の紹介をしていこう。


内田光子さんの音をずっと録り続けてきているのは、ポリヒムニアのエベレット・ポーター氏である。ピアノ録音としては、やや空間を広く拾っていて、ピアノの音がとても鮮明だ。でも決していじり過ぎず加工的でない自然なテイストがとてもいい。さすがな職人芸だと思う。


デビュー当時の録音と比較すると、新しい録音になるにつれて、洗練されてきて、聴きやすい耳障りがいい自然な録音になってきているように思う。


最近のとくにベートーヴェンのピアノ・ソナタのアルバムの音は段違いに音が良くて驚いた。一発目の出音を聴いたとき、びっくりした。いままでのアルバムとは全然違うのである。


段違いに音がいい。

響きがとても豊かで打鍵の響きが空間に漂うさまがとても美しい。
オーディオマニア好みの音のように感じる。


先の日記ではベートーヴェンのことはあまり言及しなかったが、内田光子さんのベートーヴェンピアノ・ソナタもシリーズで取り組んでいて、新しい録音なので、きっとこのシリーズ、みんなこんな感じで音がいいのかもしれない。


ベートーヴェンのピアノ・ソナタ早く全集BOX化してほしいです。絶対買います!




112[1].jpg

シューベルト ピアノ・ソナタ集(8CD)
内田光子



まさに自分にとって、内田光子さんのCDといえばこれなのである。
問答無用のトップに持ってこさせていただきました。


とにかく自分にとって難解だったシューベルトのピアノ・ソナタの魅力を教えてくれた神様バイブルでもあるのだ。「死ぬ時にはシューベルトを弾いていたい」と語る内田光子さんが1997年1月31日、シューベルト生誕200年を祝う誕生日にリリースを開始したシューベルト・チクルスが8枚のCDで完結したものである。内田さんの審美眼によって選び抜かれたレパートリーのみが、磨きぬかれたタッチでここに刻まれている。シューベルトを弾くために3年の月日を費やして調整した内田自身のピアノをムジークフェラインに運び、モーツァルト録音でも数々の名盤を生み出したプロデューサー、エリック・スミスのもとで行われた録音である。




513[1].jpg
モーツァルト ピアノ・ソナタ全集(5CD)
内田光子



内田光子さんが世界にブレークしたきっかけになったのが、このモーツァルトのピアノ・ソナタ。内田さんの原点です。内田光子さんの世界的な名声を決定づけたソナタ全曲録音のセット化。ロンドンのウィグモア・ホールでおこなわれたソナタ全曲演奏会(1982年)の大成功を受けてレコーディングされたもので、平行しておこなわれたコンチェルト録音ともども、一躍世界の中心へと押し出す契機となった記念碑的な名盤である。



モーツァルト協奏曲全集.jpg
モーツァルト ピアノ協奏曲全集(8CD) 
内田光子(p)テイト&イギリス室内管



このモーツァルトのピアノ協奏曲全集もそうです。ソナタ全集と並んで、内田光子の世界的な名声を決定づけた名盤。内田光子さんの原点はモーツァルトで、モーツァルトの作品に関して「音楽の本質を捉えた解釈者」として国際的にも定評があるのです。



5135x2P9RaL._AC_SY355_[1].jpg

モーツァルト ピアノ協奏曲第18番、第19番 
内田光子、クリーヴランド管弦楽団





132[1].jpg

モーツァルト ピアノ協奏曲第23、24番 
内田光子&クリーヴランド管弦楽団



内田光子さんのモーツァルト ピアノ協奏曲全集は、じつは自分的には、ブレークしたイギリス室内管の録音より、こちらのクリーヴランド管弦楽団との再録音のほうが好きである。やはり新しい録音だし、音が洗練されてますね。演奏もより円熟味に達しています。より進歩した先進的な解釈を楽しめます。自分の原点であるモーツァルトは、やはり再録音しておきたいなにかadditionalなものがあったのでしょう。クリーブランド管弦楽団ので全集も完成させてほしいです。




037[1].jpg
ベートーヴェン ピアノ協奏曲全集 
内田光子、クルト・ザンデルリング&バイエルン放送交響楽団、コンセルトヘボウ管弦楽団(3CD)



自分がヨーロッパに住んでいたとき、アムスに住んでいた同期の友人が、この実演に接した公演で、それがそのままCDになったということで、自分も記念に購入しました。録音はやや古い感じがしますが、コンセルトヘボウ・ホールのあの滞空時間の長い響きがよくわかる録音です。


“最後の巨匠”と賞され、90歳を迎えた2002年に惜しまれつつ引退したクルト・ザンデルリングに対する内田さんの敬愛はよく知られているところで、ザンデルリングの引退コンサートではモーツァルトのコンチェルトを共演、感動のあまり終演後に涙を浮かべたというエピソードも。このベートーヴェン録音も、内田さん自身のたっての希望でザンデルリングとの共演が実現したもので、当時のインタビューで「ザンデルリングとでなければベートーヴェン録音はありえない」とまで語っていたそうです。



693[1].jpg

ベートーヴェン ピアノ協奏曲全集 
内田光子、サイモン・ラトル&ベルリン・フィル(3SACD)




これはまさに自分の時代の録音ですね。(笑)やっぱり最高です。


録音も素晴らしいです。ラトル&ベルリンフィルはEMI時代は録音のクオリティに恵まれませんでしたが、自主制作レーベルになってから抜群に録音のクオリティがよくなりましたね。王者に相応しい録音になりました。


自分がここに挙げているのはSACDのほうです。CDのほうも別にあります、CDのほうは映像のBDとセットになっています。やっぱりSACDはいいです。


この公演の模様は、Digital Concert Hall(DCH)でも全部コンプリートしました。




256[1].jpg

シューマン:女の愛と生涯、リーダー・クライス作品39、ベルク:7つの初期歌曲 
レシュマン、内田光子



グラミー賞を受賞した記念すべきアルバムです。自分もびっくりしました。しかも自分がもっとも敬愛する歌曲、シューマンの女の愛と生涯。この曲でグラミー賞を受賞してくれるなんて、なんか嬉しいというか縁を感じました。




932[1].jpg
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第30番、第31番、第32番 
内田光子



これは最高に音がいいです!一発目の出音を聴いたとき、びっくりしました。いままでのと全然違います。段違いに音がいいです。日記ではあまりベートーヴェンのことは言及しませんでしたが、内田光子さんのベートーヴェン ピアノ・ソナタもシリーズで取り組んでいて、新しい録音なので、きっとこのシリーズ、みんなこんな感じで音がいいんでしょうね。ベートーヴェンも早く全集BOX化してほしいです。絶対買います!






nice!(0)  コメント(0) 

内田光子さん [クラシック演奏家]

内田光子さん&マーラー・チェンバー・オーケストラで去年の秋に来日予定だったので、そのコンサートレビューのときに内田光子さんのことを日記で触れようと思ったのだが、残念ながら来日中止。


そこで、内田光子さんのことだけで日記で取り上げてみようと考えた。
コロナ禍になって以来、このケースが多いですね。

でもそのほうが、しっかり深く掘り下げれるから、かえっていいですね。


内田光子さんは、本当に日本が誇るクラシック界の至宝で、その深い知見と高い知性を兼ね備えた芸術家。その人格の崇高さ風格から格が違うという感じなので、果たして自分のような者が日記で語っていいものなのか、恐縮してしまう限りなのだが、でも自分も内田光子さんの実演やCDなどで、数えきれない経験をしてきたので、自分のクラシック人生ではとても縁が深いピアニスト。


このまま日記で取り上げないのもいかがなものなのか、ということで思いっきりチャレンジしてみようと思った次第である。


いつもと違ってかなり気を使います。(笑)



内田光子さん.jpg


自分がクラシックの世界に入るようになったときから、内田光子さんは当然ながらすでに大ピアニストであった。自分はクラシックピアノは、ポリーニ、アルゲリッチのショパン系から入った人なので、5年に一度ポーランド・ワルシャワで開催されるショパン国際ピアノコンクールはピアニストにとって世界最高峰のピアノコンクールだと思っていた。


その中で日本人の最高位は、ということを調べたときに、それが1970年度大会の内田光子さんの2位ということを学んだ。


やっぱり内田光子さんはすごいんだな、とそのときに感心し、それが最初の出会い、意識したきっかけだったかもしれない。


レパートリーは、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトの前期ロマン派ですね。

もう内田光子さんのピアノといえば、もうこの3人の作曲家しか自分は思い浮かばないです。


内田光子さんにラフマニノフは似合わないですね。(笑)


ご本人もこれが自分のスタイルということで、意識されてこのレパートリーに固定されているのではないでしょうか。


モーツアルト、ベートーヴェン、シューベルトというオーストリアの古典に関しては、アルフレッド・ブレンデルが引退した今、世界的にも内田光子さんが最高権威ということになるのでしょう。


世界的な名声、世に出たきっかけはモーツァルト。ピアノソナタとピアノ協奏曲の全曲演奏会、そしてその録音全集で世界に名を馳せることになる。そういう意味でもご自身にとって、モーツァルトは本当に大切な作曲家で、いまでもコンサートではここぞ、というときの十八番のレパートリーになっていることは間違いない。



でも自分の場合、内田光子というピアニストの世界に深く踏み入れることになったのは、じつはシューベルトのピアノ・ソナタだったのである。


その頃の自分は若輩ということもあったせいか、シューベルトのピアノ・ソナタの世界がどうしても理解できなかった。


いわゆる音楽の造形、型というものを、その曲々の中に捉えることができなく、どうしても散文的に聴こえてしまってのめり込めなかった。人々に愛される名曲には、必ずこの型というのがしっかりあって、人の心を捉えるのはその造形ありきだと思っていたのである。


クラシックに限らず幅広いジャンルで希代のメロディメーカーと呼ばれる作曲家たちは、人の心を捉えるこの型の作り方に秀でている人たちなのでは、という考え方を持っていたからである。


でも自分はシューベルトのピアノソナタを全曲通して聴くのだけれど、捉えどころのない、というか、その型のようなものを見つけることができず、どう愛していいのかわからなかった。


いろいろなピアニストの作品を聴くのだけれど、それは変わらなかった。


(シューベルトといえば歌曲王といわれるくらい歌曲が有名ですが、逆にシューベルト歌曲は一発で大好きになりました。)


その中で内田光子さんのシューベルトのピアノソナタ選集(PHILIPSレーベル)は名盤という評判の噂を聞いて、ダメ元と思いながら聴いてみたら、それがまさに衝撃の出会いであった。いままでなにを悩んでいたのか、という感じで自分の中にすっと入ってくるので、驚いた。


他の演奏家の録音となにが違うのか?ということは当時、厳密に解析できなかったけれど、内田光子さんのシューベルトのピアノソナタは、いままでわからなかったものを自分の世界に取り込めるようになった、そんな感触の出会いだった。


いままでわからなかったその曲の構造、型などの聴かせどころ、旋律の進行の巧妙さなどが何回も聴き込んでいくうちにその良さがわかってくるような気がした。


それ以来、自分はこの内田光子さんのシューベルトのピアノソナタ選集をiPodに取り込んで、毎朝夕の通勤時間に電車内で聴き込んで、勉強していったのである。


だから極端なことを言えば、内田光子といえば、自分にシューベルトのピアノソナタの良さを教えてくれたピアニスト、恩人と断言していいのである。


それが最初にのめり込むきっかけだったかもしれない。


それほど内田光子のシューベルト・ピアノ・ソナタ選集は名盤中の名盤と言っていい!


その魔力はどこから来るのだろう、と思い調べてみたら、こんなご本人のインタビュー記事を見つけた。


「ピアニスト内田光子の尽きることなきシューベルトへの愛」



内田光子にとって、シューベルトを学ぶということは実に長い道のりだった。生まれ育った日本の家には、外交官である彼女の父親が所有していたシューベルトのレコードコレクションがあった。彼女はドイツ語がわからなかったため、そのレコードのカバーやライナーノートの意味は理解できなかったが、それらのコレクションの中の一枚に、彼女のお気に入りの民謡があった。


彼女が12、3歳の頃、一家はウィーンに移り住み、そこで偉大なバリトン歌手であるディートリヒ・フィッシャー=ディースカウが歌う、シューベルトの「冬の旅」を耳にした。


「その中盤に、いきなり、私たちの慣れ親しんだ民謡が登場したのです」


それは、歌曲のレパートリーの中でも最も有名な作品の一つである「Der Lindenbaum(菩提樹)」であった。ピアノを学んだ学生時代、彼女はモーツァルトとベートーヴェンも愛した。そして次第に、バルトークやベルク、シューマン、さらにはクルターグ・ジェルジュのようなコンテンポラリー音楽の作曲家も弾きこなすようになっていった。


しかし、内田はこう語っている。「誰よりもシューベルトに心が繋がっていると感じていたのです。彼の音楽はほんのわずかにミニマルなところがあります。必要でないものは全くない、私はそこがずっと好きなのです」


初期からの内田光子のファンが、これを必ずしも知っているわけではない。彼女は1980年代初期に、モーツァルトの素晴らしいアルバム(1作目がソナタ、2作目が協奏曲)のシリーズによって名声を上げた。


それは「アマデウス」のおかげだとも言えるだろう。最初の大きなレコード契約を締結した時、内田光子はシューベルトのアルバムを制作したかったそうだ。しかし、当時ツアーで、彼女はモーツァルトのソナタを弾いており、また「アマデウス」がピーター・シェーファーの演劇作品とそれに続く映画化により大ヒットしたことあって、彼女はモーツァルトのソナタとロンドを収録した作品を発表するに至ったのである。


彼女はシューベルトを追い続けるはずだったが、彼女の所属するレーベルやリスナーはさらにモーツァルトを求めた。結局、内田は1990年代の後半になるまで、シューベルトのアルバムを発表しなかった。しかしついにそれが実現すると、待つ甲斐あって、その収録曲は2004年発表のボックスセットにも収められることとなったのだ。



自分にシューベルトのピアノソナタの魅力を教えてくれた選集には、このような内田光子さんの想い、経過があって生まれたものだということがわかって、やっぱりこれも運命なんだな~と思い自分は感動しました。



mituko[1].jpg


内田光子さんの演奏スタイルとして、


「拍節感を強調しない、拍子がそろった均等拍の特徴を使いこなす。」


という評があるのだが、非常に音楽の専門知識を要するのだけれどなるほどと思ったことがある。


この均等拍というのは、曲想によっても違うが、多くの場合は楽曲の躍動感やメロディーの生命感を殺し、音楽を平板なものにする。


均等拍は、リズムの「正確性」だけが優先されて、本当の音楽に必要な「身体性・自発性・即興性」が軽視されてしまう。


でも、内田光子さんのように西洋文明の歴史や哲学などを知的に分析して作曲家の思想性に独自の解釈を作り上げ、それを細かな表現技法に乗せて表現しているプロ中のプロであり、この均等拍を基本とし、その上に意図的かつ知的な表現を散りばめ、全体としてシリアスかつ知的な印象を与えている、というのが内田光子の演奏スタイルである。


内田光子さんだからできることであって、ふつうの音楽家はやってはいけない。


自分はもちろんここまで専門的に意識して聴いたことはなかったけれど、そう言われれば感覚的にそのイメージはよく理解できる。内田光子さんのピアノを聴いているとその感覚はよくわかる。


でもそれはモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトの古典派の特にソナタ系の曲を弾いていると、大概そのような弾き方になるのでは、と素人の自分は思うのだが、どうなのであろう?


内田光子さんのベートーヴェンやシューマンのピアノ協奏曲などおもにコンチェルト系を実際聴いてみると、そんなに均等拍という感じでもなく、非常にエモーショナルで情熱的に弾かれている。


強拍と弱拍が混在するようなきちんと拍節感のある感じで演奏されている。


だから一概にそのような演奏スタイルと定義づけるのもどうなのかな、というのが自分が思うところである。もちろんそのようなことはご本人も意識されていることではないと思うのだが、どうであろうか。



内田光子さんは、作品に対する深い研究と解釈、もちろん作品だけに限らず、西洋文明の歴史や哲学などにも精通していて、本当に知的である。2005年日本芸術院賞を受賞、文化功労者に選出、2009年には大英帝国勲章「デイム」の称号も授与されている。


CDのライナーノーツなどにもその作品についてのご自身の解釈を寄稿されていることもよく拝見する。


昔、HMVのサイトにベルリンフィル・ラウンジという記事があって、そこに内田光子さんのインタビューが掲載されていたりする。(インタビュアーはもちろんサラ・ウイルス)


そうするとそのインタビューの記事内容がとても哲学的で知性溢れる内容で、日本語で書いてあるのを読んでいる自分がもう読解困難(笑)なのに、それを内田さんは実際はその内容を英語や独語で話されているんだと思うと気が遠くなったことがある。


ある意味完璧主義者という感じがしたものです。



lif1510060007-p1[1].jpg


内田光子さんは12歳で渡欧して、ウィーン音楽院で学ぶ。現在は英国在住である。


ピアニスト・内田光子“名もなき国”イギリスへ
https://www.sankei.com/life/news/151006/lif1510060007-n2.html


●1972年、内田さんはウィーンを去り、英ロンドンへ移住する。愛してやまない音楽の都を離れたのはなぜなのか。


誰もが「何でも知っている」と思っていることはすてきなことですが、半面、問題も生じます。「モーツァルトの弾き方はこうだ」とある人が言えば、別の人は違ったことを言い、「私は知っている」と言うのです。名もない日本から来た私には、少し息苦しくなってきたのです。


同じように、ドイツ人はベートーベンの弾き方を「よく知っている」と言い、フランス人も自国の作曲家の弾き方を「知っている」と言います。そういう国には行きたくありませんでした。それでロンドンを選んだのです。


●もともと内田さんはロンドンが好きだったが、クラシック音楽の世界において、イギリスが“名もなき国”だったことが大きかったという。


もちろん、すばらしい作曲家はいますよ。でも、ベートーヴェン、シューベルト、モーツァルトといった巨人はいません。ヘンデルはイギリスに帰化しましたが、ドイツ人は今でも「ヘンデルは自分たちのものだ」と言い張り、ヘンデルを諦めろと言っています。


まあ、そんな具合ですが、イギリス人は自国の作曲家が作った音楽をこよなく愛していますし、何よりここでは「○○を知っている」「○○は自分たちのもの」ということがないのです。これがイギリスに来た真の理由です。

もうひとつ。イギリスには「知的寛容さ」があります。ここでは自分の好きなように行動できます。外国人が多いので、じろじろと見られることもありませんしね。




自分にとって、内田光子さんといえば、やはりベルリンフィルとの共演がとても鮮烈な想い出として残っている。自分の内田光子というピアニストのリアルタイムでの想い出である。


”ソリストと指揮者との運命の絆”という日記でも書いたように、ソリストの出演の運命というのは、指揮者との絆というか縁が非常に大きな影響を及ぼすものだ。


ベルリンフィルでいえば、カラヤン時代なら、アンネ・ゾフィー・ムター、アレクシス・ワイセンベルクなどカラヤンに重宝され、ベルリンフィルの定期公演によく呼ばれていた。アバド時代ならば、ポリーニやアルゲリッチ、そしてアンネ・ゾフィー・フォン・オッターである。ベルリンフィルのその首席指揮者の時代に応じたソリストの顔というのがあった。


いまの時代はソリストはもっと多様化され、そんなに固定化はされないと思うが、当時の時代はそんな固定観念があったような気がする。


内田光子さんは、サー・サイモン・ラトルの首席指揮者時代のソリストである。ベルリンフィルのその年の選任ソリストという意味のレジデンス・アーティストでもあったと思う。本拠地ベルリンフィルハーモニーで、合計10回はこのコンビで共演をしている。


その演目の大半は、モーツァルトとベートーヴェンである。中にはメシアンが1曲あった。ベートーヴェンのピアノ協奏曲は、第1番~第5番までの全曲演奏会をラトル&ベルリンフィルでおこなっている。この公演の模様は、ベルリンフィルのDCH(Digital Concert Hall)でも収録されており、自分は2010年当時、全部コンプリートして拝見した。素晴らしかった。


そのラトル&ベルリンフィルとの共演で忘れられないのが、2009年2月13日にベルリンフィルハーモニーでおこなわれたシューマンのピアノ協奏曲である。


この2009年という年は、ゴローさん収録のアムステルダム・コンセルトヘボウでの、ハイティンク&ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団、ピアノ独奏:マレイ・ペライアでのシューマンのピアノ協奏曲が、もう自分的に最高のボルテージでマイブームだったからである。


このシューマンのピアノ協奏曲。

本当にいい曲ですよね~。


この年、この曲のすっかり虜になってしまった自分は映像作品だけでなく、いろいろな演奏家のCDを買いあさっていた。そして自分なりにいろいろ研究していたのである。


そんなときに、ラトル&ベルリンフィルで、ピアノ独奏が内田光子で、このシューマンのピアノ協奏曲をやる、という。このニュースが飛び込んできたときは、飛び上がるほど喜びましたから。


マレイ・ペライア&コンセルトヘボウと内田光子&ベルリンフィルの対決!


と自分で勝手にネーミングして盛り上がっていました。


こんなマイブームで盛り上がっているときに、こんな夢のような組み合わせのタッグでこの曲が体験できるなんて!アーカイブはもちろん、リアルタイムのライブ放送も朝4時に起きて観たんじゃないかな?アーカイブはそれこそ擦れきれるほど繰り返して観ました。


絶対忘れられない映像素材です。

今日10年以上ぶりに観たら、やっぱり感動した~。(笑)


内田光子&BPO-1.jpg


内田光子&BPO-2.jpg


内田光子&BPO-3.jpg



このときゴローさんがポロっと言ったこと。


音楽評論家の故・黒田恭一さんが内田光子さんのことを評して言ったことを、そのまま受け売りで言ったわけだが、これがあまりに内田光子さんに失礼で(笑)、腰を抜かすほど驚愕しました。いかにもブラックで言いたい放題の黒田恭一さんらしいコメントだな、とは思いましたが。


申し訳ないですが、その発言内容は、ここではとてもじゃないですが、ボクの口から絶対口が裂けても言えないです。(笑)



内田光子さんの実演体験であるが、自分の記憶によると累計4~5回くらいは行っていると思う。そのうちmixiを始めた2009年以降では、2010年のフランツ・ウエルザー=メストとクリーヴランド管弦楽団との共演でサントリーホールでの公演に行った。


そのときの座席からの写真。


25940505_860263774_16large[1].jpg


このとき内田光子さんはベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番を演奏してくれた。自分はベートーヴェンのコンチェルトでは、第5番「皇帝」より、第4番派である。


この日は、当時の天皇陛下、いまの上皇・上皇后さまもいらして、天覧コンサートであった。内田光子さんは、美智子上皇后さまとも親通でいらっしゃると聞く。


終演後、内田さんは、皇族VIP席のRBブロックのほうに向かって、何度も何度もお辞儀をされていたのをよく覚えている。


あとは、2015年のサントリーホールでおこなわれたピアノ・リサイタルですね。


内田光子サントリーホールリサイタル2015.jpg

2015年 内田光子ピアノリサイタル@サントリーホール


演目は覚えていませんが、おそらくモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトだとは思います。


マーラー・チェンバー・オーケストラとも蜜月の関係で、2016年にはモーツァルトのピアノ協奏曲の弾き振りをしている。内田さんが日本のコンサートホールで御贔屓なホールは、サントリーホールと札幌コンサートホールKitaraなのである。内田さんは日本国内のホールの中で、とりわけサントリーホールと札幌コンサートホールKitaraの音響を高く評価し、定期的にコンサートを開いている。MCOとの公演もこの両ホールでの開催となった。


内田さんはマーラー・チェンバー・オーケストラ(MCO)について、


「マーラー・チェンバーは私が作らんとしている音楽に対する反応がとても速い、ということがひとつの要素です。弾き振りしている際にハッと新しいアイデアを思いついた場合、誰かが以前のように弾いたら困るわけで、彼らにはそれはありません。指揮者がいないので、目で見るのではなくお互い耳で聴き合って即座に反応できる人たちなのです。そして音楽を作るということに対して根源的な部分での〝心〟を明確に持った集団でもあります。彼らがその〝心〟の中で一丸となって求めているものと私が作らんとしている音楽に、どこか共通性があるのだと思います。」


と絶大な信頼を寄せている。


この年、自分はバイロイトと京都夏秋ツアーで予算オーバー気味の年で、行けなかった。
そんな雪辱もあって、2020年度はすごく楽しみにしていたのに残念でした。


数年前のセイジ・オザワ松本フェスティバルで、内田光子さんを招聘というときは驚いた。


ぜひ行きたかったけれど、もういまや貧乏体質なので、あまりのチケット高杉で夢かなわず。このときは、この組み合わせはすごい意外と思ったのだけれど、内田さんは1984年、小澤征爾さんが指揮するベルリン・フィル定期演奏会にバッハのピアノ協奏曲とメシアンの異国の鳥たちを弾いてデビューしているんですよね。


そういう縁がある。


小澤さんは自分がしっかりしている間に、ぜひ内田光子さんを自分の音楽祭のサイトウキネンに招聘したいと思ったのではないか、と思うのです。




内田光子さんといえば、それこそデビューのPHILIPSレーベルから現在のDECCAレーベルに至るまで、彼女の音をずっと録り続けているのは、ポリヒムニアのエベレット・ポーター氏なのである。


11118266_10206748314210371_3762293069679198799_n.jpg
BBCスタジオで内田光子さんの音を収録作業しているエベレット・ポーター氏。


自分が所有しているCD全部のクレジットは、全てエベレット・ポーター氏であった。


まさに演奏家にとって、自分の音を作ってくれる人、自分の音を形にして具現化してくれる人は、つねに定点で決まっている。ものさしや基準は絶対変えちゃいけないのである。ブレちゃいけないところでもある。


それを貫いていることはじつに素晴らしいの一言だと思うのである。


ポリヒムニアはもともとPHILIPSのクラシック部門から独立した組織であるから、その頃からのお付き合いなのだろう。だから内田光子さんのCDの音はもちろん素晴らしいのです。




デビュー当時の1970年代は、なかなか売れず不遇の時代だったようだが、1982年、東京文化会館小ホール、そしてロンドンのウィグモア・ホールでのモーツァルト「ピアノ・ソナタ連続演奏会」は「ウチダの火曜日」とロンドンの批評家から絶賛を浴び、一躍、楽壇の寵児となる。続いて1984年に、イギリス室内管弦楽団を自ら指揮しつつ演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲の全曲演奏会を契機に、PHILIPSにモーツァルトのピアノ・ソナタとピアノ協奏曲を全曲録音。


これら一連のチクルスは空前の大成功を収め、これを契機に長い不遇の時代を経て名実ともに国際的な名声を不動のものとする。


それ以降、国際メジャー・オーケストラの定期演奏会、そしてザルツブルク音楽祭、BBCプロムス、タングルウッド音楽祭、ルツェルン音楽祭などの世界的音楽祭の常連となった。


まさに世界のUchidaで現在に至る。


「歳を取ることの美しさは、まるで自分が世界を手に入れたかのように、言ったり行動したりできることね。」


内田光子さんの言葉である。


自分もこのように達観した境地に至りたいものである。











nice!(0)  コメント(0) 

謹賀新年2021 [雑感]

あけましておめでとうございます。

昨年は拙ブログを読んでいただき、誠にありがとうございました。


去年の年賀の挨拶をいま読み返してみると夢溢れ、希望に満ち満ちてましたね。(笑)


まさか1年後に、世の中こんなに一変してしまうとは夢にも思っていませんでした。


去年は、3年間の計画準備の末のマーラーフェスティバル2020が頓挫してしまったことをきっかけに、ありとあらゆるショックな出来事が自分を襲いました。試練の年でしたね。


今年もコロナがどのようになるかまったく見通しが立ちませんが、おそらくそう簡単には局面は切り替わらないような気がします。我慢の年が続くのではないか、と思います。


去年巣籠りの生活をすることで、学んだことがありました。


これはマーラーフェスト2020渡航のための資金確保のためのときにも活用していた方法ですが、いままで、どこそこに行ってきました、こんなグルメな美味しいところを体験してきました、こんな音のいいカッコいいオーディオ機器を購入しました、的な体験に基づく日記ではなく、知識欲というか、なにかを学ぶことで、喜びを感じるという方向に日記の方針をシフトしていくこと。


前者はとてもお金がかかりますが、人間の知識欲はお金がかかりませんね。
せいぜい書籍代くらいです。


こうすることで、お金をかけることなく、日々明るく前向きに楽しく過ごせるような気がするのです。コロナ禍で外出もままならない状況で、自分が苦肉の策で考えたことです。


もともと貧乏な社会人ですので、羽振りが悪く(笑)、景気のいい話ではなく申し訳ないのですが、なんとか今後も毎日楽しく生きていくことを考えると、こういう考え方も必要なのではないかと思うところです。


ひとつ例外があります。


今日、新日本フィルのニューイヤーコンサートを以て、在京楽団に愛情を注ぐ強化月間が終了します。この1か月の間に、全部で6公演体験しましたが、やはり生のコンサートは素晴らしい!


音楽に人生の生きがいを見出す人間にとって、生音の有難さをこんなに実感したことはありませんでした。


在京楽団のコンサートのチケットは、せいぜい7000円くらいなものです。今回の強化月間でハイ、終わりというのではなく、これからも定期的にコンサートホール通いを続けようか、と思いました。


ホールに通う生活があったほうが、生活に張りがでる、というか、健全な精神を保つ上では必要な特効薬ですね。おうちでずっとオーディオで音楽を聴くだけでは絶対味わえない醍醐味だと思います。


生音コンサートとオーディオは両輪ですね。

けっして片方だけではうまく音楽人生回らないと思います。


去年の次々と起こったショッキングな試練を体験して、自分が悟ったことは、あまり先行きのことを心配しても、そのときに解決策が見つかる訳でもなく、その心配をずっと続けるくらいなら、いっそのこと忘れてしまい、今、この瞬間を楽しむ、ということを心掛けることです。


毎日暗い気持ちで生活するのはゴメンという感じです。


いまだけを考えるのは人間にとって至難の業で、どうしても先のことを考えてしまう生き物ですが、そのときはそのときでなんとかなる、という考え方がtake it easyでいいですね。


いままで楽天家で生きてきましたが、さすがに去年はいろいろ考えさせられ、このような考え方に軌道修正するしかなかったです。


本年度も慎重に無事に生き延びることができるように、と謙虚に思い、暮らしていきたいと思います。年初から羽振りのいい話ではなくスミマセン。(笑)


本年もよろしくお願い申し上げます。


今年は帰省せず、お節料理は、フランセーズ ラ・ポルテ、昔のプルミエ・アベニューで調達しました。フレンチの創作料理のレストランです。


DSC05385.JPG


b1J0VQqu6Dh0VTb1609588193[1].jpg





nice!(0)  コメント(0) 

エリーゼのために [雑感]

今日のミューザ川崎でおこなわれた下野竜也さん&東京交響楽団によるジルベスター・コンサートは大変すばらしいものであった。今年は結果として苦悩に満ちたベートーヴェン・イヤーとなってしまったが、今日は満を持してそのオール・ベートーヴェン・プログラム。


51e1fYXeddL._SX260_[1].jpg


ソリストもピアノ独奏に小川典子さん、ヴァイオリン独奏に南紫音さん、ナレーション&バリトンに宮本益光さんと個性豊かな饗宴を十分堪能させてもらった。


心から感謝したいと思います。


小川典子さんのピアノの実演体験は、確かに何回かはあるとは思うのだけれど、よく思い出せず、初体験のつもりで臨ませていただいた。


小川典子さんは、ミューザ川崎のコンサートホール・アドヴァイザーでもあり、それを大晦日のジルベスター・コンサートで、さらにミューザ川崎で聴けるなんて最高のシチュエーションだと思いました。


素晴らしかったです。


その小川さんが最初に弾いたベートーヴェンの「エリーゼのために」。


本当に小品中の小品という小さい作品だが、この曲は自分にとって子供心に非常に想い入れの深い曲で忘れたくても忘れられない曲である。


普通のプロのクラシック・コンサートでも滅多に演奏されることもないし、また普段、自分の部屋でオーディオで聴くような曲でもない。


だから今日コンサートでこの曲を聴いたとき、あまりの懐かしさに思わず涙した。


自分は小学生のとき、親からピアノを習わされていた。
母親のほうが熱心だった。


自分はピアノを習っていることを同級生に知られるのが本当に恥ずかしくて恥ずかしくて堪らなかった。先生がよくクラスでノンノンさんはピアノを習っているんだよ、と言っちゃうのだが、それはやめてくれよ~という感じで嫌で嫌でたまらなかった。


女子生徒がピアノを習うのはごく自然だけれど、男子生徒でピアノを習うことはすごい恥ずかしいことと、当時の自分は思い込んでいたのだ。


男なら野球だろ!という時代だったので。(いまは違うでしょう。あくまで自分の世代のことです。)


オヤジは猛烈に怒ったけれど、母親はYAMAHAのアップライトのピアノを買ってくれた。オヤジもついに折れて、職場の高校の校長さんの奥さんがピアノの先生ということで(オヤジは高校教師だった)、その校長宅にレッスンに毎週1回通っていた。


自分はいやいややっていたので、あまり熱心な生徒ではなかった。


毎週新曲をさらっていかないといけないのだが、あまり熱心にさらっていかなかった。でもその奥さんの先生はやさしく、毎回やる気が出るようにアドバイスしてくれ勇気づけてくれた。


ピアノが2台並列に並んでいて、先生と自分。

バイエルン教本とかひと通りの教程はやったと思う。
発表会とかもあったな。

もう憂鬱で、憂鬱で。


月一回、封筒に月謝を。母親に渡され、自分がじかに持って行っていた。
ピン札を入れるのが礼儀というかマナーです。(笑)


そんなピアノを習っていた子供時代、自分が一番猛烈に練習して、上手くなりたいと思って練習していたのが、ベートーヴェンの「エリーゼのために」だったのだ。


当時母親は、クラシックのレコードで、百科事典的なセットになっているものを買ってくれて、それにはベートーヴェン、モーツァルト、シューベルト、ショパンなど作曲家ごとに当時の45回転シングルLPがセットになっているものだった。それには各作曲家の有名なピアノ曲の大半が収められていた。


その中で自分はこのベートーヴェンの「エリーゼのために」に猛烈に夢中になってしまい、ピアノをいやいやながらやっていたにも関わらず、この曲だけは大好きになってしまい、自分で弾きたいと思い自発的に練習したのだ。


いまや全然覚えていないのだけれど、楽譜とかどうやって調達したのかな?
母親が買ってくれたんだろう。


「なんと!美しい曲なんだろう!」


と子供心に感動していた。


あの有名な冒頭のフレーズ、主題が終わった後の第2の主題(?)に入るところのちょっとトリルな感じの箇所が自分のツボだった。ここは45回転のLPで聴くと、本当にコロコロ感満載でじつに綺麗にコロコロと速射砲で弾く。


あれに自分は堪らなく憧れて、プロはうまいな、あのように弾いてみたい、と本当に憧れた。その箇所だけ、もう何回も何回も練習しました。


でも45回転LPのように綺麗なコロコロ感なトリルな感じが出せないんだよね。
本当に子供心に相当悩みました。(笑)


だから、自分にとって「エリーゼのために」というと、あの有名な冒頭のフレーズではなく、第2主題に入ったところのコロコロ感のあるあの箇所なんですよね。


「エリーゼのために」であの箇所を聴くと、自分は猛烈に反応します。(笑)


ピアノの先生にも、先生から教わる教本以外に、いま「エリーゼのために」に夢中になっているんです、と言って先生に披露したことがあった。


普段はやる気がない生徒だった自分からの思いがけない告白に先生も大層驚いてくれて、すごい褒められた。そして先生もこの曲を弾いてくれた。


そうしたら、あの箇所のあのコロコロ感、さすがであった。(笑)

45回転LPと同じだ!と思いました。


小学生時代にピアノを習っていた時代、自分がもっとも夢中になって、45回転LPのように上手に弾きたいと思って猛烈に練習した曲。。。それが「エリーゼのために」だったのである。


今日の小川典子さんの「エリーゼのために」を聴いたとき、普段は耳にすることのない曲なので、あまりに懐かしく思わず猛烈に反応してしまい、子供時代のあの風景が脳裏に走馬灯のように駆け巡りました。


もちろんあのコロコロ感の箇所も(笑)


いやいやながらやっていたピアノだったけれど、今思えば親にひたすら感謝の一言。子供時代に楽譜を読むという作業もやっていたおかげで、あれから何十年経過したいまでもなんとなくその感覚は覚えている。


スズキメソードではないけれど、やっぱり小さな子供の柔らかい脳のときに、こういうことは習得したほうがいいですね。それは別に音楽家ではない人生を歩んでいても、音楽に趣味として接していたとしても、大人になったいま役に立っていると感じます。


母親も自分がこの曲を家で弾いているとき、近所に聴かせたくて、そのときはいつも家の窓を全部オープンにしていたことを思い出します。(笑)


母親にはひたすら感謝です。


昨今の家庭事情により、母に対して尚更深い想いが。。。おお母よ!という感じです。





nice!(0)  コメント(0) 

DOUBLE FANTASY - John & Yoko [海外ロック]

今年はジョン・レノンの没後40周年ということで、ジョンの誕生日10月9日から、さらには凶弾に倒れた12月8日に照準をあわせて、展示会やテレビ番組の特集が組まれているようだ。


展示会は、ソニーミュージック六本木ミュージアムで開かれている「ジョン&ヨーコ ダブル・ファンタジー東京展(DOUBLE FANTASY-John & Yoko)」。


John & Yoko.jpg


“DOUBLE FANTASY – John & Yoko”は、2018年5月から2019年11月までジョンの故郷であるイギリス・リバプール博物館で開催された大規模な展覧会。


”ジョンの故郷であるリバプールのために”とヨーコ自身も深く関って完成させたその圧倒的な内容で高い評価と反響を呼び、会期も当初の予定から7ヵ月も延長、異例の70万人を動員した。


その話題の展覧会が、ジョン・レノン生誕80年、そしてその生涯を閉じてから40年となる2020年10月9日、ジョンの故郷リバプールから、ヨーコの故郷東京にやってくる、という試みだ。


しかも東京オリジナルな装いもある。ジョンとヨーコ、そしてショーンは、1976年にジョンがグリーンカードを獲得したことでアメリカ国外への旅行が叶い、1977~1979年の間、毎年日本を訪れ家族旅行を楽しんでいたことが知られている。


東京展独自展示コーナーでは、日本との絆を感じさせる品々を展示しているそうだ。


そういえば、自分はジョンとヨーコが愛した軽井沢万平ホテルを体験しに行ったこともあったなぁ(笑)いまから6年前の2014年に行っている。


特集番組は、NHK BSプレミアムで、このダブルファンタジー東京展の特集番組をやったそうで、その大反響に加えて、さらに新たにポール・マッカートニーのインタビューなどを加えて再構成した新装版「“イマジン”は生きているジョンとヨーコからのメッセージ奇跡の名曲誕生秘話」が放送されたのだそうだ。


12月24日のクリスマス・イブにだ。

もっと早くに言えよ~。(笑)

すっかり見逃していた。

ぜひ再放送お願いします。


ちなみに、ダブルファンタジー東京展は知っていた。ぜひ行かないとな、と思っていたのだが、11月28日~12月中旬まで、突然の家庭の事情により、自分は地獄のどん底でそれどころではなかった。


それですっかり飛んでいて忘れていた。

ところがイブの深夜から、突然ジョンが自分に降りてきた。

ジョン降臨!


瞬く間にあれよあれよと。もしやと思い調べてみたら、展示会やテレビ特集番組のことなどいろいろ知って、これは神様が自分にジョンのことを日記で熱く語らないとというお達しなのだと思った。


自分なりのジョンの想い出を熱く語ってみたいと思った。

ジョンの特集を組もう!



自分はポールのウィングスから入ってビートルズを知った。リアルタイムのビートルズ世代ではないけれど、自分は第2世代ブームのときのファンだと思う。


自分がビートルズを知ったのは中学1年、1977年のとき。ビートルズが解散したのが1971年だから、6年後で、ちょうどその頃にビートルズ第2次ブームというのがあって、自分はその波に乗っていたのだと思う。その頃のビートルズは必ず再結成の話題が持ち上がるのが常だった。


自分は子供だったから、再結成してくれるといいな~ってずっと夢焦がれていたのだ。音楽雑誌をずっと眺めながらそんなことを妄想するのが楽しかった。ジョンやポールはそのたびにその噂は否定するのだけれど、自分は絶対再結成あると思っていた。


よくあなたはジョン派、ポール派っていう質問が有名だけれど、自分はもちろんポール派である。でもジョンもリスペクトしていた。 どちらかというと温かい人柄でポップス的なポールにはないロック魂、カリスマ性、世相をシニカルにみるなどジョンは個性的で格好良かった。


やっぱりビートルズの長男はジョンで、ポールは次男なんだよね。
それは間違いない。


ポールはラブソング、ジョンは、もっと皮肉屋でそういう辛辣な表現にセンスがあった。だから子供の頃、自分が信じていたことに、レノン・マッカートニーのクレジットは、作詞がジョンで、作曲がポールだとずっと思っていたことだ。


ジョンの詩はセンスがあって、ポールには絶対書けないセンスだと思っていた。


でもレノン・マッカートニーのクレジットはそういう意味ではなく、ジョンが全部書いた曲もあれば、ポールが全部書いた曲もあるし、あるいはどちらかが作詞でどちらかが作曲といういろんなパターンがあるらしい。


でもそれも全部ひっくるめて、とにかくビートルズとして出す曲は全部レノン・マッカートニーのクレジットとして出す。それが彼らの著作権ルールだった。


噂ではその曲によってその役割分担がどっちというのを聴いたことがあるけれど、それは公表しないほうが絶対いいと思う。ファンの夢を壊しますね。


それを言えるのは唯一ポールだけだと思うけれど、ポールは死んでもそのことは公表しないと思う。それがバンドの美学ですね。



ジョンが凶弾に倒れたとき、世界は大きな悲しみに襲われたし、そして自分も大きな喪失感を味わった。


1980年12月8日。


自分がビートルズの存在を知った頃からわずかに3年後なんですよね。高校1年のとき。わずか3年後にジョンがすでにこの世にいなくなってしまった。この現実は子供だった自分の心に大きく深い傷であった。もうビートルズの再結成はないんだな、と思うと泣きました。


字幕のニュース速報でその事実を知ったのだけれど、あのときの衝撃はいまでも覚えている。目の前が真っ暗になって具合が悪くなった。


そのときに想ったこと、そしていまでも想うことは、ジョンの死、それも射殺というショッキングな死に様だったけれど、ある意味ロック・ミュージシャンとしては最高の美学というかカッコいい死に方だったのではないのかな、と思うのだ。


ドラッグ漬けで若くして世を去る、そういう不健康で尋常ではない死に方が当時のロック・ミュージシャンには似合っていたというか、そういう世界だったような気がする。


ジョンはあういう最期だったからこそ尚更、伝説的、神的なカリスマとして永遠の星としてファンの心に残るスターになったのだと思う。


これは後年ポールがインタビューで同じような感想を言っていたような気がする。


ジョンのあのショッキングな死で、ジョンはファンから完全に神的な領域に持ち上げられてしまった。残された僕たちはつまらない存在に見えてしまって非常に困ってしまった。。。ジョンとの間にすごい距離ができてしまった。。


こんなようなことを言っていたように思う。
それに対しポールにすごいバッシングな反論が集中した。

でも自分はポールの気持ちがよくわかるような気がした。


ジョンはあまりに格好良すぎた人生だった、ロック・ミュージシャンとして。そういう終わり方だった。


ジョンの格好良さというのは、ポールの格好良さとはまた違うんだよね。ジョンは、やっぱりロックで、社会的メッセージ色の強い、またそれがよく似合っていた。


ジョンの声はカッコいいですね。


ポールはやっぱりラブソング、ポップスで温かい雰囲気ですね。


こういうまったく違ったタイプのカッコいい個性を持った2人が同時に同じバンドで凌ぎを削るのって本当に神様が与えてくれた奇跡だと思うんですよね。もちろんジョージやリンゴも個性あって、この4人は本当に奇跡の組み合わせだといまでも驚くばかり。


ジョンが凶弾に倒れたときに、その数か月前に発売されていたアルバム「ダブル・ファンタジー」がそのショッキングな事件に乗じて、驚異的なセールスを上げ、社会現象になった。


世界中で枯渇現象に陥った。


kishinshinoyama_john_renon_photo[1].jpg


息子ショーン・レノンの育児に専念していたジョンが、5年間の主夫生活を終え、音楽業界に復帰する記念すべき作品となるはずであった。しかし発売から間もない12月8日に射殺されたことでジョンにとってこの作品が生前最後のアルバムとなった。


世界中に衝撃を与えたこの訃報もあって全英・全米で1位を獲得し、1981年度グラミー賞のアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞している。


アルバムジャケットは日本人写真家の篠山紀信さんが撮影したものである。原版ではカラー撮影されているが、リリースされたジャケットではモノクロになっているため、篠山は「不吉な感じがした」という。その直後にジョンが死去したため、不安が的中してしまった、という。


有名なこのジャケットはニューヨークのセントラルパークで撮影された1枚で、この美しい1枚を撮るために、他にも800枚以上も写真が撮られていた。


「ジョンとヨーコの、かけがえのない幸せな一瞬がとれた、本当にラッキーな時間だったと思います。」(篠山紀信)


それらの写真を収めた写真集「Double Fantasy JOHN LENNON & YOKO ONO」が、タッシェン社から発売されている。時が止められたままの2人の写真には、いったい何が写っているのであろうか?


調べてみると2010年にその篠山紀信さん写真集が発売されている。
欲しいな、と思い探したけれど、ネット中古市場で簡単には見つかりませんでした。
あっても11万4800円とか34万8000円もするとか!!!驚きである。(笑)
大変なプレミアになっている。


150331_EC_jyon[1].jpg


CVv8Dz2UYAAj-Wl.jpg


CVv8DyAU8AAI4KT.jpg


CVv8D04VAAA-wd8.jpg




いまこうやってPCオーディオで「ダブル・ファンタジー」を聴いてみると、じつにいいアルバムだ。


Double Fantasy.jpg


ジョンが亡くなった1980年当時にも聴いたけれど、あの頃に受けた衝撃とまた違った感覚で自分に迫ってくる。ジョンとヨーコの共作で、交互に曲のボーカルを取っている。カッコいいセンスですね。


ジョンの声はカッコいい。


このアルバムのファースト・シングルカットの「スターティング・オーヴァー」は、アメリカでは1位、年間チャートで10位を獲得しジョンのソロ・シングルの中で最も大きな成功を収めた。本国イギリスでもビートルズ解散後のジョンのシングルとしては初の1位を獲得した。


2曲目はヨーコが日本語でセックスを誘惑させる台詞を発したり喘ぎ声が吹き込まれた異色な作品である。自分は最初にこの曲を聴いたとき、びっくり。こういう遊び心は、絶対ポールのアルバムではあり得ないよね~。(笑)


ジョンのアルバムらしいセンス。


そして、自分がこの「ダブル・ファンタジー」の中で、最高と思っているのが、セカンド・シングルカットの「ウーマン」。


ビートルズ解散後、ジョンのソロになってからの最高傑作、有名作品は「イマジン」だという方が多いが、自分は間違いなくこの「ウーマン」を推奨する。


「ウーマン」こそジョンのソロ時代の最高傑作である!!!


当時、この曲を初めて聴いたとき、なんと美しい曲なんだろう!と驚いた。自分はこの「ウーマン」が大好きで、大好きで、当時のカセットテープのウォークマンで何回も繰り返し聴いていた。懐かしい想い出深い曲である。


ジョンはどちらかというと作詞のセンスに鋭いものを持っているという認識だったのだけれど、この「ウーマン」を聴いて、改めてジョンのメロディメーカーとしてのセンスを再評価したものである。


「スターティング・オーヴァー」や「ウーマン」が収められているこの「ダブル・ファンタジー」こそジョンのソロ時代の最高傑作のアルバムだと思うのである。それが彼の最後のアルバムになってしまうとは。。


そして40年後の2020年のいま。ジョン&ヨーコの写真展としてのタイトルに、このアルバムの「ダブル・ファンタジー」を持ってくることにどのような深い意味があるのだろうか・・・。


このアルバムは、ジョンとヨーコの楽曲が交互に並ぶような構成で、「男女の会話」といった趣になっていて、より2人の絆の深さと表現した作品ともいえるわけで、それが今回のジョンとヨーコの想い出の作品展の主題のテーマとぴったりあったのだろう。



そのジョン&ヨーコ ダブル・ファンタジー東京展(DOUBLE FANTASY - John & Yoko)に行ってきた。ソニーミュージック六本木ミュージアムで開催されている。


DSC05165.JPG



ジョンとヨーコの言葉、メッセージ、作品だけで満たされる世界初の展示会である。展示会場は、こんな感じである。壁にその年その年のジョン&ヨーコの出来事が、 写真パネルと、そのとき2人が世界に発した言葉、メッセージの語録とでディスプレイされているのだ。


写真だけではない。音楽&アート作品、貴重な私物を通して追体験する。
そのコーナー、コーナーでジョンのいろいろな曲が再生されていた。


DSC05208.JPG


DSC05180.JPG


DSC05183.JPG


DSC05260.JPG



この写真と語録がセットになって結構グッとくるんだよね。
ちょっと感傷めいた気持ちになる。

ファンには堪らないだろうね。

あまりにたくさんの語録があって、全部読むのは大変だった。
もう2,3回行かないとダメ。ぜひ行こうと思っている。



130703168_434749421263606_4538529448972266203_o.jpg


あの12月8日に照準を合わせて、展示会場ではこうやってファン1人1人が献花できるようになっていたんだそうだ。残念ながらその日は自分は気づいていなかったのでできなかったが、ボクもひと花捧げたかった。




DSC05205.JPG


展示会名となっている「DOUBLE FANTASY」はジョンとヨーコのアルバム・タイトルから。このアルバムがジョンの生前最後のアルバムとなる。


ジョンが凶弾に倒れた日から、このアルバムが世界中で売れまくり社会現象になったよね。世界中で枯渇状態になった。いまでもよく覚えてるよ。



まずジョンとヨーコの生い立ちから。


DSC05167.JPG



ジョンのコーナーでは、少年時代に描いた「The Daily Howl」ほか「In My Life」の手書きの歌詞が展示されている。


DSC05255.JPG



ヨーコのコーナーでは、1967年にヨーコがジョンにプレゼントしたアートブック「Grapefruit」の現物を展示。日本初の公開。


DSC05258.JPG



1966に2人が初めて出会ったインディカ・ギャラリーを再現。作品の「Celling Painting(天井の絵)」と「Painting to Hammer a Nail(釘を打つための絵)」は当時の作品が再展示されている。


DSC05252.JPG



ジョンとヨーコの結婚式。婚姻届けも。


DSC05178.JPG


DSC05235.JPG


DSC05231.JPG




1969年に行われた有名な平和活動「Bed In」で使用したギブソンのギターや窓に貼られていたプラカードを展示。プラカードは日本初公開。


「結婚~平和活動」のエリアでは、有名な平和活動「Bed In」が展示。1969/3/20にジブラルタルで結婚式を挙げたジョンとヨーコは、その5日後、アムステルダムのホテルで世界平和のための平和活動「Bed In」を行う。


これは当時ベトナム戦争をはじめとしたアメリカ・ヨーロッパなどの政界情勢の不安が背景にある。ジョンとヨーコは自分たちに注目が集まるこのタイミングで訪れる記者たちに愛とユーモアを持って平和を訴えかけた。


この平和活動は2回行われており、2回目は1965年5月にモントリオールで活動。その際には「Give Peace A Chance(平和を我等に)」/Plastic Ono Bandのレコーディングも行われている。


DSC05192.JPG


DSC05230.JPG



写真家ボブ・グルーエンのポートレートで着用した有名な”NEW YORK CITY "Tシャツの実物。


DSC05201.JPG



クリスマスの定番曲となっている「Happy Xmas (War Is Over)」。
この曲はじつは反戦歌として制作されたもの。


DSC05345.JPG


DSC05301.JPG




パワー・トゥ・ザ・ピープル!
この曲がこのエリアで鳴っていて格好良かった。
ジョンは、やっぱりメロディメーカーとしても最高の才能を開花させていたんだな。ハピー・クリスマスといい、このパワー・トゥ・ザ・ピープルといい、よく聴いたことのある馴染みの曲だ。


DSC05214.JPG



WAR IS OVER!
ジョンの代名詞だった。
反戦、世界平和、そんな社会的なメッセージがジョンにはよく似合った。


DSC05211.JPG




イマジンはそれこそジョンの代表曲であろう。
映画にもなっている。


DSC05336.JPG


DSC05293.JPG



ビートルズだけでは、表現のはけ口が足りない。プラスティック・オノ・バンドは僕にとっての逃し弁だ。それがビートルズと比べて自分にとってそれだけ重要な存在になるかは、成り行きを見守るしかない。


DSC05278.JPG



在留のための戦い。
アメリカ在留のために、最強の弁護士を携えて、その権利を勝ち取った。


DSC05306.JPG


DSC05308.JPG



ここに住もうと思ったわけじゃない。たまたまそうなったんだ。
荷物をまとめることもなかった。所持品は全てイギリスの家に置いてきた。
短期滞在のつもりで来たんだ・・・・・けど、戻ることはなかった。


DSC05303.JPG



この写真を前から撮影した写真もSNSで見たことあります。
ジョンのぺニスはかなり大きかったです。(笑)


DSC05236.JPG



ジョンとヨーコのファッション。


DSC05317.JPG


DSC05334.JPG




再出発。
ショーンの養育の5年間の主夫生活の沈黙から再出発のレコーディング。


DSC05342.JPG



イマジン・モザイク。
ニューヨーク・セントラルの一画にある記念碑「ストロベリー・フィールズ」の「イマジン」のモザイク・アートを再現したもの。このグレコ・ローマン様式の作品制作に携わった卓越したイタリアの職人チーム、および贈呈いただいたナポリ市にヨーコより感謝申し上げます。


DSC05351.JPG


DSC05353.JPG


DSC05358.JPG



ミュージアムショップ。
ジョン&ヨーコ グッズがいっぱい!


DSC05359.JPG


DSC05362.JPG


DSC05365.JPG



これでおしまいです。


DSC05372.JPG



ジョンとヨーコが紡いだ言葉の数々、多くの写真とともにもう一回体験しに行きたい。


やはりその場にいて写真とともに、その言葉、メッセージの語録を見ないと、あのジ~ンとくる感動は味わえないと思うから。


DOUBLE FANTASY - John & Yoko (ジョン&ヨーコ ダブル・ファンタジー東京展)

2021年2月18日、オノ・ヨーコの誕生日までの開催である。


ぜひ行かれてみてください。





nice!(0)  コメント(0) 

世界の朝食を食べさせてくれるお店 チェコの朝ごはん [グルメ]

コロナ禍でいろいろ思うところがあって4か月お休みしていた。2017年より始まったこのシリーズ、2か月に1国の朝ごはんを体験してきたのだが、残念ながら24か国で連続記録が途切れてしまった。


仕方がない。


原因は、やはり店内が狭いのと、密集した座席配置をどうしたものか、自分なりに悩んでいた。原宿店はすごい広かったので、お気に入りだったのだけれど、残念ながら閉店になってしまい、いま外苑前本店と吉祥寺店の2店舗のみ。


予約制を取り入れて混雑する時間帯をずらしたり、いろいろお店側のほうもコロナ対策をやっていると思います。


4か月振りにひさしぶりに吉祥寺店のほうに行きましたが、驚いたのはすごい知名度があがっていて、混雑していましたね。


自分が吉祥寺店に行ったときは、オープンの時期だったから、その頃と比較すると、段違いに混雑していた。客層もすごい若い人ばかり。特に女性が多いです。ときたま外国人という比率でしょうか?知名度があがって人気がでるのはいいこと。


再開したのだから、また続けていきたいが、感染拡大の様子を見ながら、ということになるでしょうか。


今回はチェコの朝ごはんということで、思わず反応してしまい、これはぜひ行かないといけないなぁと思い、恐る恐る復活したという訳です。


今年のコロナ禍で、海外はおろか日本国内もほとんどどこにも行けず、自宅自粛生活となった本年。いわゆるどこそこに行ってきましたよ~的な日記はほとんど不可能であった。


そのような日記事情の中で自分が一番テンションが盛り上がったのは、チェコ・プラハのこと、国際音楽祭「プラハの春」、そして黒沼ユリ子さんの世界の日記のときだったと思う。


これは燃えたねぇ。(笑)

熱い語り口に思わず盛り上がりました。
自分もプラハに行ったような仮想トリップができました。

楽しかったです。


だから、チェコ、プラハのバックグランドは大分理解できたつもり。
でもチェコの食生活は、あまりわかりませんでしたね。

そういう意味でも今回のチェコの朝ごはんはとてもタイムリーなのではないでしょうか。


チェコ・プラハはぜひ一度行ってみたい国ですねぇ・・・。


でもいまチェコはヨーロッパの中でも感染状況がかなり悪い国のひとつではないでしょうか?(笑)


Following contents are based on the leaflet of World Breakfast Allday in terms of the copyright issue.



●チェコ共和国


チェコの地図2.jpg


その位置から「ヨーロッパの中心」とも呼ばれる、中央ヨーロッパの内陸国。隣国にはドイツ(西)、ポーランド(北)、スロバキア(東)、オーストリア(南)がある。自動車工業をはじめとした産業が盛んな工業国で、美しい中世の街並が残る首都プラハ(人口約130万人)は、ロンドン、パリ、ローマに次ぐヨーロッパ第四の観光都市。1918~1992年まではチェコスロバキアという国家であったが、1993年にスロバキアと平和的に分離・独立した。


126401233_3598307000225524_5496991914786806317_o.jpg


126905074_3598307006892190_6147921407125964827_o.jpg


126324421_3598307003558857_2738063969580760345_o.jpg


126206599_3598307010225523_3444456178381242480_o.jpg



街全体が世界遺産に登録されている首都プラハ。雄大なヴルタヴァ川が中世の美しい街並みを二分するように流れ、30体の聖人像が並ぶカレル橋(1402年完成)には、その華やかな光景を求めて多くの人々が訪れる。



photo4jpg-1[1].jpg


ビール大国チェコの街に欠かせない憩いの場が、ホスポダと呼ばれるビアホール。チェコのビールはとてもリーズナブルで、レストランで提供されている300mlのビールは100円ほどである。




●肉・穀物中心の食文化


内陸に位置していることから、チェコでは肉料理が中心。
こってりとしたボリュームのある料理が多いのが特徴である。


古くから小麦の生産が盛んで、タネドリーキと呼ばれる茹でた円筒状のパンが主食のひとつとして、肉料理の付け合わせや様々な調理法で親しまれている。


●朝食に甘いものを食べる。


お母さんが週末に焼いておいた菓子パン(焼き菓子)など、甘いものを朝に食べることが多い。今回のメニューにも入っているバーボフカをはじめ、コラーチ(ケシの実のペーストやクワルクチーズを乗せた丸いパン)やコブリハ(ジャムやチョコレートが入ったドーナッツ)など多彩な菓子パンが存在する。


●周辺国の影響


ドイツやオーストリア、ハンガリーなどの周辺国とも似た特徴を持つチェコの料理。ゼリーと呼ばれる酢キャベツは肉料理の付け合わせの定番。ハンガリーが起源の、煮込み料理・グラーシュもチェコ人にとっても欠かせない一品である。



127556565_3609448189111405_6037296964912820052_o.jpg


フレビーチェクはスライスしたパンにハムやサラダ、卵などを盛り付けたオープンサンド。スーパーマーケットやパン屋さんには多種多様なフレビーチェクが並んでいる。軽食としてよく食べられるほか、お祝い事や大晦日にも欠かせないチェコの名物料理である。


パンに塗るスプレッドのことをポマザーンカと呼ぶ。オイルサーディンをパテにしたものやクリームチーズにニンニクを加えたものなど、いろいろな種類のポマザーンカをパンに塗って食べるのがチェコ流である。


クネドリーキは世界的にも珍しい茹でパン。チェコの多彩な肉料理の付け合わせとして肉汁やソースをたっぷりつけて食べる。よく食べられているのは、パンを練り込んだホウスコヴェー・クネドリーキとジャガイモを練り込んだブランボロヴェー・クネドリーキがある。



127887003_3614875081902049_2197490965112184026_o.jpg


ポークカツレツやキノコのフライなど、素材に衣をつけてシンプルにあげた料理はチェコでとてもポピュラーである。なかでもチーズフライは老若男女に愛される一品。ビールの最高のお供であることはいうまでもない。


129650183_3617552954967595_5357265311564243120_o.jpg


クネドリーキは料理の付け合わせだけでなく、一品料理として食べることも。イチゴやアンズなどを丸く包んで茹でたものはオヴォツネー・クネドリーキ(オヴォツネーは果物の意味)。日本人にとってはデザートのように思えるが、チェコの人々はオヴォツネー・クネドリーキをメインの食事として食べている。



128628504_3622964554426435_5537576194572256084_o.jpg


スィーツの種類が豊富なチェコで、代表的な焼き菓子のひとつがバーボフカ。クグロフ型に入れて焼き上げる。見た目も美しいスポンジケーキ。ココアを混ぜ込んだタイプも人気で、カットするとココアがマーブル状に現れる。バーボフカはレストランなどではなく、家庭で焼いて食べるのが一般的である。


127280861_3612284298827794_4238067446099664374_o.jpg


チェコの代表的な家庭料理の一つがブランボラチュカ。じゃがいもや玉ねぎ、人参など野菜がたっぷり入ったスープ。味付けに欠かせないのがポルチーニ、ニンニク、そしてマジョラム。香り豊かで濃厚な味わいは、チェコの人々にとってまさにおふくろの味と言える。


5ed48e95f2de7-750x750[1].jpg


チェコの国民一人当たりのビール消費量は世界一位。(2018年のデータ/キリンビール調べ)その座をなんと26年間も守り続けている。世界のビールの大半を占めるピルスナータイプのビールは、チェコのブルゼニュのビールが発祥である。そのブルゼニュの街で生産される不動の人気銘柄がピルスナー・ウルケル。「元祖ピルスナー」の意味である。



ここまでが、リーフレットに書いてある説明文である。


ずっとタイピングしてきて思ったことはチェコ語は難しい。(笑)


チェコ語を日本語のカタカナ表記をすると、ちょっと我々の常識の発音範囲にない感覚である。リーフレットに記載されているカタカナのチェコ語の名称は、なになに~?なんて読む?という感じで、何回も凝視して読まないと頭に入ってこない感じである。カタカナなのに・・・。



ここからが自分が体験した実体験の味の感想である。


まずチェコでポピュラーなドリンク。チェコでは旬の果物を保存するためにコンポートにしたものを薄めたドリンクがよく飲まれている。りんごと洋梨のコンポートをアイスでいただく。


DSC04936.JPG



これは微妙だなぁ。(笑)
りんごと洋梨のフルーツの味はするけれど、なかなか美味しい!と即決できるほどでもなく微妙でございました。



これが今回のチェコの朝ごはんのワンプレート。


DSC04966.JPG



手前がチェコの名物料理のオープンサンド、「フレビーチェク」。
パンにボマザーンカと呼ばれているものを塗って食べる。
茹で卵なんかも乗っている。


これは美味しいと思いました。決して派手な味付けではなく、ふつうの素朴な味とというか、これがチェコの主食なんだな、と思いました。美味しいです。


その後ろにカップに入っているスープが、チェコのスープ、「ブランボラチュカ」。チェコの代表的な家庭料理で、じゃがいもや玉ねぎ、人参など野菜がたっぷり入っている。これは美味しいのか、と言われると微妙だが、言えることは日本では絶対味わえない味だと思いましたね。要はチェコの地料理という感じです。自分がいままであまり体験したことのない味だったので、これは珍しいというか、これこそ、地の料理の味なんだろうな、と思いました。なんて表現したらいいのか言葉が思いつかなかったです。



そしてその左横にあるチェコの焼き菓子「バーボフカ」。見た目通りスポンジケーキです。(笑)我々が日本で体験できる、見た目通りの味がします。



DSC04975.JPG


サイドディッシュにチーズフライ。
これはそのまんまの美味しさで激うま。
世界万国共通の美味しさではないでしょうか。
トロリのチーズをそのままフライで揚げたものです。


もう香ばしい、堪らん、という美味しさで、こりゃカロリー高いよな(笑)、と心配しました。これは普通に日本で食べれるのでは?



DSC04990.JPG


デザートに「オヴォツネー・クネドリーキ」。
イチゴやアンズなどの果物を、クネドリーキ“茹でパン”包んで茹でるもの。

これも凄い美味しいです。
世界万国共通の美味しさですね。
誰もが絶賛すると思います。

なんかイチゴを包んだ大福もちのようなテイストですね。
ちょっとしたイカしたデザートだと思います。


DSC04981.JPG


締めのデザートのドリンクにホットチョコレート。
これも美味しい。これまた世界共通。



こうしてみるとチェコの朝ごはん、普通に美味しかったです。
日本人の味覚に共通なものを感じますね。


チェコは肉料理が中心の食生活ということですから、できれば朝ごはんだけでなく、ボリュームある夜のメインディッシュの肉料理をガッツリといきたいものです。



4か月ぶりに世界の朝ごはんの日記を書いていたら、普段の暗いムードを一気にぶっ飛ばす明るい気持ちになれましたね。現実逃避できました。


あまりにいまの世相が暗すぎますね。


逆を言えば、こんな楽しい体験をしたならば、それを実際体験するべく、よし実際現地に行ってみようという考える段階で、あぁ~現実は厳しんだな、とそこでガッカリしますね。


そういうオマケがついてきますね。


いまみんな暗いムードの中で生きているのに、こんな日記書いていていいのかという罪悪感も多少ありますね。(笑)


でもこれを機会に、世界の朝ごはん、また続けていきたいと思っています。











nice!(0)  コメント(0) 

サントリーホール、アークヒルズのカフェ・レストラン [クラシック雑感]

コンサートホールの周辺には、必ずカフェやレストランなどの食事処、休憩処がある。それがひとつのホール・ビジネスの必須条件のように思える。


開演前や終演後のお客さんたちの楽しみ、憩いの場所となるからだ。


自分は、開演前ギリギリに駆け込むのは好きではない。かならず3時間から1時間前には到着して、そのホール周辺で待っていて、開演前の気持ちの高ぶりを楽しむのが好きである。


そういう時間が堪らなく好きである。1番楽しいときである。ただ単にそこで時間をつぶしているだけなのだけれど、そういうスタートアップする時間がある程度確保されていないと、本番に入っていけない性分なのである。


そういう意味で、コンサートホール周辺のカフェやレストランは、とても重要なのである。東京都内のコンサートホールの周辺には、かならず自分の贔屓にしているカフェ・レストランがある。


サントリーホールは、行きは銀座線の溜池山王駅から向かう。駅の長い地下通路を歩いていくと、その壁にコンサートのポスター(大概は外来オケ)が貼ってあり、それを眺めるのが好きである。


そして地上に出てホールに着くまで、ご存じのように心臓破りの坂を延々と昇っていかないといけない。


帰りは、逆に南北線の六本木一丁目駅から帰宅する。


アークヒルズは、東京都港区赤坂一丁目と同六本木一丁目にまたがって位置する複合施設である。赤坂アークヒルズとも呼ばれている。


サントリーホールは、この中の1施設として存在する。


DSC04835.JPG


サントリーホールの向かいにアーク森ビルというのがあり、その中に飲食店がひしめいているのである。


DSC04843.JPG


このテラスのテーブル、椅子はよく使わせてもらっている。でも夏のときはいいのだけれど、秋や冬は寒くて、ここで時間をつぶすのはかなり風邪をひく可能性が高い。


陳四川麻婆豆腐のお店がある。1回だけ入ったことがあったけれど、まっ陳さんのあの四川麻婆豆腐の味ですね。お値段がかなりお高かった記憶があります。


その隣には、カフェがあり残念ながらいまは閉業してしまったようだ。さらにその昔には、そこにはなんか長い間そこで営業していたお店がありましたね。お店をたたむとき、随分ファンから悲しまれましたね。


なんというお店でしたっけ?


その左隣にいくと、すごいお洒落な雰囲気のお店がある。


THE CITY BAKERY BRASSERIE RUBIN(シティベーカリー・ベーカリー& カフェ).東京・赤坂


DSC04924.JPG


DSC04927.JPG


maining_akasaka@2x[1].jpg


終演後の帰路は、南北線の六本木一丁目を使うので、ホールから駅に向かうまでに必ず目の前を通るすごいお洒落なお店である。


ずっと昔から、このお店はなんなのだろう?とずっと思っていた。一度入ってみたいとずっと思っていたのだが、結構敷居が高そうで気後れしていた。(笑)


なんかフレンチのレストランなのかな、とずっと思っていたけれど、じつはベーカリー、パン屋さん&カフェだった。


「ベーカリー」という言葉は、パンに関連する言葉であるとわかっても意味は正確には知らないという方が多いのではないだろうか?自分もその1人である。この際だから調べてみた。


ベーカリーとは、「パンや洋菓子類を製造し、販売する場所」を意味する。では、パン屋であるから、ベーカリーとパン屋は同じなのか?という疑問を持つが、その通りである。パン屋とベーカリーという言葉の理解において違いは日本ではないのが事実である。ベーカリーとは英語の言葉で、「Bakery」と読む。・・・だそうである。


このお店はNEW YORKのTHE CITY BAKERYというベーカリーの日本の支店なんだそうだ。


THE CITY BAKERYは、ニューヨーク・ユニオンスクエアで1990年に開業して以来、ニューヨーカーはもちろん、海外から訪れる人々に愛され続けている老舗ベーカリー。毎朝焼き立てのパンやペイストリーを準備し、お客様をお迎えしている。


ニューヨークの本場のシティベーカリー。


シティ・ベーカリー.jpg


創業者モーリー・ルービンは、TV局のプロデューサーとしてエミー賞を2度受賞するなど異色の経歴の持ち主。食が大好きなモーリーは、1986年、フランスにてペイストリー教室に参加したことがきっかけで、すっかりパンの虜となってしまった。ニューヨークに戻ったモーリーのパンへの思いは冷める事なく、ベーカーへの道を歩んで行く。数々のNYのベーカリーで修行をしたが、どれも彼を満足させるベーカリーではなく、自分の信じるベーカリーの開業を心に決めた。シティ ベーカリーが誕生し23年、今日も「現場で働く社長(Hands-on CEO)」として確かな味を守り続けている。


2010年20周年を迎えたシティ ベーカリーが世界初出店の地を日本と決め、2013年4月大阪(グランフロント大阪)に出店、そして2013年11月東京品川、12月広尾にオープンした。(情報引用元:シティベーカリー公式HP)


ようやく長い間謎にベールに包まれていたお店の正体がわかったので、今度サントリーホールにコンサートに行くときに体験してみます。


さて、話を元に戻して、アーク森ビルの一番右側に行くと、その横に、このビルに入るエントランスがある。


DSC04846.JPG


その中に入っていく。


DSC04848.JPG


そうするとエスカレーターがある。
それを昇っていくと・・・


DSC04850.JPG



アーク森ビルの3Fへ。


DSC04853.JPG



自分は、秋や冬の寒いときは外のテラス席で寒い思いをして待っているより、こちらの建物の中のここのベンチで座って待っているときのほうが多い。このベンチの向かいはすぐトイレになっている。もともとはトイレを探すことが目的で、この場所を発見して、この場所に辿り着いたのである。


そしてさらに奥に行くと、そこにはレストランがひしめいているレストラン街があるのである。


ここがアーク森ビルのレストラン街。


DSC04907.JPG


自分のサントリーホールでコンサートがあるときの恒例のお馴染みの食事処である。自分は昔、ここにあったお茶漬け専門店が大好きで、コンサートがあるたびにそこでお茶漬けを食べることが日課になっていた。(お茶漬け大好きなので。)


本当にお茶漬けだけを専門にしているお店なのだ。


それじゃ和風の店内内装なのか、というと全然そうじゃなくて、中は真っ黒の塗装で、洋風のフレンチ風のお洒落な内装空間だった。なんかフレンチの装いながらお茶漬け専門店ってイケているお店だなぁ~とずっと感心していたのだ。


残念ながら、ここも閉業してしまった。


最後にそのお店でお茶漬けを食べたのは、数年前の大野和士&東京都交響楽団、小山実稚恵さんのラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番を聴いたときが最後でした。


ちょっとここのレストラン街のそれぞれのお店を紹介していってみよう。



金沢かつぞう 赤坂アークヒルズ店 (能登豚とんかつ)
石川県金沢のとんかつの名店「かつぞう」さん。
「金沢まいもん寿司」系列のお店のとんかつ専門店。
「能登豚」を使っているのが「売り」である。


DSC04862.JPG



つじ半 アークヒルズ店(海鮮丼)
「金子半之助」さんと「つじ田」さんがコラボした海鮮丼の専門店。


つけ麺「つじ田」と名店「日本橋 天丼 金子半之助」の創業者が力を合わせ作り上げた絶品海鮮丼である。メニューはシンプルに「ぜいたく丼」の梅・竹・松・特上の4種類のみ。


DSC04870.JPG



成都正宗担々麺 つじ田 アークヒルズ店 (担々麺)
ラーメンの名店「つじ田」さんの担々麺専門店。

こちらの成都正宗とは・・・
名前通りで成都式担々麺と正宗式担々麺と2種類あり
・成都式は麻婆のストレートな辛味とキレ
・正宗式は胡麻の芳香の香りと旨味とコク
の2種類があり痺れも辛さも1~6まで選べるのだそうです。


DSC04872.JPG



中華そば専門 田中そば店 赤坂アークヒルズ店
「田中そば店」は博多豚骨ラーメンの有名人気店「田中商店」系列になりますが東北をテーマに置いた感じの人気ブランドで、赤坂アークヒルズ店は2018年3月にオープンした。


DSC04875.JPG



チャンロイ kaaw 赤坂アークヒルズ店


DSC04903.JPG



なんと!タイ料理もありましたよ。(笑)
運営するのは大手町や丸の内にもあるタイ料理惣菜店「チャンロイ」。
夜はタイ料理とお惣菜、昼はランチビュッフェとお弁当を提供している。
売りは店内のグリルで焼く「ガイヤーン(タイ風焼き鶏)」。  


タイ料理大好き!


むかし超嵌って、渋谷にあるお気に入りのタイ料理店に入り浸ったことあります。1週間に3回は通っていたような・・・残念ながら閉店してしまいました。そこはトムヤンクンとかタイカレーとか絶品ですが、じつはデザートのタピオカ・ココナツミルクが隠れた絶品だったのでした。



このアーム森ビルのレストラン街で、自分がぜひ入ってみたいお店が登場した。いつもの恒例のこどくお茶漬け屋さんに行こうと思って行ってみたら、お茶漬け屋さんがなくなっていて、このお店ができていた。


最初はすごくショックだったが、逆にこのお店もすごく興味が湧いたからだ。


それが「金子半之助」


DSC04859.JPG



本店は、「日本橋天丼 金子半之助」である。

江戸前天丼の名店中の名店である。


自分は3~4年前にテレビで特集されていたこのお店のことを知り、ぜひ行ってみたいとずっと思っていたのだ。


江戸前の天丼と天ぷらを気軽に。


金子半之助は浅草生まれの実在の人物で、「日本の文化は食にあり」と、誰よりも和食を愛し続けけた和食界の重鎮である。金子半之助は戦前に庶民が愛した江戸前の天丼を後世に残すため、多くの若い世代の職人へ、その技術を教え続けてきたという。その想いを孫にあたる金子真也が引き継ぎ、創業したのが「日本橋 天丼 金子半之助」である。



秘伝 江戸前の丼たれ。


金子半之助の孫にあたる金子真也が受け継いだ閻魔帳(レシピ帳)には、門外不出の「秘伝の江戸前の丼たれ」の作り方が書かれていた。控え目な甘さでさっぱりとした丼たれは、高温の胡麻油で揚げた天ぷらと、白飯に絶妙なバランスで絡み合い、最後の一口まで飽きの来ない天丼に仕上げている。


 

一杯の天丼に込められたもの。
こだわりの食材に加えて。


menu_01[1].jpg



創業にあたり、秘伝の丼たれに合う天丼のタネ(食材)は何なのか試行錯誤の末にたどり着いたのが、市場(現在は豊洲)で毎朝仕入れる新鮮な穴子、海老、烏賊、半熟玉子に野菜などを合わせた、見た目も豪快で粋な江戸前天丼。この天丼を最後まで美味しく食べていただけるよう、使用する丼鉢は保温効果を持つ底に空洞を施した有田焼の特注品を使用している。



こんな感じである。


見た目、かなりワイルドなボリュームだけれど、まさに由緒ある江戸前天丼を食すなら、この「金子半之助」だろう、とずっと思っていたのだ。


それがまさかサントリーホールの前のアーク森ビルの中に開店しているとは夢にも思わなかったのだ。(笑)これからサントリーホールのコンサートがあるときは、お茶漬け屋さんに代わって、この「金子半之助」がレギュラーな食事処になるかもしれない。


さっそく体験してきた。


店内。


DSC04880.JPG


DSC04878.JPG


DSC04888.JPG


カウンターのみのお店だが、とても清潔感溢れていて、照明も明るくて綺麗なお店だと思った。


自分は、ここで衝撃の事実を知ることになる。(笑)


ここのお店は、天丼ではないのだ。
あくまで「天ぷらめし」なのである!


いわゆる丼に入っているものではなく、天ぷらという一品の数々を、ご飯とお味噌汁、お漬物でいただく純和風のお店なのである。


さすが赤坂、六本木!(笑)


最初、あのワイルドな江戸前天丼をイメージした自分だったので、ちょっと赤坂のイメージに合わないかな、とも思ったのだが、「天ぷらめし」だったら納得いくのである。


これが金子半之助 アークヒルズ店の天ぷらめし。
ランチです。


DSC04901.JPG



ワイルドに丼を口の中にかきこみたい自分にとって、なんともお上品すぎて、食べ応えないのである。(笑)なんか食べた気がしませんでした。(笑)


でも美味しかったです。
天ぷらもからっと揚げられていて、本当に上品な天ぷらでした。


今後のサントリーホール公演のときのレギュラーな食事処となるかどうかは、何回か通って決めたいと思うところです。



最後に上野の東京文化会館のコンサートのときのレギュラーな食事処も紹介しよう。


上野駅の駅ナカにはたくさんの候補のお店があるけれど、なぜか自分は昔からこのお店に愛用している。


洋食や 三代目 たいめいけん


DSC04821.JPG



日本橋に本店があって、そこはいつも大行列でとても並ぶ気がしないのだけれど、この上野駅の駅ナカは偶然見つけました。目立たないところにあるせいか、ここは比較的空いているのである。日本橋本店は劇混みで入れないので、たいめいけんは体験できそうにないと思っていたのだけれど、偶然この駅ナカに見つけた、というのが経緯である。「洋食や 三代目 たいめいけん」は都内各所に店舗があるようだ。茂出木 浩司氏がその三代目で、一時期テレビで人気者だった。


たいめいけんで有名なのは、故・伊丹十三監督が愛した「タンポポオムライス」ですね。


店内


DSC04824.JPG


DSC04827.JPG



ここもとても清潔感あふれる綺麗なお店である。



ビーフシチューオムライス。
激ウマシ!


DSC04832.JPG



毎年春におこなわれる上野の風物詩、東京・春・音楽祭のシーズンになると、必ずこのお店でオムライスを食べてから、東京文化会館に向かうという自分のひとつの定番の決まった行動なのである。











nice!(0)  コメント(0) 

大姫 [雑感]

源義経を主人公にしたドラマでは絶対登場しないのである。大姫は、源頼朝を中心に添えたドラマでないと登場しないヒロインなのである。


2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主要キャストが決まり、俄かに盛り上がってきた。来年でなく、まだ2年先のことなのに。(笑)


みんな魅力的な俳優さんばかりで、自分の期待通りのセンスの良さで大満足である。この中で、大姫役の南沙良さんは、自分の大姫に抱いているイメージ通りでいいと思った。


EnAEXUkXUAETLD_.jpg



楽しみである。


大姫というのは、歴史の教科書にもまず出てこないし、源頼朝の娘なので、頼朝を扱う物語でないと登場してこない人物である。


だからあまり知らない人が多いと思う。


でも自分にとって、頼朝鎌倉物語を語るうえでは、この大姫は欠かすことのできないとてもメモリアルな人物なのである。


大姫というのは、こんな人生を辿った人物である。



源頼朝と対立していた木曽義仲は、長男で当時11歳の木曽義高を人質として鎌倉に送り、当時6歳の大姫の婿とする事で頼朝と和議を結んだ。しかし頼朝と義仲の関係は破局し、翌年義仲は頼朝の送った軍によって都の郊外で敗死する。


頼朝は将来の禍根を断つべく義高の殺害を決める。それを漏れ聞いた侍女たちから知らせを受けた大姫は、明け方に義高を女房姿にさせ、侍女たちが取り囲んで邸内から出し、ひづめに綿を巻いた馬を用意して鎌倉を脱出させる。


義高と同年の側近であった海野幸氏を身代わりとして、義高の寝床から髻を出し、義高が好んで幸氏といつも双六勝負していた場所で双六を打ち、その間殿中の人々はいつも通り義高が座っているように思っていたが、夜になって事が露見する。


頼朝は激怒して幸氏を召し捕り、堀親家以下軍を各所に派遣して義高を討ち取るように命じる。周章した大姫は魂を打ち消すほど打ちしおれてしまう。親家の郎党である藤内光澄が鎌倉に戻り、入間河原で義高を討ち取った旨を報告する。


この事は内密にされていたが、大姫の耳に入り、悲嘆のあまり水も喉を通らなくなるほどだった。政子は大姫が病床に伏し、日を追って憔悴していくのは義高を討ったためだと憤り、ひとえに討ち取った男の配慮が足りなかったせいだと頼朝に強く迫り、藤内光澄は晒し首にされた。


7歳であった大姫の心は深く傷付き、その後十余年を経ても義高への思いに囚われては床に伏す日々が続く。義高のための追善供養や読経、各寺院への祈祷などあらゆる手が尽くされたが効果はなかった。


大姫入内運動は、頼朝が通親・丹後局に利用され、結果的に朝廷の反幕府派の台頭を招く重大な結果をもたらした。頼朝は大姫の死後、次女・三幡の入内工作を進めて女御となるも、自身と三幡の相次ぐ病死で頓挫する。


それまで常に冷徹な政治家であった頼朝のこれらの最大の失策は父親としての思いからとも、娘を天皇の后に立て自らが外戚になるという、中央貴族の末裔としての意識を捨てきれなかった限界とも評されている。




自分も1979年(昭和54年)のNHK大河ドラマ「草燃える」で、この大姫の存在を知った。


大姫は、頼朝と政子の長女。木曽義高と恋におちるが、最終的には義高を父頼朝に誅され破局する。これが原因で精神を病み、若くして亡くなる。


そんな悲劇のヒロインなのだ。


当時の草燃えるでは、大姫の少女時代に西尾麻里さん、斉藤こず恵さん、そして大人時代に池上季実子さんが演じていた。


このときの池上季実子さんの熱演に自分はすっかり感情移入してしまい、大姫ってなんて可哀そうなのだろう、と子供心に相当悲しい気持ちになった。


なんというのかな、可哀そうというか、切ないというか、そんな安易な言葉ではとても表現し尽せない、複雑に絡まった愛情、いま思えば、当時16歳だった子供の自分は、大姫に心底恋に近い同情をしていたのかもしれない。


大姫はまさに悲劇のヒロインなのである。ずっと父・頼朝、母・政子に心を開くことなくその悲劇の人生を閉じた。


石坂浩二さんの頼朝も、岩下志麻さんの政子も、この大姫に対してはどうすることもできなかった。


それ以来自分はこの大姫役の池上季実子さんの大ファンになってしまった。
大姫といえば池上季実子さんなのである。

それ以来、他局のドラマなどで、池上季実子さんが出演するドラマの追っかけをしていたりした。


それだけ大姫役の池上季実子さんは当たり役だった。
衝撃だった。


この草燃えるの大姫役が池上季美子さんの大河デビューだったが、この鮮烈のデビューで2年後、4年後の大役を演じることになる。1981年「おんな太閤記」の茶々と1983年「徳川家康」の築山殿だ。3作とも凄絶な美しさを発揮している。


草燃えるで特に印象的だったのが、第30話の「大姫錯乱」。


都から、大姫(池上季実子)を帝の后にという話が持ち上がる。朝廷と鎌倉をつなぐため、頼朝はこの話に乗る。しかし、亡き義高を忘れられない大姫は重い病にかかってしまい、容態が回復しないまま。


大姫の容態が悪化。自ら髪も切り「小さな女の子に戻って義高さまと...」義高はおかっぱ頭が好きだったのだ。そして容態が回復することはなく大姫はその短い生涯を閉じる。20歳。


子供心に泣いた。


それ以来、自分は意外や歴史人物として知られていないこの大姫にすごく関心を持つようになったのである。頼朝鎌倉時代を語るうえでは、大姫は自分にとってとてもメモリアルな人物だったのである。


「鎌倉殿の13人」での大姫役は誰なのだろう?とすごく興味を持っていた。


南沙良さんは、若すぎる役者さん、タレントさんで自分はよくわからないのだけれど(笑)、写真のイメージから、とても大姫にぴったりの感じがして熱演をしてくれるものと期待してしまうのである。


まだ2年もあるけれど、いまから楽しみで楽しみで待ちきれない感じである。






nice!(0)  コメント(0) 

東京芸術劇場のおむすび屋さん [グルメ]

コンサートホールに行くと、かならずその周辺には、ちょっとしたカフェや飲食店があるものだ。コンサートに行くお客さんが、その開演前の腹ごしらえや、開演までの時間つぶしの休憩の場所などで重宝するからだ。ちょっとしたコンサートホール特需事情というものではないだろうか?


お客さんによって、このホールに行ったなら、必ず寄る贔屓のお店、定番のお店ってあるはずだ。自分も、そのコンサートホール各々において、必ずそういうお店を持っている。


人気のあるコンサートホールというのは、必ずそういうお店を近くに備えている。
それがコンサートホール立地条件のひとつのmandatoryの条件なのではないのだろうか?


サントリーホールなら、アークヒルズ内のアーク森ビル内にあるレストラン街。


昔、ここにお茶漬け専門店があって、自分はものすごく重宝していた。(お茶漬け大好きなので。。。)サントリーホールに行ったなら、必ず寄っていた。開演前の儀式みたいなものだった。でも残念なことに、アーク森ビル・リニューアルに際して閉業してしまったんだよね。


いまは、ここに入っている有名な天丼屋さんを体験してみたいと思っています。天丼超デカ盛りで有名なお店です。でも開演前はちょっとヘビーでしょうか?(笑)


ミューザ川崎なら、ホールが入っているビルの地下にある飲食店街。


東京文化会館なら、上野駅の駅ナカの飲食店街。特に東京・春・音楽祭のときで通い詰めるときは、この駅ナカの洋食屋のたいめいけんに寄ってオムライスを食べるのがひとつの縁起担ぎである。


たいめいけんは、日本で超有名な洋食屋さんで、日本橋のたいめいけん本店はいつも大行列なのだが、意外や、この上野駅の駅ナカのたいめいけんは、盲点なのか、意外やすんなり入れる。


そんな中で、昨日大感動したコンサートでの会場だった東京芸術劇場は、そういう飲食店を見つけるのがなかなか難しいホールだと思う。


東京芸術劇場の中には、そういう飲食店施設がほとんどない。
もうそうなると施設外にいったん出るしかないのではないだろうか?
(近辺は、それこそ繁華街真っ只中です。)


そんな東京芸術劇場の非常に難しい環境の中で、自分が昔から重宝しているのが、「手造りおにぎり吾ん田 東京芸術劇場店」である。


東京芸術劇場に入ったら、その1Fのフロアの一番奥にある。


DSC04746.JPG


DSC04748.JPG


DSC04754.JPG



お茶類もあります。


DSC04756.JPG


東京芸術劇場内には、そういうあまり食べるお店がないので、意外やコンサート開演前のちょっとした腹ごしらえに使っている人は結構多いと思います。


会社の定時時間と同時に飛び出して、急いで開演に間に合うように電車でかけつけて、着いたと同時に、でもちょっとお腹が空きすぎて、終演後までにはとても我慢できないや、というようなときにもってこいのお店である。


自分は東京芸術劇場のコンサートの場合は、必ずここを利用する。
ここのおにぎりを食べないと、なんかここに来た感じがしないものである。
相当昔からのおつきあいである。


「手造りおびぎり吾ん田 東京芸術劇場店」の吾ん田のおにぎりは、スタッフがひとつひとつ丁寧ににぎっているまさに手作りのおにぎりなのだ。


だからいつもできたてのホカホカで温かい。
その日のお米がなくなったら、もうそれでその日は終業となる仕組みである。


使っているごはんは厳選した白米と十五穀米から選べるようになっている。
厳選した十五種類の雑穀をつかった「からだに美味しい」十五穀おにぎりである。
具材は約15種類の定番のほかに日替わりメニューも取り揃えている。

つけあわせのお惣菜もそろえてあります。


VnGwSamYXQipQCu1607814038[1].jpg


DSC04751.JPG


そしてなんと!うれしいことに、お茶漬けもあるのだ!(お茶漬け大好き!)


メニューとしては、


おにぎり単品での注文もいいが、おにぎりとお惣菜とお味噌汁のセットでの注文もOKである。


hZCq5bGp9O6oJTU1607814129[1].jpg


「手造りおにぎり吾ん田」は、店舗として2店舗あって、新宿野村ビル店と、ここの東京芸術劇場店である。


自分が、偶然にも発見したのは、この東京芸術劇場店のほうだった、ということになる。

新宿野村ビル店はこんな感じなんだそうである。(引用元:公式HP)


おむすび吾ん田・新宿野村ビル.jpg


「手造りおにぎり吾ん田」は、店舗でのおにぎり供給だけではない。
デリバリーやロケ弁・スタジオ撮影等の早朝配達などのビジネスも強化中である。


そのほか企業(福利厚生)提供用、社員/スタッフ向けの朝食、学校・保育園など、かなり幅広く広げているようだ。


やり手だなぁ。(笑)


そこはやはり手造りでできたてのほっかほっかだというところが一番訴えているところなのではないだろうか?


デリバリーは、新宿野村ビル店だけのようだが、そのお得意様の主要取引先を見るともうびっくりである。テレビ局なんて、(株)日本放送協会、日本テレビ放送網(株)、(株)TBSテレビ、(株)フジテレビジョン、(株)テレビ朝日、(株)テレビ東京、NHKエンタープライズとあるから、ほぼすべての国営、民放におにぎりを提供しているみたいである。


みんなロケ弁、お昼ご飯に、「おにぎり吾ん田」を重宝しているんだね。(笑)


そのほかにも、ものすごい数の企業が、吾ん田のおにぎりを贔屓にして食べているのだ。

東京都庁もあった。


一見したところ、細々とやっている零細企業なのか、と思っていたが、なかなかじつはやり手のビジネスだったようだ。


さっそくこの日、自分も頼んでみる。
朝からなにも食べていなかったので、おにぎり5個!!!豚汁つき。

本当ににぎりたてのほっかほっかで、美味しかった。


DSC04760.JPG



そしてお茶漬けも!(笑)


DSC04766.JPG


開演前に、ここのおにぎりを食べないと、なんか東京芸術劇場のコンサートに来た気がしないです。東京芸術劇場にお越しになった際は、ぜひご利用になってみてはいかがでしょうか?


手造りおにぎり吾ん田
http://gonta.p-kit.com/


Twitterもやっています。
https://twitter.com/onigirigontaikb


47フォロー中、63フォロアーと、とても細々とやってます。
こういう慎ましやかさ、自分は大好きです。(笑)


おにぎりアクションってご存じですか?

 

おにぎりアクションは、日本の代表的な食である「おにぎり」をシンボルに、「おにぎり」の写真をSNS(Instagram,Twitter,Facebook)、または特設サイトに投稿すると、1枚の写真投稿につき給食5食分に相当する寄付(100円)を協賛企業が提供し、NPO法人TABLE FOR TWO Internationalを通じてアフリカ・アジアの子どもたちに給食をプレゼントできる取り組み・・・なのだそうだ。


まさに、「おにぎりで世界を変える。」


自分のこのおにぎりの投稿写真も、おにぎりアクションしたいです。



東京芸術劇場に来ると、時間つぶしに使うカフェもついでに紹介しよう。なにせ自分の性格から、開演前の相当前にたどり着くのが常なので、時間つぶしのカフェも重要である。(開演前ギリギリに入るのは、絶対嫌です。)


池袋駅から東京芸術劇場に通路越しに入っていく途中にあるカフェだが、逆に東京芸術劇場側から辿ると、地下のこの通路口にずっと歩いていくとすぐ見つかります。


ruyulcC2aGXt6Hh1607814318[1].jpg


なんかパリのメトロ、ストリートや住所標識の感覚があって素敵です。


DSC04779.JPG


Patio de METRO


DSC04783.JPG


DSC04785.JPG


DSC04787.JPG



ここは結構雰囲気があって、いつも時間つぶしに重宝しています。
珈琲専門店ですが、サンドウィッチなどの軽食もあります。


壁に多くの時代物の写真やスケッチがあるのが素敵です。
パリのエッフェル塔の建築中のフォトですね。いま絶賛建築中という写真です。


DSC04794.JPG



 



nice!(0)  コメント(0) 

バルバラ・フリットリ ソプラノ・リサイタル [国内クラシックコンサート・レビュー]

バルバラ・フリットリは、自分が贔屓にしているソプラノ歌手の中でもとびぬけて大のお気に入りの歌手である。彼女の実演も幾度か体験しているが、やはり確固たる実力があって、そして華のある歌手だという揺るぎない事実を突き付けられた感じがしたものだった。


その中でも自分が大感動した2014年に東京オペラシティ・コンサートホールで開催されたソプラノ・リサイタルについてのコンサートレビューを紹介しておこう。


このレビューは、2014年6月4日の公演直後に、mixiのほうにアップした日記なのだけれど、ブログのほうにはまだ紹介していなかった。


バルバラ・フリットリは、自分のクラシック人生の中でも絶対避けては通れない歌手なので、やはりブログのほうにも掲載しておく必要がある。


しかし、この頃のコンサートレビューって、自分はしっかり書いていたんだなぁ。
いまはとてもじゃないけれど、こんなに書けないや。(笑)

いまのコロナ禍、彼女はいまどうしているのか・・・
また来日して彼女の生の声を聴いてみたいものである。(2020.12.11記)




バルバラ・フリットリといえば、イタリアの正統派ソプラノとして、ナンバーワンの実力と人気を誇っている。

イタリア生まれで、現代最高のソプラノのひとり。スカラ座のプリマとして活躍していた時期もあったし、特にヴェルディのソプラノを歌わせたら天下一品、他の追随を許さないだろう。


品格があり、色艶のある美しい声。テクニックも抜群。そして見事な声色コントロール。 なによりも存在感と華がある。


あの3.11の東日本大震災の後に、来日予定の歌手がどんどんキャンセルするなか、動じることなく来日を果たし、素晴らしいパフォーマンスと声を聴かせてくれた、そのプロ根性。


そして見事な声のパフォーマンス、そしてその外観の格好よさ、これに私はいっぺんに虜になってしまった。親日家でもあり、頻繁に日本にも来てくれる。やはりこういう真摯な態度が、必然とファンを魅了するというか、ファンを引き付ける要因にもなり、彼女の大きな魅力にもなっているような気がする。


今、ヴェルディのヒロインを誰で聴きたいかと言われたら、フリットリに指を折る、と思う。声の美しさに加えて、美しく端正なイタリア語の響き、格の高さ、整ったフォーム。本当に理想的である。


フリットリの素晴らしさは、歌手としての知性にもある、と思う。彼女の演奏に決して裏切られたことがないのは、自分の声を知り、合わないものは避けてきた賢明さが大きいと思うのだ。


そんな彼女のリサイタル。歌曲リートではなくて、管弦楽を携えての本格的なリサイタル。


1927567130_187[1].jpg



そして演目も、得意のモーツァルト、ヴェルディだけではなく、まさにこれでもか、というくらい豪華な多種多様な作曲家の曲を歌い上げ、その多才な面も魅せてくれた。


彼女の姿勢として、自分の声に合うものを基準に選んでいる、と述べたが、一見、自分の声質の可能性への挑戦とも言えるバラエティ豊かな今回の選曲だが、でもベースはやはり自分の相応というのをわきまえているのだ。


ドレスは前半は、下地にブラウンの生地を着て、その上に薄い黄色のドレスを羽織る感じ。そして後半は、黒のロングドレス......素敵。


すごい大柄で、体格も凄くて、圧倒されるくらい存在感がある。バックにオケと指揮者がいる訳だが、その前に彼女が立つと、決して負けないというか、彼女だけがすごく映えて見える、というか、とにかく周りを鎮圧するともいうべき圧倒的な存在感なのだ。


最初の曲の歌いだしのときは、意外に声の通りが悪く、よく聴こえなくて、意外と声量がないな、とも思ったが、それはエンジンがかかっていないだけであった。曲が進んでいって、みるみる内に、その圧倒される声のパフォーマンスがそのホール全体に響き渡り、聴衆を制圧する感じで、本当に圧巻だった。


彼女の声質は、色艶があって透明感のある声質と感じる、強唱のときにも耳にキツく感じることなく、まさに青天井の圧倒的な歌唱力で、弱・中のフレーズからのつながりもすごい滑らかで抜群のうまさを感じる。そして、なによりもその美しい容姿と、その表現力は他のソプラノ歌手では追随を許さないところ、と改めて思ったのである。


いま飛ぶ鳥の勢いのネトレプコでも、まったく足元に及ばない存在感というか、いわゆる”正統派の本物”の質の高さというのが感じ取れる。


やっぱりフリットリといえば、暗譜だろう。


前半のときは譜面台を前において歌う訳だが、まぁそれなりに素晴しいパフォーマンスであるが、後半になって、これが彼女の18番であるモーツァルトやヴェルディの曲になると、おもむろに、譜面台を横に外して、暗譜で歌い始めるのだ。


そうすると、どうだろう!


しなやかな手振りなど、じつに体全体を使って情感たっぷりに歌うその姿は、まさに迫真の表現力ともいうべきもので、それにその澄んだ美しい歌声が加わり、まさに最高に絵になるソプラノ歌手となるのだ。


彼女の手の振りを見るとわかるのだが、すごい流線形というか、ものすごい滑らかで、あのしなやかな所作は、彼女の生来の持味なのだと思う。


この暗譜で歌うときの彼女は、譜面台がある場合とでは雲泥の差があり、やはり彼女の本質は、演劇をともなうオペラ歌手なのだろうなぁ、ということを再確認した。


もう最後のアンコールの3曲なんて、もう絶賛、最高潮の状態で、会場も興奮のるつぼと化した。


特に今回のちょっとしたサプライズとしては、フランス歌曲やフランス・オペラを取り上げたところだった。ベルリオーズの「夏の夜」ではフリットリの声に合った、とてもチャーミングな歌曲だと思ったし、またデュパルクの珠玉のフランス歌曲でも、本当に魅力的な歌唱だった。フランス・オペラではマスネの「マノン」からアリアもフリットリの違った魅力を感じ取れた。


じつは彼女は、これまでに「ホフマン物語」のアントニアや「カルメン」のミカエラなどを歌って、フランス・オペラにも精通しており、そんなところにも今回の彼女のチャレンジがあったのだと思う。


またマスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲や、マスネのタイスの瞑想曲など、彼女なしのオケの演奏だけの曲もあり、これまた名曲なので、じつに旋律が美しく、うっとりさせられる。


こういったわかりやすい初心者向けの名曲をちりばめたりして、1本調子にならないような工夫がされており、コンサートの完成度を高めていたと思う。


カーテンコールのときや、アンコールのときの彼女のしぐさは、すごくお茶目で、何回も何回も会場の笑いを一斉に誘っていた。


じつにチャーミングで可愛らしい女性だ。


以前から思っていたことなのだが、自分はオペラを観るより、こういうリサイタルのほうが手軽に好きな歌手の声を堪能できるから好きだ。


オペラは、予習が大変だし、観劇にものすごい体力がいる。1番の理由は、好きな歌手が衣装を着て化けていることなのだ。リサイタルのほうが現代風の衣装で、素のままの歌手の素顔、姿が楽しめるから、身近に感じていい。


今回の彼女のそんな素の姿を観れて、本当に感激であった。


やはり自分にとって永遠のディーヴァ、麗しきの君であることを再認識できたし、その美声と容貌、そして卓越したその表現力は、自分は永遠に追い続けるだろう、と確信した幸せな一夜であった。


こちらが私が撮影したカーテンコール。


25940505_2080245624_76large[1].jpg



こちらが、FBから拝借してきた日本舞台芸術振興会のページの写真。
さすがプロです!


25940505_2080245619_90large[1].jpg


25940505_2080245623_95large[1].jpg


25940505_2080245621_47large[1].jpg


25940505_2080245614_31large[1].jpg



バルバラ・フリットリ ソプラノ・リサイタル
2014.6.4(水) 19:00~ 東京オペラシティ コンサートホール

ソプラノ:バルバラ・フリットリ
指揮:アレッサンドロ・ヴィティエッロ
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団


曲目


第1部
ドニゼッティ:歌劇『ラ・ファヴォリータ』より序曲
デュパルク:「旅へのいざない」
デュパルク:「悲しき歌」
ベルリオーズ:歌曲集「夏の夜」より第1曲「ヴィラネル」
ベルリオーズ:歌曲集「夏の夜」より第6曲「知られざる島」
マスカーニ:
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲
トスティ:アマランタの四つの歌


第2部
モーツァルト:歌劇『皇帝ティートの慈悲』より
“おおヴィテリア、今こそ~今はもう美しい花のかすがいを”
モーツァルト:歌劇『ポントの王ミトリダーテ』より
“恩知らずの運命の厳しさが”
マスネ:タイスの瞑想曲
マスネ:歌劇『マノン』より”さよなら、小さなテーブルよ”
ヴェルディ:歌劇『アイーダ』より”勝ちて帰れ”
プッチーニ:歌劇『マノン・レスコー』より間奏曲
プッチーニ:歌劇『トスカ』より”歌に生き、恋に生き”


~アンコール
・チレア:歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」より「哀れな花よ」、「私は創造の卑しい僕」
・マスカーニ:歌劇「友人フリッツ」より「この僅かな花を」








nice!(0)  コメント(0) 

オーケストラ鑑賞復活・強化月間 [クラシック雑感]

松本での生音復活の御祓コンサートが大成功に終わり、この御祓さえ済んでしまえば、あとは、好きなときに、好きな公演を、好きなタイミングで、いつものペースに戻す。


自分は言ったことは必ず守りますから。

有言実行!

12月、1月(正月)は、在京楽団・強化月間とすることにした。


いままで自粛生活でたまりにたまった募る気持ちを一気に晴らします。在京楽団のみなさんにたくさんたくさんの愛情を注いで、思いっきり盛り上がりたいと思います。


いまはコロナ禍で、海外のオーケストラやアーティストの来日が難しい状況。
こういうときこそ、国内の演奏家が大活躍するチャンス。


やっぱりコロナ前は、どうしても海外旅行に行かないといけないとか、外来オケや外来アーティストの来日で、ちょっと桁の違う金額が羽のように飛んで行ってしまう。


その中の合間を縫って、国内オケや国内アーティストのコンサートに足を運ぶという優先順位だった。


今日チケットを取ったけれど、こんな安価な値段で、上質なコンサートが聴けるなんてすごいと改めてびっくり。海外旅行や外来オケ来日がいかに負担増だったか、よく身に染みました。


昔ならいざ知らず、いまの日本のオーケストラや演奏家の演奏技術は、驚くほど上達していて、海外オケなどに一歩もひけを取らないどころか、その上をいくほど凄いこともある。


日本は、クラシック大国というか、本当にクラシック愛好国だとつくづく思う。
たくさんの愛するファンに囲まれていますね。


コンサートを聴く対価がこんな安価で、これだけ上質なクラシック・コンサートが聴けるなんて、本当に日本はいい国だと思います。


海外オケ&アーティストが来日できないいまこそ、その事実が大きく浮き彫りになって再認識されているのではないだろうか?


自分は1900年代、2000年代と高価な外来オケのコンサートは、それこそ湯水のようにお金を使って行っていたものだった。


それがクラシックを自分のものにする社会勉強みたいなものだと思っていた。
勉強代、修行代みたいなもの。

勉強・修行するには、お金がかかりますね。
常々言っていますが、湯水のようにお金をつぎ込まないと自分の血肉になりませんね。
経験が一番大事です。


さらには海外のホールまででかけて自分の意識の啓蒙活動をする。
クラシックの場合、現地を体験することはとても大切ですね。
クラシックを学んでいく、自分の血肉にするには、本当にお金のかかる趣味ですね。


ベルリンフィル、ウィーンフィル、コンセルトヘボウ etcetc・・・。来日したら必ず行っていましたからね。ウィーンフィルなんて、サントリーホールと提携しているから、毎年来日しますから。もう毎年必ずサントリーホールに行ってました。


いまは亡きアーノンクール、そしてメータ、ムーティ、エッシャンバッハ、プレートルetcetc・・・思い出せないくらい。


ベルリンフィルも毎年ではないけれど、3年、4年単位で来日してくれるので、それも必ず行っていた。


海外オケやアーティストは、やはり華があり、話題性抜群で、お客さんもそれだけのお金を出してコンサートに行きたいという外来志向というかブランド志向が日本のクラシック層の根底には大きく根付いていますね。


そうすることで、自分になにか達成感というか満足感を得ますね。日本のクラシックファンには、せっかく自分がお金を出すんだったら、有名なオケを体験してみたい、という気持ちは絶対あるのではないでしょうか?


でも歳をとってくると、予算体力が落ちてきて、いわゆる自分のその頃にあったような熱いエネルギーのようなものが薄れてきますね。


そういう外来オケなどに大金をつぎ込むのは、自分のクラシック人生の中で一時期、過渡期に限られるような気がします。


その熱い時期を通り過ぎると、考え方がちょっと変わってきますね。

もっと冷静な落ち着いた目線で、クラシック界を見るようになりますね。


もちろん予算体力があるなら、歳を取っても外来オケ行き続けるかもしれませんが、それでも自分の精神状態から、もっと違う目線で、クラシックの新しい局面を覗きたくなるような気持ちになります。


若手演奏家や国内オケ、そういう方面に自分も徐々に軸足を移していくのでは?という気持ちの移りようを昨今感じます。


安価で良質な音楽。
そちらに魅力を感じるようになっているかも?


お金をたくさん使うと、すごい罪悪感が残りますね。(笑)


限られた収入の中で生活をしていかないといけない訳ですから、インとアウトの関係は決まっていて、そこでやりくりをしていくとなると、状況に応じて、自分を変えていかないといけませんね。


でもでも・・・やっぱり海外オケ&海外アーティストは話題性があって華があるから、(なんだかんだ言って自分も大好きだし)どうしても行きたくなって、いろいろやりくりして行くというジレンマは永遠に続くのではないでしょうか?(笑)


まぁそれが日本のクラシックの今様なんだと思います。


あと、最近思うことに、海外の演奏家には、自分の熱い想いとか愛情とかが伝わらない自分からの片想い、一方通行の愛だと思うことですね。これは仕方ないことですね。


でも日本の演奏家には、そんな自分の想いとか、愛情が必ず伝わるような気がします。そのほうが愛は報われる、というか、応援している身からすると応援しがいがあるというものなのではないでしょうか?


そんなコロナ禍のいま、絶対国内オケ、在京楽団を徹底して聴くいいチャンス。

徹底的に計画しました。
チケットもすでに全部取得済み。


やるときゃやります!



●公演日:2020/12/12(土)14:00
会場:東京芸術劇場 コンサートホール (東京都)

NHK交響楽団/秋山和慶(指揮)
[独奏]諏訪内晶子(vl)
曲名: ベートーヴェン(ヴァイオリン協奏曲ニ長調)/他


geigeki[1].jpg


やっぱりトップバッターはN響。諏訪内さんのヴァイオリンが聴けるのは、本当に久しぶりで楽しみです。ヴァイオリン協奏曲でベートーヴェンほど難しい曲はないと言っていたのは諏訪内さん自身でした。



●公演日:2020/12/17(木)19:00
会場:東京文化会館 大ホール (東京都)

都響スペシャル2020(12/17)
[指揮]小泉和裕 [独奏・独唱]ゲルハルト・オピッツ(p)
曲名:ベートーヴェン(交響曲第5番ハ短調「運命」)/他


5c99048e21a05536bc6b70820694a935[1].jpg


在京楽団の中でもトップクラスの演奏力の都響。小泉さんの指揮も本当に久しぶりです。都響は昔、インバルとのマーラーツィクルスを2年間かけて東京芸術劇場と横浜みなとみらいで聴いて、あの熱い想い出は一生忘れられないです。



●公演日:2020/12/28(月)18:30
会場:サントリーホール 大ホール (東京都)

[指揮]ジョナサン・ノット [独奏・独唱]ジャクリーン・ワグナー(S)/
カトリオーナ・モリソン(Ms)/クリスティアン・エルスナー(T)/リアン・リ(バスバリトン) [合唱]新国立劇場合唱団 [演奏]東京交響楽団 曲名: ベートーヴェン(交響曲第9番ニ短調「合唱付」)


hall_main_photo[1].jpg


ジョナサン・ノットがついに来日できる!海外ビザも取得済み。あとは14日間の隔離のみ。ノットは、コロナ禍の来日に向けて随分苦杯をなめてきたからね。


本当に超話題のコンサートです。
しかしこのコロナ禍で第九とは!
はたまたどんな騒動になるのでしょう?
独唱ソリスト、合唱団の感染対策は?
話題はつきないコンサートです。



●公演日:2020/12/31(木)15:00
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール (神奈川県)

[指揮]下野竜也 [演奏]東京交響楽団
[出演]小川典子(p) / 南紫音(vl) / 宮本益光(Br)
曲名: ベートーヴェン(エリーゼのために)/ベートーヴェン(ピアノ協奏曲第4番より)/
ベートーヴェン(ロマンス第2番)/他


69035466_2349326578449338_3921736089676546048_n[1].jpg


今年の年末年始は帰省しません。だから大みそかはミューザ川崎でジルベスターコンサート。小川典子さんのピアノを拝聴できるのは最高に楽しみかも?小川典子さんはミューザ川崎のホールアドバイザーでもあるのです。



●公演日:2021/1/3(日)14:00
会場:すみだトリフォニーホール 大ホール (東京都)

新日本フィル ニューイヤー・コンサート2021
[指揮]中田延亮 [独奏・独唱]サミュエル・エリクソン(vc) [司会]田添菜穂子
曲名: ポッパー(ハンガリー狂詩曲)/他


s031020[1].jpg



新日本フィルも絶対外せない。今年は新年あけましておめでとう!のニューイヤーコンサートでお世話になることになりました。新日本フィルを聴くなら、サントリーではなくて、やはりすみだトリフォニーで絶対聴きたいです。だからこの公演を選びました。すみだトリフォニーは超すこぶる音響素晴らしいです。鳥肌立ちます!



●公演日:2021/3/4(木)19:00
会場:Hakuju Hall (東京都)

曽根麻矢子(cmb)
公演情報:バッハ連続演奏会 BWV I ゴルトベルク変奏曲


m_DSC02201[1].jpg



日記でも紹介した曽根麻矢子さんのチェンバロのバッハ連続演奏会。
このツィクルス、自分は全公演コンプリートしようと思っています。
2025年までの5年間かけての全曲連続演奏会。
これは絶対コンプリートする価値はあると思いますよ。

すでにチケットオンセールで、ほとんど売り切れ状態で、あやうく
買えないところでした。アブナイ、アブナイ。
SNSで告知してください~。(笑)



自分はコンサートホールが大好きだから、なるべくいろいろなホールに行けるように工夫しました。サントリーホール、ミューザ川崎、東京文化会館、東京芸術劇場、すみだトリフォニー、ハクジュホール。東京都内で、もうこれ以上ないというほど豪華なコンサートホール・ラインナップではないでしょうか?


N響、都響、東響、そして新日本フィル。


まだたくさん聴きたいオケはありますが、まずはこれだけでも王道路線を走っていると思います。5公演中なんと4公演が全部ベートーヴェンなんですね。(笑)ベートーヴェン・イヤー、ひたすら続きます。


1公演づつコンサートレビューの日記を全部書くのは、さすがに大変なので、当日はつぶやき程度で、全部終わったら、統括みたいな感じで全部まとめてひとつの日記にしようと思っています。


コンサートホールに着いたら、開演時間までホワイエでぶらぶら。
開演前のホールで、どんどん座席が人で埋まっていくさま。
ブレイク、インターバル。
そして終演後の興奮と熱気を帯びた観客の帰路。


そんなふつうの日常だったあたりまえの光景、早く元に戻ってほしい。
それをこの12月、1月の強化月間でじっくりその有難みを味わってきたいと思います。





nice!(0)  コメント(2) 

松本グルメ そのさん [国内音楽鑑賞旅行]

いままで松本グルメでどうしても体験していなかった名店があった。それが「うなぎのまつ嘉」である。ここは本当に超人気店で、11時半開店と同時に速攻で売り切れ閉店になってしまう超難しいお店なのだ。だからその名声はよく知っていたのだけれど、なかなか敷居が高いと思っていた。


今回初挑戦してみようと思ったのである。



●うなぎのまつ嘉


開店と同時に売り切れ!長野県松本市が世界に誇る鰻の名店「うなぎのまつ嘉(まつか)」。開店から10分も経たないうちに売り切れの札が店先に並んでしまうという、知られざる鰻の名店が長野県松本市にあるのだ。


江戸時代から6代つづく鰻の名店、それが「うなぎのまつ嘉(まつか)」


こちらのお店、実は江戸時代から続くうなぎの名店として、松本市内はおろか、全国に名前を轟かせるお店。そのため、全国から美味しい鰻を求めて、鰻好きが毎日のように押し寄せているのだそうだ。


そしてこちらのお店、予約ができないことでも有名なお店。


そのため、多くの人々が11時30分の開店前から美味しい鰻を求めて行列をつくり、平日であっても11時30分の開店と同時に売り切れとなってしまう。


今回、どうしてもこの「うなぎのまつ嘉」を体験したいと思い、ここはちょっとそっとの正攻法ではダメできちんと作戦を立てていかないとダメだぞ!と自分は思ったのである。


なぜ、ここのお店は、開店と同時に、すぐに売り切れになってしまうのか、そのなぞ解きを今回紹介したいと思う。


うなぎのまつ嘉


DSC04648.JPG


R1duVXTO5PgRcUJ1606208565[1].jpg



自分は、11時半開店をそのまま鵜呑みにしては絶対ダメだと思った。


ネットで、10時半には並ぶことをお勧めする、という書き込みがあったのだが、よし!それだったら、自分は9時半に並ぼう!


2時間待とうじゃないか!と決意した。


9時半に到着。
やはり1番乗りだった!


こうやって入り口の前に座れる腰掛ベンチがあった。
目の前が入り口である。


FCzB0ov0P9mKlft1606208658[1].jpg


座って待っていたら、お店の人が寒いでしょう、と言って毛布を貸してくれた。
優しい~!


DSC04631.JPG


侮るなかれ!9時半に来た自分は一番乗りだったけれど、9時45分には、続々と人がやってきてあっという間に行列ができてしまった。


自分が、今回学んだ攻略法は、ここのお店は10時半になったら、その行列の人たちをお店の中に入れてくれるということなのだ。つまり座席に座らせてくれる。


つまり10時半になったら、つまり店内のお店の座席は満席になってしまうということだ。そしてこのお店は、あまり商売っ気がなくて、1回座席が満席になった分の人数分しか鰻を用意していないことだ。


結論は、


・10時半に行列の人たちを店内に入れる。→満席になる。
・鰻はその1回分しかない。
・11時半の開店と同時に、すぐに売り切れ閉店。


こういうからくりである。

だから開店11時半をそのまま鵜呑みにしては、絶対無理である。
10時半でも危ない。(10時半はあくまで行列を店内に入れる時間)
やはり9時半に行くことをお勧めする。

10時半に店内に入れてくれる。
そしてすぐにオーダーを取る。


これが「うなぎのまつ嘉」の店内。


DSC04659.JPG


DSC04671.JPG


10時半に店内に通されるけれど、オーダーを取った後、そこから開店の11時半までそこで待たされるのである。


11時半になると同時に、オーダーしたものがやってくる。


メニュー。


DSC04667.JPG


うな丼、うな弁当とあるが、なにが違うかと言うと、うなぎの枚数が違う。
うな丼(2枚)、うな弁当(3枚)である。


昔はうな重というのがあって、これはうなぎ4枚だった。
いまはうな重はやっていないのだそうだ。


自分は、うな丼をオーダー。

そしてやってきた!
これが、うなぎのまつ嘉のうな丼である。


DSC04684.JPG



すごい美味しい!!!


外側はパリっと、そして内側は非常に柔らかく仕上げられた鰻は、タレとの相性も抜群。もちろんその味わいはご飯と一緒に味わうことで本当の意味での真価を発揮している。


たっぷりの山椒でも負けないほどの強く濃い鰻の味わいは、長野県のみならず、世界に誇るうなぎの名店と言っても過言ではない。


本当に美味しいです。

うなぎは本当に美味しいですねぇ~。


自分のうな丼が配膳されたのは、11時20分である。

そして食して店を出たのが、11時30分である。

そうしたら・・・(笑)


DSC04692.JPG


これがこのお店の真実である。


この真実をよく理解したうえで、ぜひ長野県松本市のうなぎのまつ嘉さんにチャレンジしてほしいと思います。



●珈琲美学アベ


Np8FDanOH4A6Nm31606209103[1].jpg



ここもゴローさんから教えてもらった珈琲専門店なのだが、元のオリジナル情報源は、サイトウキネンのオーケストラ・メンバーであることは間違いない。


ここは珈琲に徹底的に拘った本当に雰囲気のあるお店で、いいお店だと思います。
松本の喫茶店というとここしか自分は思いつかないです。


マスターも徹底的に珈琲に拘りのある人で、プロっぽい雰囲気があります。


店内もとてもオシャレ。


DSC04710.JPG


DSC04706.JPG


珈琲を淹れています。


DSC04443.JPG


DSC04715.JPG


ここのモーニングがとても安くて美味しくていいということで、ゴローさんは松本滞在中はホテルの朝食を取らずにここのモーニングで朝食を済ませていました。


自分も昔はそうでしたが、モーニングは11時までということで、今回は時間的に難しく残念ながら。


今回2泊3日の滞在でしたが、3日間、かなりの時間この珈琲美学アベに入り浸っていました。


DSC04442.JPG


だから、もうここの珈琲のメニューをすべて徹底的に味わい尽くしました。
コロンビア、マンデリン、ブラジル、キリマンジャロ、モカ。


でも自分は、珈琲は普段あまり飲まないし、あまり詳しくないので、その味の違いがよくわからないんですね。(笑)


メニューには、


コロンビア(南米:甘い香りと独特のコク)
マンデリン(インドネシア:重厚な苦みが特徴)
ブラジル(南米:上品な酸味)
キリマンジャロ(タンザニア:強い酸味と上品な風味)
モカ(エチオピア:独特な香気と酸味)


と書いてあります。


マンデリンは、ちょっと違うな、ということは自分でもわかったような気がします。


今回ラッキーだったのは、本日のおすすめで、あの幻の「ゲイシャコーヒー」が飲めたことです。自分が3日間入り浸って、いろいろな珈琲を飲んでいたので、マスターが今日は本日のおすすめで「ゲイシャコーヒー」が飲めるよ、と教えてくれたのです。


ゲイシャコーヒーというのは、世界で最も高価な珈琲といわれていて、幻の珈琲ともいわれている。ふつうの珈琲店ではまず飲むことはできないし、珈琲豆店でもまず置いていない。ネットで販売されることもあるけれど、販売とともにすぐに完売になるプレミアで本当に幻の珈琲だそうである。


そのゲイシャコーヒーをその日たまたま本日のおすすめで提供してくれるというのだ。
さすが珈琲美学アベ。ちょっとそこらの普通の珈琲店ではないですね。
本格専門店です。


これがゲイシャコーヒー。


DSC04733.JPG



カップ・ソーサからしてすごいゴージャス。
やはり品格が違うよ、ということなのでしょう。


珈琲があまり詳しくない自分にはちょっと猫に小判でしたが、さすが他の珈琲とは違うな、と感じたことは確かです。具体的にどう違うとかは語れませんが。(笑)


いい経験でした。


この珈琲美学アベ。徹底的に拘った珈琲専門店。


DSC04740.JPG



悪魔のように黒く、
天使のように優しく
恋のように甘い
珈琲のひととき・・・



2泊3日の松本グルメ、いろいろ大変でしたが、統括したいと思っていたその目的は結構叶えられたのではないか、と思います。





nice!(0)  コメント(2) 

松本グルメ そのに [国内音楽鑑賞旅行]

衝撃の初日を終え(笑)、気を取り直して2日目を迎える。


今回松本に来た一番の目標は、もちろん生音復活コンサートを体験すること。
そのために松本市音楽文化ホールにやってきた。
しかしこのホールにくる目標はもうひとつあったのだ。

それはこのホールに併設されているカフェ「ちゃんとてーぶる」を体験すること。
このカフェのことだけで、日記をひとつ書こうと思っていた。

ところが残念なことに、コロナ禍に耐えられず、11/1付けで閉業してしまった。


在りし日のカフェ「ちゃんとてーぶる」。
大ホールのエントランスの横のほうに位置する。


62351198_2382080352007418_1457282790079856640_o[1].jpg


そしてFBの公式HPで、このカフェに来たらぜひお勧めのメニューは、


「あずみ野三澤豚と根菜のハーモニー メンチカツプレートと季節のスープ」と宣伝していた。


ちゃんとテーブル名物メニュー.jpg



じゃあ、せっかくそのメニューを頼もうと思っていたのに~。(泣)


実際行ってみたら、こんな感じに廃墟の姿。(笑)


DSC04574.JPG


悲しきお姿。


DSC04568.JPG


でも、じつは、このカフェ「ちゃんとてーぶる」というのは、「時代遅れの洋食屋 おきな堂」の姉妹店にあたって、それがたまたまコンサートホールのカフェとしてホールに併設されている、ということを知ったのだった。


だったら、その本家本元の「おきな堂」に行こう!ということになった。


●時代遅れの洋食屋 おきな堂


松本上土通りの菓子店「翁堂」から、昭和8年に「翁堂喫茶部」として独立。翁堂創業者・木内象次郎の長女・とし路と、その夫・安之助が初代オーナーを務める。樹齢200年の木を通し柱とする木造3階建の店舗を建築現在の建物は当時のまま。


昭和32年に安之助が逝去。長男・章皓が2代目を継ぐ社名「翁堂喫茶部」を、現在の「おきな堂」に改名。喫茶中心のメニューから、独立当初からあったカレー・ハヤシ・ポークソテーなどの洋食メニューを充実させて、路線を「喫茶店+洋食」から「洋食店+喫茶」へ、徐々にシフトしていった。平成10年にはイタリアで知り合ったシェフ・ロベルト氏の指導の下、手打ちパスタをはじめとするイタリアンメニューも導入。


平成17年より、章皓の長男・伸光が3代目を継ぎ、現在に至る。(公式HP)


まさに、松本市に昭和初期のころから活躍する老舗中の老舗の洋食屋さんといえば、このおきな堂なのだ。松本グルメといえば、どうしてもこの洋食屋さんを訪ねないといけない。


その名も「時代遅れの洋食屋 おきな堂」という呼び名がいけていますね。


時代遅れの洋食屋 おきな堂


DSC04464.JPG



女鳥羽川沿いの通りにある。

1階と2階あるのだが、自分は1階を体験。


DSC04468.JPG


DSC04471.JPG


DSC04476.JPG



とても昭和ノスタルジーな店内でとても素敵です。


店内には、一日中、ジャズやクラシックが流れる。「古さ」は「過去のもの」。でも、使い手の思いと使いかたによって、「今なお愛されるもの」にもなる。


いいな~この感じ。

自分は、やはりこのおきな堂の看板メニューのポークソテー定食をいただく。


DSC04490.JPG



ポーク肉、コリコリと歯ごたえがあって、とてもジューシーで美味しい。これは美味しいですね。松本に来たらこの洋食屋さんというだけあって、本当に満足の味でした。


雰囲気最高のお店です。


●和食そば処 たかぎ


松本といったらそばでしょう!ということで、まさかの「こばやし」が移転してしまったことで、それじゃということで、これまた松本の名店中の名店と言われている野麦に行ってみたのだが、敢えなく時間外閉店。


ここは営業時間、本当に短いんですよね。そしていつも大行列の劇混み。なかなかありつけない超人気店でもあります。


正直困りました。松本で一番有名なグルメである”そば”を食べたいのだけれど、星の数ほどあるお店でどこがいいのかわかりません。


もう時間もないので、仕方がないので、松本城近くにあったそば屋さんにそのまま入ることに。ビルの2階にテナントして入っているおそば屋さんでした。


DSC04515.JPG


DSC04520.JPG


kqrjYPC6yr9hz2k1606208090[1].jpg



信州そばを注文。


YCverAysUjIUDqO1606208164[1].jpg


そばは、松本の名物だけれど、自分の経験でいうと、松本のそばの麺って、なにかこう透き通っているというか、ふにゃふにゃ感があって、腰がない、それが特徴のような感じがします。


いままで食べてきた松本の蕎麦ってそんな食感が多かったですね。

でもそれはそれでひとつの味な訳で美味しいとも思うところです。

ここのお蕎麦もそういう感じでしたが、美味しかった。
とにかく土壇場で、信州そばを食べれてよかったです。


まさか信州そばを食べないで、そのまま松本グルメを語る訳にはいきませんですから。



●洋食カフェレスト GARAGE


この洋食屋レストラン・カフェは、当時の県文(長野県松本文化会館)、いまのキッセイ文化ホールのすぐ傍にある洋食カフェレスト。本当にすぐ傍にあります。


ここは、県文でサイトウキネンフェスティバル松本のオーケストラ・コンサートをやるためにサイトウキネンのメンバーがよく食事に訪れる穴場中の穴場のレストラン。


県文のそばに他に食事処もあまりないように思うので(?)、音楽祭期間中は、オケのメンバーは本当によく利用しているところだと思います。


自分も2011年に、ゴローさんの車で連れてってもらって、紹介されました。本当に狭いけれどなかなか雰囲気のある洋食屋さんで、自分はそのとき、オムライスを頼んだ記憶があります。


こんな普通の代表的な松本グルメとは違う、とっておきの松本グルメであるGARAGEを再度体験するために訪れてみました。


なかなか交通の便は難しいので、タクシーで行きました。


洋食カフェレスト GARAGE


069ixJkVqIAVgyc1606208324[1].jpg


MlwL8zPvG9mw40E1606208430[1].jpg



そうしたら、なんとこの週に限って、改装工事に伴う休業中。(笑)
仕方がないので、お店の写真だけ撮影してそのまま帰ってきました。


なんか2日目にしても、なんかこうギャグ的な展開で参りました。(笑)






nice!(0)  コメント(0) 

松本グルメ そのいち [国内音楽鑑賞旅行]

松本2泊3日の旅。いままでサイトウキネンの音楽祭で毎夏通っていたころに開拓してきたいわゆる松本グルメの総ざらいをしようと思っていた。


自分の場合、松本グルメは、ゴローさんから教わったものが大半なのであるが、じつはそのオリジナルの情報源は、サイトウキネンのオーケストラのメンバーからの情報だったということは、当然わかりきっていた事実であった。(笑)


ゴローさんは、サイトウキネンのメンバーのブログや直接の口コミで知って、自分で体験して、それを我々に教えてくれていたに過ぎないのだ。


だから、いわゆるネットで広く紹介されている松本の有名店とちょっと趣が違うかもしれない。


3年ぶりの松本だったけれど、結構閉店や移転になっているお店もあって、驚いた。
訪れた時系列の順番で紹介していきたい。


●メイヤウ信州大前店の4色カレー


松本に来たら、必ず寄るお店である。ここに来て、4色カレーを食べないと、松本に来た意味がないというか、それだけ自分には馴染みの深いお店である。


以前来た時に比べて、お店の面構えが、テイクアウトやってますの看板表示とか随分印象が様変わりしていた。


DSC04270.JPG


DSC04286.JPG


でも店内は、いっさい変わっていなかった。
懐かしい~。


DSC04226.JPG


DSC04232.JPG


DSC04238.JPG


信州大のすぐそばにあるので、もうお客さんは、信大生の学生のためのお店だと思う。お客さんは、いかにも学生という若い子たちばかりだった。大学のそばにある学生御用達の安いお店で腹いっぱい食えるお店というやつですね。どこの大学にもあるそういうお店ですね。


サイン色紙もいっぱい飾られている。


その中で小澤征爾さんの色紙も発見。
2005年に来店されている。


DSC04262.JPG


松本に着いたら、一番最初に来たのがこのお店だったから、小澤さんの色紙を見て、あぁぁぁ~、やっぱり松本は小澤さんの街だな~と感慨深く感じてしまった。


そして念願の4色カレーを注文。


DSC04255.JPG


イエロー (デリー風チキン・カレー)
レッド  (タイ風ビーフ・カレー)
グリーン (タイ風チキン・カレー)
ブラック (カシミール風ビーフ・カレー)


それぞれ単品の色のカレーを注文できるのが普通なのだが、それ以外の特別サービスとして、これらのそれぞれの色のカレーを一皿にまとめて盛り付けて食べられるという特別メニューがあるのだ。


・お好きなカリー2種類セット(2色カレー)880円
・お好きなカリー4種類セット(大皿盛り)1150円


自分が頼んでいる4色カレーというのは、このお好きなカリー4種類セット(大皿盛り)のことである。こういうサービスをやっているのは、この信州大前店だけである。松本には、もうひとつメイヤウには桐店というのがあって、そこにはこういう4色カレーというのはやっていない。単色のカレーのみである。


以前自分は、信州大前店に行くつもりが、間違って桐店のほうに行ってしまい、4色カレーが置いてなくて、ショックを受けたことがある。そのとき桐店のお店のスタッフの方に、それはたぶん信州大前店のほうです、と教えられたのだ。


ようやく念願の4色カレーを食す。


それぞれに色のカレーが各々違う風味の香辛料で、相変わらず面白い。
自分はブラックが好きかな。

ここのメイヤウはライスがちょっと特徴ですね。
日本のお米ではないですね。

とにかく松本に来たら、まずこれを食べないと。
ミッション・コンプリートできてよかったです。



●居酒屋ゴロー


YGRnRjvxX6X1Xvj1606209487[1].jpg


DSC04418.JPG


松本に来たら、信州そば処「こばやし」で信州そばをいただき、その向かいに居酒屋ゴローがあることをメンション。


「こばやし」に「ゴロー」で遊ぶというのが、毎度おなじみのツィート儀式。


今回はそのおなじみのツィートをやったら、ちなみに、「今宵は居酒屋ゴローで一杯やってます。(笑)」という新作ネタをやろうと思っていたのだ。


だから今回は居酒屋ゴローの中に潜入することが新たな開拓であった。

それをやろうと行ったら、

なんと!信州そば処「こばやし」がない!


DSC04420.JPG


駐車場になってしまっている。
えっえっえっ!

でも向かいに居酒屋ゴローはきちんとある。
えっ・・・ていうことは閉店か、移転?


慌ててネットで調べたら、信州そば処「こばやし」は、火事を起こし、移転したらしい。移転先の新しい店舗は、以前のような伝統のあるお店の趣もなく、品数のメニューも減ってガッカリとか、かなり口コミがよくない。


大ショック。


信州そば処「こばやし」は、松本きっての名店中の名店で、一番歴史の古い老舗だったので、これはショックだった。松本には星の数ほどそば屋さんはあるけれど、自分はいつもこの「こばやし」で信州そばを食していた。


新しい「こばやし」の店舗に行ってみようか、とも思ったけれど、結構遠い感じで、地理感もないのでやめておいた。


結局、居酒屋ゴローで一杯やるしかない、という選択肢となった。


居酒屋ゴローは、17時開店である。それまで、松本の縄手通りとか、中町通りとか散策して、喫茶店で時間をつぶして、17時頃に居酒屋ゴローに到着。


札が準備中になっていたが、扉を開けたら、「入っていい?やってる?」と聞いたら、オヤジさんが「う~ん、まだ準備下ごしらえが・・・たぶん18時頃かな?」と言ったので、じゃあ、そのときにまた出直します、ということになった。


どうしようかな、と思い、その通りの蕎麦屋さんの前のベンチでかけて待っていることにした。1時間くらいだったら、スマホを見ながらなんとか過ごせるだろう?寒いけど。


L7VH1p4EnUJDFak1606217397[1].jpg


uD5NYxeD0spnucl1606217367[1].jpg


なんかこの通りはこのとき真っ暗で人気もなくて本当に寂しかった。
すごい心細かった。
なんか松本錆びているなぁとも思ってしまった。(笑)
コロナ禍で飲み屋さん通りもやっていないお店が多いのかな、とも思った。


GWZBqcsjXNtoVdM1606217420[1].jpg



夜17時から18時までの間である。
そのとき、やることもないので自分はつぶやきの嵐を吹かせた。
御承知の通りである。


そうしたら、18時半くらいかな?座っているベンチの前の中華屋さんのお店が電気がついて、ようやく人気が出てきた。そしてどこともなく飲兵衛たちがやってきて、ちょっと賑やかになってきた。中にはタクシーで駆けつける常連さんたちもいた。


このお店人気あるんだな、と思った。


w4tPTQZQX1tVVEN1606217444[1].jpg


とにかくようやく飲み屋通りの活気が出てきた感じで、明るくなり、ホッとした。


居酒屋ゴローは、18時を過ぎているのに、まだ電気がつかない。


居酒屋ゴローなんて、こんな松本の目立たない片隅の通りにある居酒屋だから、ここを体験できるのは本当にレアな体験だろう、と思った。どんな有名な飲兵衛さんも、まさかこんな松本の小さな居酒屋さんには入ったことがないだろう、と思い自分はちょっと誉に感じた。これはレポし甲斐のあるお店だとちょっと自慢だった。


この松本の居酒屋ゴローは、料理メニューは多岐にわたる。お魚がメインというわけでもなく肉もあるし、炒め物、揚げ物などなんでもある居酒屋さんなのである。こういう居酒屋さんにしては、料理のクオリティがどれも高い。


アットホームな雰囲気と、美味しい料理という口コミであった。


店内を覗いたところ、オヤジさんと奥さんの2人で賄っている個人経営の居酒屋さんのようだ。


松本の名物料理に「山賊焼き」と言うのがある。
ご存じですか?

山賊焼きは長野の郷土料理なんです。
骨付きの唐揚げみたいな感じ。
甘辛煮タレがしっかりついてて、カラッと揚がっている感じ。


この居酒屋ゴローでは、山賊焼きが看板メニューらしく、ゴロー山賊焼きは、ここに来たらぜひ食さないといけない!とある。どこのお店でこの山賊焼きを経験するか、悩んでいたのだが、こりゃここの居酒屋ゴローで決まり!という感じで嬉しくなった。


ついでに刺し盛りもたくさん食べたい。


口コミによると、


刺身盛り合わせ。すごい豪華。普通の居酒屋さんの刺身盛り合わせをイメージしてはいけない。そしてなんだこのしめ鯖は。しめ具合なのか鯖自体なのかわかりませんが相当美味しい。他に赤身、大トロ、生ダコ、クジラ、イカがありましたがどれも抜群に美味しい。海なし県おそるべし。さらにブリのカマ焼き。。。でかい。そして脂がのっていてめちゃくちゃ美味い!!カマ焼き自体を食べたことはあるが、ここまで大きくて美味しいブリカマは初めて。東京で食べるとしたらいくらするんだろう?


う~む・・・ますます期待が膨らむばかり。


とにかくなんでもありの料理が美味しいアットホームな居酒屋さんみたいだ。


自分は、店内で一杯やるとき、オヤジさんに、このお店に入りたくて、東京からわざわざやってきたんですよ!と言って、称賛の言葉をかけたかった。


そのつもりだった。


19時頃になって、ようやく店に電気がついた。


夜の居酒屋ゴロー。


DSC04448.JPG


DSC04454.JPG



電気はついているけれど、まだ札は準備中のまま。


もう2時間も真っ暗の寒い外で待っていたので、我慢できず、またガラっと扉を開けて、もうやっています?と催促した。


するとオヤジさんは、「あ~う~ん、まっいいですよ。」


そうして、「ありがとうございます。」と言って入ろうとしたら、「ところで松本の人?」と聞いてきたので、「いや東京から来ました。」と言ったら、オヤジさん「ありゃ~ごめんね~。悪く思わないでね。本当にごめん。」と言って外の扉を指さす。


自分は最初その意味をよくわからなかったけれど、扉には、「新型コロナ対策推進宣言の店」というシールが・・・。


あっひょっとしたら県外の人入店お断り???
田舎にとったら、東京って言ったら、感染多いと思われているだろうからね。


こんなオチが待っているとは思ってもみませんでした。(笑)
もうドキドキ、心臓がバクバクしながらスゴスゴとホテルに帰りました。


お店やオヤジさんは全然悪くないし、当然といえば当然だと思います。
コロナがなくなったら、改めて訪れさせてもらいますよ!


この日の夜は、ホテルに帰って、部屋でペットボトルの水とパンで晩餐会となりました。


初日から松本グルメは波乱の幕開けとなりました。(笑)


DSC04457.JPG





nice!(0)  コメント(0) 

国宝・松本城 [国内音楽鑑賞旅行]

松本城は、サイトウキネンで松本に行くたびに、訪問していてお馴染みの観光スポットであるのだが、きちんと日記にしたことはなかった。"なんちゃって城マニア"としては、やはりここも自分の城コレクションとして日記にして熱く語る必要があると思い、今回3回目の訪問にて、ようやく取材敢行である。


絶好の城日和の快晴だった。


Sg12haRTA55FaJN1606193294[1].jpg



松本城天守。


DSC04294.JPG



松本城の天守閣を撮影するには、このアングルが1番最高の構図であろう。
手前の赤の埋橋が映える感じでいいですね。


DSC04310.JPG



松本城は、江戸の徳川家康を監視するという目的で戦国末期に築城された。江戸の家康を監視する城として、甲府城・高島城・上田城・小諸城・沼田城とともに秀吉側の城主が配置された江戸包囲網のひとつの城といわれているのだ。


豊臣秀吉の家臣、石川数正・康長父子によって創建された。


天下人の天守は、五重の天守と言われるが、この松本城は天下人のお城ではないけれど、五重六階の天守閣なのだ。現存する天守12城のうち五重六階の天守としては、日本最古の天守といわれている。


現在天守の建物を残す城は12しかない。そのうち五重の天守は松本城と姫路城と名古屋城だけである。五重天守の実物をみることができるのは、この3城だけである。


松本城は平地に築かれた平城である。
黒と白のコントラストがアルプスの山々に映えて見事な景観である。


これらの天守群は、昭和4年(1929)に制定された「国宝保存法」により、昭和11年(1936)4月20日国宝に指定され、さらに戦後昭和25年(1950)に制定された「文化財保護法」により昭和27年3月29日再び天守五棟が国宝に指定された。


本当に美しいお城である。


城の天守閣は、どうしても戦争で被災したりして、再建されたものが多いが、この松本城は戦国末期に創建されて以来、そのまま残っているまさに最も古いお城ともいえる。


いつもはこの天守閣を見てお終いなのだけれど、今回はきちんと日記にしたいと思っていたので、本丸御殿、二の丸御殿のほうにも行ってみたかった。


ここは入場料を払うことが必要である。


黒門


FAON04DEcvsViry1606193449[1].jpg


本丸へ入る重要な入り口。


この門を入るとかつては本丸御殿があった。本丸御殿に通じる格調高い正式な門という意味で、当時の最高の色調である黒の名を冠して「黒門」と呼んだと考えられている。


こちらが今回初体験である本丸御殿跡、二の丸御殿跡からみた天守閣である。
この時間帯、逆光で見づらくてスミマセン。
手前に広がっているのが、本丸御殿や二の丸御殿があったところである。


aYPQ5IrC5IPiUuX1606193591[1].jpg



ここには松本城売店があります。
どこのお城にも必ずありますね。
ここでしか販売していないオリジナルグッズも数多く用意されている。


DSC04326.JPG


DSC04334.JPG


U8hJDWlDIJgbJy31606193695[1].jpg



隣は、松本城管理事務所。


DSC04409.JPG



今回は松本城天守閣の中にも入ってみようと思った。
入場券を購入した時点で、この天守閣の中にも入れる権利が含まれているのだ。


P9ClKTxwqYQsawc1606193772[1].jpg



天守閣の中は、天守一階から三階までは柱の数が多く、四階から上は柱の数も減ってやや広い空間が設けられている。下層は骨組みがしっかり造られている。


天守一階は、とにかくこんな感じで、柱が乱立していて、まさに土台をしっかりこの支柱でがっちり支えようという意味合いが多いと思われる。


DSC04350.JPG


松本城のオリジナルの鯱(シャチホコ)


EtE5WYJdNL9lvlv1606193889[1].jpg



松本城天守閣の中は、多くの支柱があるが、所縁のある当時のものがウィンドウケースの中に展示されている感じになっている。なかでも鉄砲に関する展示は多かった。大半が鉄砲だったような気がする。


57SSG6A1s8bgg521606193979[1].jpg


0cqe5tpuGwR3Hff1606194065[1].jpg


GmDiad8ChogQVBy1606194258[1].jpg



長篠の合戦。


DSC04369.JPG


まさにこれからの戦は鉄砲が主力になる、ということを世に知らしめた革命的な戦であった。織田・徳川連合軍が、当時の史上最強の騎馬軍団といわれた武田勝頼軍を、鉄砲でこっぱみじんに退けた戦い。ものの数十分でかたがついたといわれている。


当時の鉄砲は、発火して発射するまで時間がかかったので、その欠点を克服するために、鉄砲兵士を3列に構えさせ、その時間のロスをなくし、連射できるようにした。織田信長という男は本当に戦国時代の革命児だ!



天守閣の各階に上っていくには、このような超急峻な階段を昇っていく必要がある。


DSC04374.JPG


この写真に偶然写っている階段は、まだ全然緩やかなほう。
実際はもっと狭くて、思いっきり急峻である。


さすがにこれには自分は閉口した。
とにかく超怖い。
昇っていくのも怖いが、下っていくときはさらに怖い。


ここで足を滑らせて、階段を転げ落ちて骨折でもしたら、大変なことになると思い、もう手すりをしっかり両手でつかみながら、体横身にしながら、1歩づつ両足でかみしめながら降りて行った。


生きた心地はしなかった。
本当に超怖いです。

早く地上の出口にでないかな、とそればかり考えていた。
地上の出口に出るまで、ずいぶん長く感じられたことは確かである。


階段はこのように超危険なので、階段のところで写真撮影することは絶対禁止されている。


これを体験して思ったこと。この松本城天守で普段住んで過ごしている昔の武将たちは、急にトイレをもよおしたくなったとき、この超急峻な階段を下りていくのは、さぞかし大変だったのでは、と思ったことだ。(笑)


天守閣の最上階は、こんな感じである。


DSC04384.JPG



最上階から降りていくと、ちょっと見晴らしのいい階に遭遇。
ここから外が眺められる仕組みになっていた。


DSC04394.JPG


DSC04389.JPG



ふぅぅぅ~。やっと地上の出口に無事降りることができた。
生きた心地がしなかった。


DSC04396.JPG


地上に降りたら、この松本城の創健武者である石川数正に扮した武将姿の方がいらした。いっしょに写真撮影してくれるサービスである。無料サービスでやっていた。こうやって、写真を撮りたい人に向かって、ポーズを決めてサービスしてくれる。


sqp25WQJNKBKSWD1606194699[1].jpg


u5LEZNCqK9ft0rm1606194806[1].jpg



石井数正というのはどういう武将であったのか?

徳川家康の家臣であったのだが、途中で豊臣秀吉方に寝返った武将なのである。
徳川家康から去った唯一の男で、豊臣秀吉の家臣に転職した男なのである。


ここでネット記事を一部抜粋して、その寝返ったミステリーをご紹介して、終わりとしよう。

戦国武将・石川数正とは?徳川家康から去った唯一の男、豊臣秀吉の家臣に転職する
By Dyson 尚子



戦国時代、徳川家康には多くの家臣がいた。


家康が織田信長や豊臣秀吉と決定的に異なるのは、自ら滅ぼした一族の遺臣をも召し抱えていたコト。家臣に対しても公平な扱いを心がけ、徳川家臣団の中でもとりわけ三河家臣団は結束が高いといわれている。


しかし、ただ一人。
そんな徳川家臣団から出奔(しゅっぽん)した者がいる。

それが、石川数正(いしかわかずまさ)。


西三河の家老まで昇りつめ、家康の信任が厚かったにもかかわらず、なんと豊臣秀吉の元へと去っていくのである。石井数正は、交渉術に長け、多くの場面で使者として折衝を行い、活躍した。だが、それが、皮肉にも豊臣秀吉との出会いに繋がるのであった。


豊臣秀吉には困った癖がある。


女性関係ではない。男性に対してである。ぶっちゃければ、他家の重臣に対して、「お誘い」してしまうのだ。いわゆる、引き抜き、ヘッドハンティングである。


秀吉は、これまで多くの戦いに参戦してきた。そこでは、必然的に様々な戦国武将と対峙することになる。敵側としての場合もあれば、味方となる場合も。どちらにせよ、戦場での勇猛果敢な戦いぶりを目にして、我慢できなくなるのだろう。「是非とも、うちに(豊臣方)」と、つい触手が伸びるといった感じか。


そのスカウト歴は、まあまあなものである。やはり徳川家の家臣は別格なのか。今回の石川数正だけでなく、本多忠勝(ほんだただかつ)にも声をかけている始末。


他家に対しても節操がない。伊達政宗の重臣、片倉景綱から、上杉家を支えた直江兼続(なおえかねつぐ)。他にも、小早川隆景や立花宗茂など、錚々たるメンバーだ。数え出したらキリがない。


また、すぐに様々なプレゼント攻勢をかけるところも、秀吉らしい。ある種、成金的な匂いがしなくもないが。派手好きで人間的な魅力に溢れた秀吉だから、できることなのかもしれない。


問題は、石川数正へのスカウトはいつから行われたのかというコト。最初の出会いは、豊臣秀吉が亡き信長のポストをかけて、柴田勝家と争った「賤ケ岳(しずがたけ)の戦い」の戦勝祝いの場。天正11(1583)年のことである。徳川家康が使者として遣わしたのが、石川数正であった。


一説には、この頃から秀吉の引き抜き工作が始まっていたとも。ただ、真偽は不明である。その翌年、天正12(1584)年に、徳川家康と豊臣秀吉は「小牧・長久手の戦い」で対峙。勝敗がつく前に、家康との連合軍であった織田信雄(おだのぶかつ、信長の次男)が秀吉と講和を結ぶ。こうして、小牧・長久手の戦いは、不完全燃焼で幕を閉じる。家康と秀吉が、互いの力を認め合った戦いでもあった。


この戦後の交渉役についたのも、当然のことながら外交担当の石川数正である。


そして、講和の翌年。
天正13(1585)年11月、突然、石川数正は徳川家康の元から出奔。

向かった先は、あの「豊臣秀吉」だったのである。


突然の出奔…理由不明の謎


確かに、複数の憶測が飛び交うだけで、確定的な事実はない。だからこそ、作家は料理し放題。格好のネタになるのだろう。


ここでは、大きく2つの説がある。


1つは、徳川家康と豊臣秀吉の板挟みに疲弊した末での出奔という説。つまり、額面通りに受け取って、数正が家康を裏切って豊臣方に走ったという説。


もう1つの説は、徳川家康の命を受けて、もしくは同意の下、あえて豊臣秀吉側の家臣となったという説。つまり、数正は家康を裏切っていないという筋書きである。出奔という名目で、数正を「スパイ」として潜り込ませる中途半端な戦略は、秀吉には通用しない。となれば、取る手段は1つ。思いきって徳川家康と縁を切り、豊臣秀吉の直臣となる。そして、秀吉側から家康をサポートするという方法だ。


石川数正の寝返りは、いまもって謎なんですね。


そんな家康を寝返った武将が、家康監視のための松本城を築城するところまでやるか、という話になると、自分はう~んと唸るばかりである。


いずれにせよ、松本城築城の武将、石川数正は、そういう武将だったんですね。


国宝・松本城、こんなお城でした。
3回目の訪問にて、きちんと日記にすることができました。
自分のお城コレクションに加えたいと思います。


もしコロナ第3波がなければ、先週の4連休に姫路城に行く予定でした。
日本で初めて世界遺産に登録された日本一美しい城。別名白鷺城。

本当に真っ白の外観の美しいお城です。日本のお城の中で一番美しいですね。
ここは長年の想いがあってぜひ行きたかったですねぇ。


また暖かい季節になったら、出直して再チャレンジしたいです。






nice!(0)  コメント(0) 

スティングが歌うダウランド歌曲 [国内音楽鑑賞旅行]

松本市音楽文化ホールでのコンサートで、イギリスのジョン・ダウランドの歌曲が演奏された。


続くブリテンもイギリスの作曲家で、「ラクリメ:ダウランドの歌曲の投影 Op.48」という曲が演奏され、「ジョン・ダウランドの歌曲」という繋がりで、しっかりとコンセプトが決まっていて、そういう狙いがあったんだな、と後日プログラムを見ながら、そう回顧した。


自分の場合、コンサートに行くときは、あまり予習はしないし、プログラムも開演前に、さっと眺めるくらいなので、そこにしっかりと埋め込まれている深い想いというのを、そのときに、なかなか汲み取れなかったりして申し訳ないと思う。


そのコンセプト、想いというのを、こうやって日記を書くにあたって、いろいろ調べてみて初めて、気づく・・・そういうものなのかもしれない。


ジョン・ダウランドの歌曲は、スティングも取り上げて歌っているということで、自分はびっくりしてしまい、あとで調べようと思った。


これですね。


171[1].jpg



Songs From The Labyrinth
Sting



ジョン・ダウランドという作曲家の歌曲を聴いたこともなかったので、スティングがこの作曲家の歌曲を取り上げているということも知らなかったのであるが、HMVの紹介文を読んでみると、


「もともとユニバーサルでアルバムを制作していたスティングであったが、ここでは敢えて同じユニバーサルに属する世界最大のクラシック・ブランドである「ドイツ・グラモフォン」からアルバムをリリースすることで、クラシック・ファンにも自らの音楽を訴求していこうということなのであろう。」


この箇所を読んで、自分ははっきりとこのことを覚えていた。


そうである。


自分の記憶によれば、確かにスティングは、クラシックに挑戦!ということで、DGからアルバムをリリースした、ということがあった。2000年半ば。(正確には2006年)


そのとき、自分は、スティングもアーティストとしての自分のキャリアを広げるべく頑張っているな~という親心でそのニュースに接していた。


たぶん間違いなくそのときの話だったんだろうと思う。
それがまさかジョン・ダウランドの歌曲だったとは、そのときは夢にも思わなかった。
そしてそれから十数年後に、その事実を知ろうとは思ってもみなかった。

数奇な運命である。


自分はその当時、そのCDを買わなくて、そのまま素通りしてしまっていたのである。

いまこうやって改めて聴くなんて、なんか感慨深い。


その前に、ジョン・ダウランドという作曲家について、ちょっと解説を試みる。


ジョン・ダウランドは、17世紀イギリスで活躍した王室リュート奏者。作曲も手がけ、人間の愛や悲しみを歌ったリュート歌曲は80曲以上が残されている。


イギリスのエリザベス朝後期およびそれに続く時代に活動した作曲家・リュート奏者である。デンマーク王クリスチャン4世の宮廷リュート奏者や、イングランド王ジェームズ1世およびチャールズ1世の宮廷リュート奏者を務めた。エリザベス朝前後に流行したメランコリア(憂鬱)の芸術の巨匠とされ、特に代表作であるリュート歌曲「流れよ、わが涙」とその器楽曲版「涙のパヴァーヌ」は当時の欧州で群を抜いて最も高名な楽曲として、東欧を除く全ヨーロッパで広く演奏された。


リュートという楽器は、ギターの先祖のような楽器である。


自分は、リュートという楽器は、大昔に、初めてワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を観たときに、ベックメッサーがリュートを弾く場面を見て、リュートという楽器の存在を知ったのである。


いまのクラシックギターより、ひとまわりも小さく、音色も古楽器然としている。


ダウランドという作曲家は、サイン、自署するときは、「涙のジョン・ダウランド」(Jo: dolandi de Lachrimae)と書き、その実際の性格については、自称および作風通り陰気な人間であったとする説と、その逆に陽気な人間であったとする説があるみたいである。


「作風通り陰気」という記述があるが、これはあとで述べるが、確かにじつに渋い作風ではある。(笑)


スティングはダウランドについて、「私にとってそれらは17世紀のポピュラー・ソングであり、自分にも関係があることなのです。それらは美しいメロディーと幻想的な歌詞、そして素晴らしい音楽を持っています。私は常にダウランドの音楽を尊敬してきました」


と述べ、


「実は彼はシンガー・ソングライターの先駆けで、だから我々の多くが生活できるのは彼のおかげでもあるのです」とも語っている。


スティングはそんなダウランドへの単に音楽だけでない尊敬・共感の気持ちをあらわすためか、このアルバムで、楽曲解説の執筆に加え、ダウランドが国務大臣へ宛てた手紙の朗読までおこなっている。


曲の合間に、スティングによるダウランドの手紙の朗読があるのだ。
1節ごとに語り終わったら、手紙の送り主の「ジョン・ダウランド」で閉めるのが渋いのである。


そのライナーノーツを読んでみると、スティングがどうやってジョン・ダウランドという作曲家・リュート奏者を知って傾倒していったか、が刻銘に書かれている。


以下、スティングの記述。(ダウランドを知り始めたきっかけの部分を要約して抜粋。)


************


20年以上にわたって、私はジョン・ダウランドの歌曲に徐々にとりつかれていった。1982年に私は、アムネスティー・インターナショナルのためのバライティー・ショーの一環として、コヴェント・ガーデンのドルリー・レイン劇場に出演していた。自分の歌を1曲ソロで歌ったあと、俳優のジョン・バード氏がわざわざ来てほめてくださり、ジョン・ダウランドの歌曲を聴いたことがあるかと尋ねられた。


私はその名前は知っていたし、漠然とではあるけれど、ダウランドがエリザベス朝からジェイムス朝にかけて活動した作曲家だったということは知っていたものの、そのほかのことはほとんど知らないということは認めざるを得なかった。


バード氏の言葉に感謝し、その話にすっかり興味をそそられた私は、翌日、ジュリアン・ブリームのリュート伴奏でピーター・ビアーズが歌っているダウランドの歌曲集を捜し出した。


その音楽のもの悲しい美しさはよくわかったものの、ロック・シンガーを目指している私のレパートリーの中に一体どのようにそれを取り入れることができるのかは、まったくわからなかった。



●ダウランドと貴重な贈り物


私の友人で名高いコンサート・ピアニストのカティア・ラベックが、ダウランドの歌曲は、どうも正規の音楽教育を受けていない私のテノールの声に合っているかもしれないと示唆してくれたのは、それから10年以上経ってからであった。


再び興味をそそられた私は、ちょっとしたお世辞とは思わず、戯れにしかすぎなかったが、ダウランドの歌曲を3曲、彼女の指導のもとに学んだのである。挑戦したのは、「来たれ、重い眠り」、「ご婦人用の見事な細工物」、「あのひとは言い訳できるのか」の3曲で、2回にわたる非公式の音楽の夕べで、美しく異国情緒にあふれたカティアのフォルテピアノの伴奏で披露した。


そのとき、私はイングランドの作曲家たちの中でも最も不思議なこの作曲家について、少しだけわかった。つまりダウランドが、とくにヨーロッパの大陸では、当時の最も完璧なリュート奏者のひとりとみなされ、その名声は「イギリスのオルフェウス」として知られるほどのものであったということをである。その国際的な名声にもかかわらず、ダウランドは、一番望んでいた地位、すなわち女王エリザベス1世の宮廷音楽家という地位を確保することに失敗してしまったのだ。


数年前に、ダウランドへの興味を再び燃え上がらせてくれたのは、友人で長年の仲間であるギタリスト、ドミニク・ミラーであった。うれしいことにミラーは、私へのプレゼントとして9コースのリュートの制作を頼んでくれた。


・・・(以下中略)


リュートはアラブのウードの仲間で、モダンギターの奏者にとって比較的よく知っているように感じてしまうほどギターとよく似ているのだが、調弦や、シナプスを再構築するほどの難問をつきつけられているような指使いはギターとはまったく違うものである。


ゆっくりと、また確実に、私はこの古の楽器の迷宮のような複雑さと、慰めをもたらすその音楽に引き込まれ始めたのであった。


***********


こんな感じである。


スティングが最初にダウランドを知ったのは、1982年ということだから、ポリス4作目のGHOST IN THE MASCHINEのときですね。


バリバリのロックミュージシャンのときですね。(笑)


ダウランド歌曲とスティングの声質があう、と推薦されていても、ダウランド歌曲とロックでは、確かに、まったく異質で、自分のアルバムやコンサートのレパートリーにどのように組み込めばいいか、わからなかった、というのはよく理解できる。


両者はまったく異質な音楽で、溶け合うこともなく、それはスティングがロック・ミュージシャンであるうちは、公で歌うことは難しいというのは、必然のことなんだと思いました。


アルバムリリースが2006年だから、まさにダウランドを知って24年目の歳月。


スティングの中でどのようにダウランド歌曲に傾倒していき、ついには自分のアルバムとして、ダウランド歌曲のアルバムをリリースしていくかは、このライナーノーツに8ページにわたって、びっしりと熱筆が書かれている。


相当読み応えありますよ。


アルバムに収録された楽曲のうち、声楽作品は11曲で、ボスニア出身のエディン・カラマーゾフの爪弾くリュート伴奏に乗って、スティングが気持ちのこもった歌を聴かせている。


ダウランド歌曲は、まさに渋いです。
暗い憂鬱な感じで、最初聴いたときは、こりゃ渋いな~(笑)と思わず苦笑い。


確かにスティングのあのハスキーでセクシーな声質に合っているとは思うけれど、これを歌曲の作品として理解するには、やはりダウランドに対する理解と傾倒がないとなかなか難しいかなと感じたことは事実。


スティングの歌唱法はあのいつものふだん通りの歌い方で、その飾らない自然な歌い方がとてもいい。彼の物憂げな歌と郷愁感漂う曲調が見事にマッチし、上質のヴォーカル・アルバムといった雰囲気に仕上がっているが、やはりダウランド歌曲に対する理解と、習熟がないとなかなか難しい音楽のように感じるかもしれない。


自分は渋いな~というのが第一印象であった。


何回も聴き込んでいくと、そこには、なにかイングランド音楽固有の美しさがあるような感覚はしてきた。英国に根ざしている昔からある懐かしい旋律のような・・・そんな雰囲気はわかるような気がした。


自分勝手な理解ではあるけれど。。


でもダウランド歌曲はいろいろな人が歌ったり、リュートで演奏してたりするけれど、ロック・スターであるスティングが歌ったことで、その話題性で一躍有名になったのかもしれませんね。


スティング・ファンとして、こういう一面の彼を聴けたことも、とても貴重な体験でした。


自分のお宝盤として重宝しておきます。

   
 





nice!(0)  コメント(0) 

川本嘉子&吉野直子 デュオ・リサイタル [国内音楽鑑賞旅行]

世界中の誰もが予想だにしなかった新型コロナウィルスのパンデミックに見舞われて散々だった2020年。


クラシック音楽業界にも暗い影を落とした。
コンサートができなくなってしまった。


行きたいなーと思えば、すぐに公演カレンダーを見れば、必ずどこかでコンサートをやっている。そしてコンサートホールにコンサートをいつでも聴きに行くことができる。そんな当たり前だった日常が失われ、まさに暗黒の時期に突入した。


ましてや、演奏家の方にとっては、収入が失われることになり、我々以上に大変だったことはお察し申し上げる。


自分も今年の2月以来、生音のコンサートはご無沙汰であった。世界と比べ、軽症の日本は、比較的順調にソーシャルディスタンスなどのコロナ対策を施し、公演を再開することができていた。


そのとき、自分にとって生音への復活公演の最初の公演をどうするか、はひとつ自分なりの御祓としたいという考えがあった。別にそんなにもったいぶらずに、再開を始めているコンサートから順次参加していけば、もっと早く生音復帰できていたのだろう。


でも自分は、この最初の一発目の御祓のコンサートを重要視し、ひとつのセレモニーのように祝って、自分の気持ちに踏ん切りをつけたかった。


生音復活の御祓のコンサートさえ済んでしまえば、あとは好きなときに、好きな公演を、自由に行けるそういう日常のサイクルを復活させていく。そういう流れにしたかった。


その御祓のコンサートをどの公演にするかは、これはとても大切なことで、重要な決断が必要になる。なかなか決まらず、それでダラダラと日が経過し、周りではどんどんコンサート再開され、みんな生音復活されている。結構焦ってきた。


そんな中でこれだ!!!と出会えたのが、この公演だった。


正式公演ポスター.jpg


松本市音楽文化ホール(松本ハーモニーホール)は、かねてから自分の大のお気に入りのホールのひとつで、ぜひもう一度体験してみたいとずっと思っていた。


そしてこのホールには、カフェ「ちゃんとてーぶる」というホールに併設されているカフェがあり、そこを訪れて、このカフェのことだけで日記を書いてみたいとずっと思っていたのだ。


そう思ったのは、2017年あたりだろうか。


でもその当時、自分にはマーラーフェスト2020に行くという大目標があり、予算確保に懸命な毎日であった。松本に行くだけで、そして宿泊が入るだけで、結構な予算がかかる。だからマーラーフェスト2020以降に、プライオリティを回して実行する予定だったのだ。


カフェ「ちゃんとてーぶる」に向かって、「待っててくれよー!」と毎日呼びかけていた。ところが、このコロナ禍の影響をもろに食らって、2020/11/1付けで、そのカフェは閉業してしまった。


あちゃー、大ショック。


そりゃそうかもしれん、ホール併設のカフェは、コンサートあっての商売。コンサートのお客さんが対象のビジネス。それがないんだから維持できないのも当たり前であろう。


そんな想いもあって、松本市音楽文化ホールは、ぜひもう一回訪れてみたいと思っていたホールだったのだ。



川本嘉子&吉野直子 デュオ・リサイタル。


川本嘉子&吉野直子.jpg


もう申し分ないであろう!
完璧である。
もうなにをかいわんやである。


自分が追い求めていた御祓のコンサートとして、これ以上ない最適な公演だと思った。今年は、コロナ禍で、毎年夏に松本で開催されるセイジ・オザワ松本フェスティバルが中止になった。川本さんも吉野さんも、当然フェスティバルに参加予定だったので、今年は残念だったが、今回のこのデュオ・リサイタルが、今年開催される予定だったセイジ・オザワ松本フェスティバルのリベンジ公演になります、という再チャレンジの意向。


これはもう当然自分の心の琴線に触れたことは言うまでもない。


すぐに感動して涙腺が緩んでしまう自分には、こういう話にはめっぽう弱い。


やはり松本市は、小澤征爾さん、ゴローさん、そしてサイトウ・キネン・オーケストラの街なのである。いまの自分がある、まさに原点の街なのだ。


毎年夏、サイトウキネンフェスティバル松本に通い詰めていた自分。
そして水戸芸術館に水戸室定期を聴きに入っていた自分。


本当に最近は不義理でご無沙汰していたけれど、ひさしぶりに小澤さんの世界の原点に戻って、コロナ禍後の最初の生音復活コンサートとして、この松本で自分の原点を確かめ再出発しようと思ったのである。


もう即決であった。



松本市音楽文化ホール。


KxljZaVATYhD7dB1605918262[1].jpg


DSC04583.JPG


DSC04586.JPG



松本から2駅の島内という街にある。自然豊かで閑静な住宅街の中に佇む本当に美しいホールである。自分のホール・コレクションの中でも、大のお気に入りのホールなのである。


自分が想っているところでは、けっして商業ベースのホールではないな、と思うところ。小澤さんの松本音楽祭をメインに、良質なコンサートを年間に数本、クオリティ重視のホールのように見えてしまう。


細々とやっている・・・なんかこんな感じの微笑ましさがあって、自分は大好きなのである。


ホールの管理・維持費は膨大なはず。採算取れているのかな~とかいつも心配している。(笑)ましてや、今年のコロナ禍は大変な損失額。本当に心配しています。


DSC04588.JPG




このホールは、とにかく最初の出会いのときに、その音響の素晴らしさに、びっくりして、ひと聴き惚れ、というか、ひと目惚れしたホールであった。


石造りの吸音ゼロ、反射オンリーのヨーロッパの教会のような音響がします。もちろん厳密にホール音響設計されているだろうから、吸音ゼロ、反射オンリーということはないだろうけれど、それだけ残響感豊かなホールである、という意味である。


広大な音場、明晰な音像の両立。
硬質な音質で、音の芯がしっかりと太いこと。
どちらかというと、寒色系でソリッドな響きといえるかもしれない。
そして音の抜け感がいい、広大なる空間感の素晴らしさ。(天井が高い!)


石造りの壁なので、吸音ゼロ、反射オンリーの反射音でホール内が混濁する可能性があり、音像がその響きの中に埋もれてしまう危険性があると思うのだが、それが不思議にそうはならないところが見事な音響設計だと思う。


実音(直接音)と響き(反射音)は、分離して聴こえる。


このふたつが分離して聴こえると(実音が最初に聴こえて、響きがその後に続く聴こえ方)、そのホールの空間感がよりリアルで(より広い空間で聴いているような感覚がする。)、立体感が増すというか、より立体的に聴こえますね。


そうなる要因はホール容積が大きいことに起因します。
でも実際はそんなに広くもないです。(笑)
だからフシギ・・・


直接音の伝搬距離と、反射音の伝搬距離を微妙にそのような遅れ具合のタイミングで聴衆席に届けるような精密な音響設計がされているのでしょう。直接音に対して、どのくらいの遅れのタイミングで反射音が到達するかで、人間の耳が感じる気持ちよさが変わってきます。


また反射音が耳に入ってくる角度でも耳で感じる音の広がり方など結構大きな違いが出ます。そのようにホール形状の設計もされているのでしょう。壁の角錘状の音響拡散デザインにしてもしかり。


両壁、ステージ後背面の形状は、角錘状にデザインされ、反射音の客席への万遍ない拡散が施されているような工夫がされています。


とにかく堪らん音響なのである。


このホールが自分の大のお気に入りのホールなのは、そんな音響上の魅力があるからです。




さて、いよいよ今年の2月以来、じつに9か月振りの生音復活。


ホールの響き、ホール感、ダイナミックレンジ、そして器の大きさ・・・もうやはり生音は凄いとしかいいようがなかった。空間容積の大きい、音が反射することが前提で設計されているコンサートホールで音を聴くときのこの自分の体全身にいたる四方から響きに囲まれるこの感覚は、やはり家のオーディオでは無理な感覚であろう。


スケール感が全然違う。

やはり別次元の世界に驚愕した。


ふつうにコンサートに行けていたときは、そんなにコンサートホール、オーディオと違いを意識して差別化したことはなかったが、これだけ片方が長期間ご無沙汰になると、本当に懐かしい感覚だった。


そうだよ、これだよ、これ!という感じ。


でもこのダイナミックレンジの体感の違いは、ある程度、自分の中では想定内のことであった。たぶんそうなんじゃないかな、と想像がついたところでもあるので、やっぱりその通り・・・という感じで、格段驚きもしなかった。


すべて想定内なのである。



それよりも自分が驚いたのは、そうだったのか、と再認識させられたことは、生演奏には、ステージの奏者と聴衆との間に、呼吸することさえはばかれる、息をのむような、はりつめた空気、緊張感が存在することである。


つまり奏者~聴衆との間の一種の真剣勝負、密なコミュニケーションが存在することだ。


そしてそのホール空間の中で、奏者、聴衆全体で「共有の感覚」を持っていることである。


これは生演奏ならではの最大のポイントではないだろうか?


ステージの奏者と聴衆との間でこういう「共有の感覚」をお互い持っているからこそ、奏者は訴求する相手を特定することができるし、そこに向かって全力投球できるのであろう。そして聴衆は、その発信されるエネルギーを奏者からダイレクトに受けている感覚になり、感動がひときわ大きくなるのだろうと思った。


もちろんその共有の空間に、いっしょにいる他の聴衆も同タイミングで感動するから、さらにその共時性で感動は膨れ上がるのだろう、と思う。


ライブストリーミングで、TVやPCの画面上から、リスナーは、この奏者~聴衆との間のコミュニケーション、共有の感覚を感じ取ることができるであろうか?


ライブストリーミングにすると、その繋がりが遮断されてしまうのではないだろうか?


自分は、このデュオ・リサイタルを生音で聴いているときに、まず大きな衝撃を感じたのはそこである。9か月も生音、ご無沙汰であったからこそ、ひさしぶりに聴いてわかったこと、という感じであろうか・・・。


TVやPCの画面を通してコンサートを視聴しているときは、この奏者~聴衆との密なコミュニケーションが、完全に遮断されてしまっているのではないだろうか?


ライブストリーミングであると、奏者にとっても訴求する相手がいない訳だから、そこにエネルギーをぶつけるべき場所が見つからず、どうしても精神的に集中度合い、真剣さを作り出すことができず、散漫的な精神状態になってしまうのではないだろうか?


この事実を突き付けられたとき、自分はかなりショックだった。


ライブストリーミングは、もちろん高画質・高音質の方向性に進むのは既定路線だが、それだけでは解決できないいまのライブストリーミングに足りない部分はそこなんではないかな、と思うようになったのだ。


ショックだったが、自分はすぐに頭の切り替えをした。



技術は、必ず追いつきますね。
数年後、数十年かかろうが、過去の歴史がそれを証明しています。


つねに技術やエンジニアの立ち位置って、後から追っかける、そういう立ち位置。


恋と同じです。2人の間に立ちはだかる障壁が高ければ高いほど、冷たくあしらわれる程、熱く激しく燃えますね。そういう人種だと思う。



ない!と言われているものは、作ればいいですね。


TVやPCのモニター画面を見て、あのホール空間の「共有の感覚」を作り出せばいいですね。なんかそういうのって、今の時代にあった新しいテーマっぽいじゃないですか!(笑)


将来のライブストリーミング配信には、単に高画質、高音質を追い求めるだけじゃない、そういうホール空間の「共有の感覚」までがもれなく再現できる!


これこそ、究極のライブストリーミング配信ではないでしょうか?



自分は単細胞だから、これで自分のモヤモヤは一気に解消。(笑)

不可能なことはないです。

技術は必ず追いつくからです。



そして最後に川本嘉子さん&吉野直子さんのデュオ・リサイタル。


公演.jpg

(c)松本市音楽文化ホールFB


本当に素晴らしかった!
もう言うことないくらい大感激しました。
本当にありがとうございました。ご苦労さま。


自分の御祓のコンサートとして、十分すぎるほど格式が高かった演奏会でした。

お互い気心がしれている間柄であるから、本当にコンビネーションも素晴らしく、絶妙の神業の連発を聴いたような気がします。


演目は、


川本さんのヴィオラ独奏:バッハの無伴奏チェロ組曲。
吉野さんのハープ独奏:N.ロータ:サラバンドとトッカータ。


は各々のソロ独奏で、それ以外は、2人の合奏で。。。


川本さんのバッハ無伴奏チェロは、最初はコンサート冒頭だったので、「あ~緊張しているな?(笑)」という感じで硬さがあったように見えましたが、楽章進むにつれて、どんどんボルテージが上がってきて、見事な絶品の演奏に変貌した。ヴィオラとチェロは音域的にもそう遠くない楽器と思うので、ぜひこういうチャレンジはいろいろやってほしい気がします。


吉野さんのハープは、もうここのホールの音響で、このハープのボロロンという音色は禁じ手というか、罪作りなのではないでしょうか?(笑)素晴らしすぎて圧倒されました。吉野さんの独奏は、N.ロータのサラバンドとトッカータで、後半冒頭だったので、もう前半にだいぶ演奏もやって、MCまでやりましたから、緊張もせず、のびのびと演奏されていたのがよくわかりました。


本当に珠玉の作品演奏でした。


今回は、普段この2人ならMCはやらずに、そのまま演奏ですべてを通すパターンが多いと思いましたので、今回もそうなんではないか、と思いましたが、なんと!驚きのMCタイムもありました。


これで一気に場が和みましたね。


松本は、やはり自分たちの故郷であること。そして今回の公演が今年中止になってしまったセイジ・オザワ松本フェスティバルのリベンジ公演のつもりで開催したこと、松本への感謝の気持ちも含めて。。。


そして、ブリテンの曲では、川本さんのヴィオラの大尊敬する大先輩でもある今井信子さんとの話、もともとこの曲はヴィオラとピアノのために書かれた作品で、後にピアノの部分を弦楽合奏に編曲したバージョンも作曲者自身によって作られていること、そしてそのピアノの部分を今回ハープで演奏することになったことなどのいきさつが語られたように記憶している。


そして今回のコンサートで一番驚いたのは、まさに意表をつくとはこのことで、スティングの話が出たことだった。(笑)


ルネサンスとバロックの過渡期に活躍したジョン.ダウンランドは、デンマークやイギリスの宮廷リュート奏者を務めた作曲家。そのダウランドがギターの先祖にあたるリュートを伴奏にした哀愁にみちた歌曲が、とても有名で、あのスティングが歌っていたりしてジャンルを超えて愛されているとの話。


今回のヴィオラ&ハープの合奏では、その歌曲のうち、

「甘い愛が呼んでいる」「流れよ わが涙」「もし私の訴えが」

の3曲を演奏した。


MCで川本さんは、このダウランドの歌曲は、いろいろなアーティストが歌っているのだけれど、やっぱりスティングが歌っているのが一番最高なんですよ。ってな感じ。


自分は、もう猛烈に反応。(笑)


このスティングが歌うダウランドについてはぜひCDを買って別スレで日記を別途に書こうと思っています。


お楽しみに!


最後に、トリに持ってきたシューベルトのアルペッジョーネ・ソナタ。
これは、もうトリに相応しい強烈な疾走感と盛り上がりがあって、2人の超絶技巧と丁々発止のやりとり掛け合いなど、本当にスリリングな展開であった。


「うわっこりゃ最後の曲だけあって、最高の盛り上がり。こりゃ凄いや!」


と思わず唸ってしまった。


特に川本さんのヴィオラが主旋律を朗々と歌い上げる展開が、延々と続くのは、まさにこの曲の最高の見せ場といっても過言ではなかった。


そのヴィオラの音色にずっと恍惚としてしまったことは正直に告白せざるを得ないであろう。ヴィオラとハープの音色、音域のコンビネーションは、本当に人間の聴覚、脳神経にとって、もっとも癒され効果のある音域組み合わせだなぁということを、つくづく認識させられた。


本当に素晴らしい演奏会でした。
9か月ぶりの生音復帰公演として申し分なかったです。
この公演を選んでよかったです。


これで御祓は済んだので、あとは、自由に好きなときに、好きな公演を、すきな日時時間帯で、自由にやって自分のいつものペースに戻れます。


ホテルに帰っても興奮が続きなかなか眠れず、意識がなくなったのは、午前3時を過ぎたあたりであろうか・・・


2020年11月17日。自分のクラシック鑑賞人生の中で、一生忘れることのできない再出発の日となった。





川本嘉子&吉野直子 デュオ・リサイタル
2020/11/17(火) 19:00~
松本市音楽文化ホール


J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調BWV1008 (ヴィオラ独奏)

F.クライスラー:クープランの様式によるルイ13世の歌とパヴァーヌ

J.ダウランド
「甘い愛が呼んでいる」(歌曲集第1巻、1597)
「流れよわが涙」(歌曲集第2巻、1600)
「もし私の訴えが」{歌曲集第1巻、1597)

B.ブリテン:「ラクリメ-ダウランドの歌曲と投影」Op.48


休憩


N.ロータ:サラバンドとトッカータ(ハープ独奏)

F.シューベルト:アルペッジョ・ソナタ イ短調D.821


アンコール


F. メンデルスゾーン
チェロソナタ第2番ニ長調 Op. 58より 
第3楽章アダージョ












nice!(0)  コメント(0) 
前の30件 | -